菅木志雄とは?

1944年、岩手県盛岡市生まれの美術家。1968年多摩美術大学絵画科卒業。

1968年の初個展から現在に至る50年以上のキャリアの中で、幾多もの展覧会に出展してきた。近年の大規模な展覧会として、2016年イタリア、ミラノのファンデーションPirelli HangarBicocca。イギリス、スコットランド国立近代美術館でのカーラ・ブラックとの二人展などがある。

2017年第57回ヴェネツィアビエンナーレ国際展「VIVA ARTE VIVA」では水上でのインスタレーションとして代表作「状況律」を再制作して大きな注目を浴び、同年長谷川祐子氏キュレーションによるフランスのポンピドゥ・センター・メッスで開催された「ジャパノラマ 1970年以降の新しい日本のアート」展にも出展した。

作品はポンピドゥ・センターやDia: Chelseaにの他、テート・モダン、ダラス美術館、M+、グッゲンハイム・アブダビ、スコットランド国立美術館や、東京都現代美術館をはじめ国内外の多数の美術館に収蔵されている。

用語が登場する記事