素材別!ファッションジャーナリストが語り合う「いま選びたいメンズバッグブランド」。

取材日: 2018年6月6日

文/佐々木 健人 写真/高橋 敬大

素材別!ファッションジャーナリストが語り合う「いま選びたいメンズバッグブランド」。_image

仕事のスタイルが多様化していく中で、鞄に軽さや容量といった機能性を求めるのか、それともトラディショナルな見た目を求めるのか。

服飾ジャーナリストとして活躍する飯野さんと倉野さん、そしてミューゼオ・スクエア編集長の成松がビジネスバッグについて語り合いました。

ブライドルレザーが好きな飯野さんに対し、ボックスカーフを愛する倉野さん。鞄は実用品と割り切って使用する成松と、前編は三者三様のマイルールについて掘り下げてきました。

後編では、それぞれのルールがある中で「いま選びたい鞄ブランド」について素材別(レザー、キャンバス、ナイロン)に話をお聞きします。

鞄選びのマイルールについて語り合った前編はこちら

実用性で選ぶ?それともスタイル?僕らのビジネスバッグ選びのマイルール

革カバンならオーダーかなあ

924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

これまで愛用してきたカバンを見つつ、「選ぶポイント」についてお話を伺ってきました。今回は現行品で仕事鞄を選ぶならどこのブランドを選択するか聞いていきます。

まずは倉野さん、いかがですか?
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

僕はベルギーのデルボー(Delvaux)かな。お店に行って何回かトートバック見ているんだけど、やっぱり惹かれる。
MuuseoSquareイメージ
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

わかります。レディースのカバンもきれいですよね。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

レディースがきれいなブランドはメンズもきれいに仕上げるんですよ。ロエベ(Loewe)もそうだけど。デルボーはエンべロップの頃のロエベを彷彿とさせてくれるんです。ただ、三十何万するから、そこまでお金出せるんだったらORTUSの小松くんに作ってもらうかな。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

買うというよりは作ってもらう方向なんですね。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

市場にないから。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

面白いですね。靴だと既製品には既製品のよさがあったり、オーダー品の方が絶対にいいとは言えない場合はありますよね。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

そうですね。小松くんに革のチョイスからやってもらって、小松イズムを注ぎ込んでもらうのがいいかな。どちらにしても40万とかの世界だから、同じお金使うなら僕はどうやって理想のカバンを作るかで悩みたい。

小松くんの師匠に当たる藤井鞄の藤井さんは箱物をきちっと作る方というイメージがあるんです。藤井さんも素晴らしいんだけど、あえて美意識という言葉を使うと、美意識が通じ合うのは小松くんかな。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

確かに藤井さんは箱物の人ですね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

アタッシェやダレス、ダレスの変化球のグラッドストーンとかフレームがしっかり入っているカバンは藤井さんにお願いしたい。だけど、かぶせだったら僕も小松さん。

素材は言わずと知れたブライドルです。ブライドルで3気室にして、錠前はできればロイドフットウェアの鞄と同じ懐中時計みたいな形のヤツで作ってもらいたい。もし今「100万円使って良いよ、ただカバンだけね」って言われたら小松さんに黒と茶色で作ってもらう。
飯野さん所有のロイドフットウェアの鞄

飯野さん所有のロイドフットウェアの鞄

924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

ははは。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

カッコいいんだよね。今はアシスタントがいるけど、本当に休憩時間は死んでいるよ。ちょっとベランダに出て、タバコを吸って燃え尽きている。

それだけやることをやっているんだろうね。彼が手がけるステッチの細かさはミシンよりも細かいよね。「これ手でやったの?」っていうくらいのステッチの細かさなんです。
OLTUSの鞄は全て手縫いで作られている。手縫いと言っても小松さんの手縫いのステッチはとにかく細かく、乱れることがない。まさに精緻をきわめている。(撮影:佐々木孝憲)

OLTUSの鞄は全て手縫いで作られている。手縫いと言っても小松さんの手縫いのステッチはとにかく細かく、乱れることがない。まさに精緻をきわめている。(撮影:佐々木孝憲)

トートバッグ(撮影:佐々木孝憲)

トートバッグ(撮影:佐々木孝憲)

ミュージックケース(撮影:佐々木孝憲)

ミュージックケース(撮影:佐々木孝憲)

21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

あれを見ちゃうと、有名なブランドのカバンを同じ値段で買おうとはならない。思い出話で辛いんですけど、吉田カバンの昔作っていた革カバン!あれはすごかった。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

僕も吉田カバンの革のカートリッジバック、会計士浪人時代に神保町で釣り下がっているのを見て一目惚れして買いました。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

そうです。さすが!!未だにありますよね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

ありますあります。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

見るからに革質がいいんですよね。本格的なイギリスのカートリッジバックにも引けを取らない。どうやらいい企画者の方がいるみたいです。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

