ポップアートとは?

1960年代初頭から中盤のアメリカを席巻した、同時代の大衆消費社会のイメージ(雑誌、広告、商品、コミック、TV、映画)を主要な主題や素材とした作品のこと。

ポップアートがうまれたのは1950年代のイギリス。デイヴィッド・ホックニーやリチャード・ハミルトンらが身近で通俗的なモチーフを描くようになった。その後、1950年代末にアメリカにも波及し、ポップアートの花が開く。

特にアンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、ジェームス・ローゼンクイスト、トム・ウェッセルマンらが相次いで個展を開催した62年がアメリカにおけるポップ・アートの創成期にあたる。第二次大戦で国土が戦場とならなかったアメリカでは、戦勝国として経済活動が促進され、50年代後半には大衆的な消費社会が確立されていた。

用語が登場する記事