みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

Permian period

石炭紀に極端に数を減らした三葉虫ですが、次の時代であるこのペルム紀なると、一層個体数が激減します。生き残っているのは相変わらずプロエトゥスの仲間ですが、石炭紀と種と比べても、形態からも更に小さくひ弱になっているように見えます。ペルム紀の最後には大絶滅イベントがあり、当時の殆どの生物種が滅びましたが、そんなイベントなど関係なしに三葉虫はペルム紀初期には、既に風前の灯火でした。実際、ペルム紀中期には姿を消してしまったようです。3億年もの間生き続けた三葉虫も遂に、この時代にその命脈を絶たれました。このペルム紀の化石が多く産出するのは、嬉しい事に日本であり、世界的にも重要な産地となっております。

  • File

    Endops yanagisawai

  • 1
    Loading

    Endops yanagisawai

    こちらはエンドプス・ヤナギサワイ (Endops yanagisawai)、世界的に見ても少ないペルム紀中期の希少な三葉虫です。同時代の他の種同様、プトエトゥス目 (Proetida) であります。

    属名のEndopsの由来について、『最後』の時期の三葉虫だから、『End-』と勘違いされる事もありますが、違います。精力的に北上や、福島県高倉山、新潟県青海などの化石の研究などにも関わった古生物学者、故 遠藤隆次博士 (1892-1969) の遠藤 (Endo) から取った名であります。元々は遠藤博士により、パラディン・ヤナギサワイ (Paladin yanagisawai) と付けられていたようです。由来としては間違っていますが、それでも、たまたまとはいえ、最後を連想させるEndopsという名がついた事に不思議な運命を感じます。

    石炭紀より数の少ないペルム紀の三葉虫として希少なものですが、かの原発事故の影響もあり、採取は今後完全不可のようです。そんな訳で、二つの意味で貴重であります。この標本は頭部と尾部、一部ですが胸部も見えております。

    綱レベルで見れば、カンブリア紀から約3億年近くも命脈を保った三葉虫という偉大な種も、ついにはペルム紀には滅び去ってしまいました。そんな希少な『最期/最後』の種が日本で産出する事に、コレクターとしては喜びを覚えます。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/9

    • 5
    • 2