山口幸一さんという、80年代から90年代初めまで吉田カバンのディレクションをやられていた方。その方が実は今のポーターのナイロンカバンだとか、ラゲッジレーベルなんかを作った人なんです。彼は革のカバンも大好きなんです。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

彼のカバンのファンは多かったんですよ。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

ラゲッジレーベルの革のカバンで、designed by k.yamaguchiと書いてあるやつは、一部の吉田カバンファンは涙なしには語れない。通称山口タグ。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

山口さんは独立されて今はブランドやっているよね。前に取材したことがあって、すごく熱く書いたのね。「頑張ってください!!」的な原稿。そしたら、編集部にお礼のファックスが来て。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

そうなんですか。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

熱い人ですよ。山口さんの作るカバンは本当にカッコよかったですよ。ヘルメットケースを作ったのも山口さんですし、日本のストリートカルチャーを支えた人です。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

山口さんは趣味がそのまんまカバンになっちゃった。

実は軍用機が好きな人なの。確か千葉の方のご出身の方で、飛行機が舞っているのを見るのは好きだったのかな。軍用の戦闘機が大好きで、そこからMA-1を使ったカバンが生まれたりだとか。
MuuseoSquareイメージ
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

そうなんだ。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

空港の滑走路には誘導灯があるじゃないですか。あれをモチーフにしたようなカバンだとかを出していたんですよ。見ている飛行機がアメリカの軍用機だから、必然的にアメリカのカバンだとかオリジンにいくとイギリスのカバンになって。

それこそ山口さんがデザインしたこの錠前(レザースペシャルティのカバンについている錠前)が付いているブライドルレザーのラゲッジレーベルがあったんですよ。フルストラップじゃなくてハーフストラップだったんですけど。
飯野さん所有のレザースペシャルティというブランドの鞄。空軍の輸送機の航空士が使っていた。山口幸一さんがデザインしていた頃のラゲッジレーベルの鞄には、これと同じ錠前が付いたものもあった。

飯野さん所有のレザースペシャルティというブランドの鞄。空軍の輸送機の航空士が使っていた。山口幸一さんがデザインしていた頃のラゲッジレーベルの鞄には、これと同じ錠前が付いたものもあった。

A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

そこまでいっちゃっているんだなあ。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

山口さんは錠前がなんなのかわかっていたんだよね。軍用バックということがわかっていたので、どうしてもこの金具を使いたいと。見つかったんだけどどうやら生産中止になったとかで買い占めたそうです。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

山口さんはダッフルコートも大好きなんですよね。本当にオタクですよ。オタクが作ったバックだから、本当にかっこいいですよ。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

見る人が見たら何が元ネタかすぐにわかってね。

キャンバスなら、実用性重視でFILSONとシルバーレイククラブ

21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

現行品で革って言われたら僕も小松さんって言っちゃうけど、布って言われたらフィルソン(FILSON)
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

それはなぜですか?
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

やっぱりタフ!布のカバンの中ではものすごくよくできている。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

一切の装飾を排除して道具としての鞄に振り切ってますよね。
MuuseoSquareイメージ
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

この厚さはすごいよね。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

一枚革の取っ手なんですけど、全く悪くならないんですよ。ものすごい重量を入れているんですけど。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

ハンドルはアメリカのブライドルレザーですよね。フィルソンのブライドルはイギリスのブライドルとは違うんですよ。どちらかというとオイルドレザー。粉ふきイモにならない。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

あと布製だけども立つんですよ。型崩れを全くしなくて耐久性は高いですね。あまり汚らしくも見えない。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

そうですそうです!個人的にフィルソンの素材で一番好きなのはこのヘビーツイルラゲージクロス)。

フィルソンは細かいところまでよく考えられているんです。ジッパーはもっと細かいやつでもいいんだけど、耐久性や開け閉めのしやすさを考えるとこの大きさが必要なんだそうです。アメリカの空港に行くと、フィルソンのツイル素材でできたダッフルバックを持って出張しているだろう人をよく見かけます。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

フィルソンは全部ヘビーツイルなんですか?
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

ティンクロスという、パラフィン加工している少し薄いコットン素材もあります。あれはあれで魅力的なんです。種類がいくつもあってそこまで高くもないから、下手な革のカバンを一つ買うならフィルソンをコレクションする。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

布ならシルバーレイククラブ(SILVER LAKE CLUB)のカバンもいいよね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

あ、シルバーレイククラブもいい!
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

デザイナーの吉田さんは山登りをする人なんです。吉田さんは「ナイロンバックで山登りすると、いずれ劣化する。けど、キャンバスなら破けても縫えばいいから、究極はキャンバスだぜ?」って言ってました。

その話を聞いて、「布製品のカバンってずっと使えるんだな」と思いましたね。実際に山で使用しているし説得力がある。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

フィルソンを日本らしく丁寧に作るとシルバーレイククラブ。シルバーレイクは素材にも凝っていて、あれはいい。

ビジネスリュックはあり?なし?

