角田俊也とは?

1964年神奈川県生まれ。1992年東京藝術大学大学院美術研究科修了。空間と振動の関係に焦点を当てた録音や美術作品の制作を行う。
主な展示に2013年「Luke Fowler & Toshiya Tsunoda」(タカ・イシイ・ギャラリー、東京)、「SOUNDINGS-A CONTEMPORARY SCORE」(ニューヨーク近代美術館、アメリカ)、2012年「きこえないおと(企画:椎木静寧)」(Talion Gallery、東京)、2012年「SIMPLE INTERACTIONS.SOUND ART FROM JAPAN」(Museet For Samtids Kunst、デンマーク)、2008年「21:100:100 One Hundred Sound Works by 100 Artists from 21st Centry」(Gertrude Contemporary Art Space、オーストラリア)、「横浜トリエンナーレ2008(ルーク・ファウラーとの共作)」(横浜)など。主なパフォーマンスに2014年「CONcretism/Sound of the Real」(企画:梅津元)、2013年Rockbund Art Museum、上海、TramVibration Live in Combino (Haco+ToshiyaTsunoda)「Liquid Architecture 14」メルボルンなど。

国内外のレーベルよりフィールド・レコーディング作品をリリース。2019年には90年代の録音をまとめた5枚組CD『Extract from Field Recording Archive』をErstwhile Recordsよりリリース。

用語が登場する記事