物資不足から生まれたスカジャン刺繍

文/成田亘

物資不足から生まれたスカジャン刺繍_image

アメリカのデニムジャケットに施されたチェーンステッチ刺繍はハンドルミシンらしい力強さに満ち溢れていました。では日本の刺繍と言えば?やはりスカジャン(スーベニアジャケット)は外せないでしょう。スポーティな服と繊細な刺繍。ともすると喧嘩しそうな組み合わせはどのように生まれたのでしょうか。

戦後の物資不足が産んだスーベニアジャケット

スーベニアジャケットは第二次大戦後の日本で生まれました。敗戦国となった日本は物資不足、食糧難が続き貧困な生活を余儀なくされていました。そんな中、進駐軍としてやってきた米兵達は多くの金銭を落としていきました。特に繁盛したのがお土産物屋です。米兵たちは駐留の記念として、家族へのお土産として日本の人形などを買い母国に帰っていました。

MuuseoSquareイメージ
上の画像のスカジャンを裏返したもの。通常、スーベニアジャケットはリバーシブルになっている。

上の画像のスカジャンを裏返したもの。通常、スーベニアジャケットはリバーシブルになっている。

そこに注目し、お土産の一つとしてジャケットにオリエンタルな柄を刺繍したのがスーベニアジャケットのルーツです。刺繍はオリエンタルを代表するモチ-フ、鷲、虎、龍で施されました。

最初期は米兵が各々持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、べ-スボ-ルジャケットをベースにジャンパーとして仕立てた後、刺繍職人が希望の刺繍を施して販売していました。

当時のアメリカで刺繍といえば、ハンドルミシンによるチェーンステッチが主流。繊細な刺繍が新鮮で神秘的だったのでしょう。スーベニアジャケットは、おもにPX(基地内にある購買部)で販売され、その後基地周辺のお土産物店にも卸され爆発的な人気となります。

オリエンタルな雰囲気を出せる素材と言えば着物などに用いられたシルク。しかし、物資が少ない時代に高級なシルクを使うことは難しい。そこでシルクに風合いが似ており、比較的安価なサテンが用いられました。

通常、スカジャンは大きくわけるとサテン×サテン、サテン×キルティング、サテン×別珍の3つ存在する。画像はサテン×別珍のもの。

通常、スカジャンは大きくわけるとサテン×サテン、サテン×キルティング、サテン×別珍の3つ存在する。画像はサテン×別珍のもの。

サイズはS,M,Lといった表記ではなく、「大」「特大」などと記された。デッドストックのスーベニアジャケットにはこのようなタグがつく。

サイズはS,M,Lといった表記ではなく、「大」「特大」などと記された。デッドストックのスーベニアジャケットにはこのようなタグがつく。

スーベニアジャケットがスカジャンと呼ばれる理由

1950年代、朝鮮戦争が勃発したころにはスーベニアジャケットの人気に火がついており、刺繍のリクエストが出るようになりました。五重塔や舞子などの日本的なモチーフだけでなく、朝鮮半島やハワイ、アラスカなどをモチーフにしたスーベニアジャケットも作られました。米軍横須賀基地に空母等が入港すれば、空母の名前が刺繍されました。このようなオーダーものには、パロディやジョークが含まれているモノも作られており、古着では人気があります。

左上の朝鮮半島に注目してほしい。こちらのジャケットには北緯38度線が引かれている。

左上の朝鮮半島に注目してほしい。こちらのジャケットには北緯38度線が引かれている。

北緯38度線が引かれていないスーベニアジャケット。

北緯38度線が引かれていないスーベニアジャケット。

スーベニアジャケットがスカジャンと呼ばれはじめたのは1960年代〜1970年代。日本の若者たちが刺繍入りジャンパ-を求め横須賀に集まったため、スーべニアジャケットとして販売されていた物がスカジャン(横須賀ジャンバー)と呼ばれるようになりました。

職人の減少ここにも

MuuseoSquareイメージ

最後に。刺繍において抜きん出た職人が多く暮らしていた場所が群馬県の桐生です。桐生は奈良時代から続く繊維産地。そこでは「横振りミシン」という桐生市発祥のミシンで縫われていました。横振りミシンとは、縫製で使用する本縫いミシンと違い、押さえや送り歯がないミシンのこと。文字通り、針が左右に動くため同じ柄でも縫う職人によって一枚一枚柄がことなり、コンピューターによるジャガードミシンで縫ったものよりも立体感があります。

職人の減少により今ではジャガードミシンで縫われているものがほとんどですが、もしヴィンテージのスーベニアジャケットを見る機会に恵まれたらぜひ刺繍の立体感に注目してみてください。一目でわかるはずです。

—おわり—

公開日:2019年10月9日

Writer Profile

File

成田亘

ヴィンテージ古着店「54BROKE」オーナー。根っからのヴィンテージコレクターで、好きが高じて2011年に店舗をOPEN。現在は恵比寿と白金台の間に店舗を構えている。古着の中でも特にハワイアンシャツを愛好しており、コレクターとして雑誌で取り上げられることも。ミリタリーや刺繍などにも造詣が深い。

終わりに

成田亘_image

1970年代初めの頃、従妹の兄ちゃんに横須賀中央駅のそばのドブ板通りに連れて行ってもらいました。小学生だったので、水兵の格好をした米兵が沢山いて小さいながらかなりビビりました。従妹の兄ちゃんに「早く帰ろうよ-!」って言ってました(笑)。スカジャンを着てリ-バイスの646やパンタロンを穿き、サングラスをかけた日本人が群れて煙草を吸っていた光景も覚えています。

Read 0%