924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

ちなみにナイロンバックだったら何かありますか?
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

僕はね、渋谷のトレーディングポストの近くにあるフライターグ(FREITAG)
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

工事現場の材料を再利用するブランドですよね。ドイツ語で金曜日という意味の。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

僕はナイロンバックならきれいな、それこそフェリージ(Felisi)とかが好きだったから最初見たときはピンとこなかったんですよ。でも一つひとつ見ていったら、こういうのもありなのかなと思いました。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

あれはいいアイデアだと思った!ナイロンなら、若いときに使っていたビジービーバー(Busy Beaver)
MuuseoSquareイメージ
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

ははは、大好き。エディーバウアーの日本独自のライセンス企画の鞄を手がけていた方が独立してBusy Beaverを立ち上げたんですよね。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

私もパソコンバックで持っています。私はナイロンバックなら、デイパックですけどミステリーランチ(Mystery Ranch)ですね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

はいはい!気さくな時だとパッと使いたくなりますよね。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

完全にツールよりの選択ですけどね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

最近、雑誌の記事がらみでナイロンのビジネスリュックを背負う機会があったんですね。格好はいまっぽいんだけど、背負ってみたらこれは確かに楽だなと思ったのはIncase(インケース)ビジネスリュック
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

以前FABRIC TOKYOに取材に行くことがあって、売れ線の生地を聞いたんです。そしたら、Combat Woolというコーデュラナイロンにウールを混紡したすごく丈夫な生地でしたよ。リュックを背負ってもシワにならないという理由で仕立てる人が多いみたい。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

僕の場合、スーツにリュックはどうしてもダメですね。どこで線を引くかですね。
21f3550351be49f785c4306c8ed72ad6

飯野

例えばシティライドしている人だったらありだと思います。
A1490030ece04262946ae406555b8dac

倉野

でも実際スーツにリュックを背負う人は多いですよ。もう別物だと思うようにしています。僕はスーツにリュックを合わせはしないですよ。しないけど、機能素材でスーツをオーダーするくらいならありだとは思うな。
924ad81673d14f59bb0280e85950521b

成松

ビジネスバッグとは、ツールでありファッションであり、用途とその時代のスタイルに寄っていくんでしょうね。お二人ともありがとうございました。
MuuseoSquareイメージ

番外編:バッグの中身

プライベート用の倉野さんのリュックの中身は少しファンシー。取材の時には持ち物が変わるそう。「ペンケースはディズニーのキャラクターもの。手帳はほぼ日手帳。糸井重里さんに取材して使うようになりました。手帳に刺さっているペンはクリップがついているジェットストリームです。筆記具はロフトに行ってしょっちゅうチェックしています」(倉野さん)

プライベート用の倉野さんのリュックの中身は少しファンシー。取材の時には持ち物が変わるそう。「ペンケースはディズニーのキャラクターもの。手帳はほぼ日手帳。糸井重里さんに取材して使うようになりました。手帳に刺さっているペンはクリップがついているジェットストリームです。筆記具はロフトに行ってしょっちゅうチェックしています」(倉野さん)

教えている講義の資料がたくさん入った飯野さんの鞄の中身。「スケジュールを細かく手帳に書かないのと、スマホで管理するのは少ししんどかったので手帳はレッツです。角が補強されているので、少し雑に扱っても安心です。デルフォニックスのこのぐるぐる巻きのペンケースは大好き。キャンバスなので、使い込むといい味になってくるんです。ネイビーが揃ったのはたまたまです」(飯野さん)

教えている講義の資料がたくさん入った飯野さんの鞄の中身。「スケジュールを細かく手帳に書かないのと、スマホで管理するのは少ししんどかったので手帳はレッツです。角が補強されているので、少し雑に扱っても安心です。デルフォニックスのこのぐるぐる巻きのペンケースは大好き。キャンバスなので、使い込むといい味になってくるんです。ネイビーが揃ったのはたまたまです」(飯野さん)

編集長の成松は識別がしやすいように小物を色別に分けていました。どこまで行っても実用的です。「単純にカバンの中で目立つかが大事なんです。スミスの小物入れは見栄えがよく重宝しています。お守り系も好きなので、ターコイズを鍵と一緒に持ち歩いています」(成松)

編集長の成松は識別がしやすいように小物を色別に分けていました。どこまで行っても実用的です。「単純にカバンの中で目立つかが大事なんです。スミスの小物入れは見栄えがよく重宝しています。お守り系も好きなので、ターコイズを鍵と一緒に持ち歩いています」(成松)

取材ライターが感じたひと言

ビジネスリュックを背負う人が増えてくると、スタイルを追求したカバンの存在感がより際立ってくるのでしょうか。また、吉田カバンの元デザイナーである、山口幸一さんをGoogleで検索したらファンサイトが出てきてびっくりしました。それだけ愛されているデザイナーが作るカバン、気になります。

Read 0%

SCROLL