化石が大好きです。現在主に集めているのは三葉虫ですが、恐竜やアンモナイトを含め化石全般が好きです。これまで買い集めた、あるいは自分で採取した標本を紹介していきます。古生物の持つ魅力の一端でも伝える事ができれば幸いです。

http://blog.livedoor.jp/smjpr672/

trilobite.person Museum

幼少期から化石全般が好きでしたが、ふとしたきっかけから三葉虫に嵌り、かれこれ5年程蒐集を続け、今や三葉虫だけで300種類ほどが集まりました。こちらでは、これまで集めた三葉虫の化石を中心に紹介していきます。三葉虫以外の化石や鉱物なども、機会を見て少数ながら陳列していく予定です。

三葉虫は、カンブリア紀からペルム紀までの全古生代に渡り、おおよそ3億年間を生き抜いた代表的な海の生物です。当時は、ちょうど現代の魚類に相当するニッチを占め、全世界で大繁栄しました。

エビ・蟹の比較的軟らかい殻とは異なり、炭酸カルシウムの硬い外骨格を持ち、貝類並の硬い殻を持っていたと考えられています。その為化石が残り易く、三葉虫の絶滅から少なくとも2億5千万年もの、とてつもない年月が経過した今でさえ、まるで生きていた当時のままの彼らの姿を目にする事が出来ます。

三葉虫の化石は、北米、モロッコ、中国、ロシア、英国、欧州そして日本など世界中から産出します。出来るだけ産地が偏らないように、満遍なく紹介していくつもりです。

このミュージアムで、広く深くロマン溢れる三葉虫や古生物の世界を面白いと感じて頂ければ幸甚です。(Blog:http://blog.livedoor.jp/smjpr672/)

Cover bg 02
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Collection Rooms

    1F Cambrian period

    File
    8

    現代に存在する大半の動物門が出現したとも言われるカンブリア紀に、三葉虫もまた登場しました。この時代に巨大な眼や硬い外骨格などの基礎的な構造を発達させたこの生物は、ペルム紀の終わりまでの約3億年の長きに渡り、大繁栄を遂げる事となります。

    カンブリア紀の三葉虫は一般的に、平坦でかさのない種が多いのですが、そんな二次元的な制約の中でも、その姿・形は驚くほどの多様さをみせ、我々の目を大いに楽しませてくれます。

    アメリカ、中国、モロッコ、欧州などの多種多様なカンブリア紀の三葉虫をご紹介します。

    2F Ordovician period

    File
    10

    カンブリア紀に出現した三葉虫は、オルドビス紀でもその勢いを止める事なく、この時代に3億年の中でも最大の繁栄を享受します。カンブリア紀には比較的平坦であった三葉虫も、オルドビス紀には立体的で複雑な形状をとるようになり、一部は棘を発達させるなど、ますますその多様性に磨きがかかります。世界中で産出するオルドビス紀の三葉虫をご紹介します。

    3F Silurian period

    File
    2

    生物の歴史は栄枯盛衰。

    オルドビス紀に最大最高の繁栄を誇った三葉虫も、この時代にその多様性や絶対数を一気に減らし、一転衰退傾向となります。この後の時代であるデヴォン紀に一部で盛り返しはするものの、オルドビス紀ほどには再び大繁栄をする事はなく、この時代が三葉虫にとって、ひとつのターニングポイントとなった事は確かです。

    衰退はするものの、この時代には、三葉虫の中でもシンプルな美しさを持つカリメネ類や、他にも多くの独特な形状を持つ種が登場します。オルドビス紀や後のデヴォン紀に見られるような派手な種は少ないものの、見所のある三葉虫が多く生まれた時代でもあります。

    4F Devonian period

    File
    8

    シルル紀を境に、三葉虫は衰退に向かいました。ところがこのデヴォン紀になると、モロッコ産の種を中心に、一部の三葉虫の中には、体を多数の棘で武装する種が登場します。どちらかというと地味であったシルル紀の三葉虫とは対照的に、形態的な派手さとしては一番目を引く種が繁栄した時代です。この時代に棘を多く持つ三葉虫が登場した理由は不明です。大きく強力な魚類の登場が引き金になったとう説もありますが、矛盾点も多く、本当のところは誰にも分かりません。いずれにせよ、三葉虫コレクターにとっては非常に魅力的な時代であります。モロッコ産三葉虫を中心に紹介します。

    5F Carboniferous period

    File
    2

    祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり‥。
    石炭紀には、温暖な気候を受けて、陸ではリンボクやロボクの大森林が発達し、一方、海に流れ出た森林の土壌からの豊かな栄養のお陰で、海ではウミユリの大森林が発達しました。そのように大きく躍進を遂げる生物がいれば、衰退する生物もまたいます。一度はあれ程の大繁栄を謳歌した三葉虫も、この時代には目に見えて衰退します。まさに盛者必衰の理の通りであります。前の時代である、デヴォン紀のような派手な種は姿を消し、プロエトゥス類と呼ばれるシンプルな形状を持つ三葉虫のみが、何とか生き残ります。おそらくですが、尖った特徴を持つ種は特定の環境にしか適応出来ず、シンプルな種だけが、変わりゆく環境の変化に『そこそこ』適応出来た為ではないかと想像します。派手ではありませんが、味わい深い石炭紀の三葉虫を紹介します。

    6F Permian period

    File
    1

    石炭紀に極端に数を減らした三葉虫ですが、次の時代であるこのペルム紀なると、一層個体数が激減します。生き残っているのは相変わらずプロエトゥスの仲間ですが、石炭紀と種と比べても、形態からも更に小さくひ弱になっているように見えます。ペルム紀の最後には大絶滅イベントがあり、当時の殆どの生物種が滅びましたが、そんなイベントなど関係なしに三葉虫はペルム紀初期には、既に風前の灯火でした。実際、ペルム紀中期には姿を消してしまったようです。3億年もの間生き続けた三葉虫も遂に、この時代にその命脈を絶たれました。このペルム紀の化石が多く産出するのは、嬉しい事に日本であり、世界的にも重要な産地となっております。

    7F Dinosaurs, Marine reptiles, Pterosaurs, Fishes

    File
    1

    当ミュージアムは三葉虫化石に特化した展示室ではありますが、それ以外の化石も少数ながら紹介します。こちらでは主に中生代に生きた恐竜、海生爬虫類、翼竜、魚類などの特に歯化石などを中心に紹介していきます。