土産物にもセンスが光る。マーク・ジェイコブスの仕事

文/梶原由景
写真/新澤遥

土産物にもセンスが光る。マーク・ジェイコブスの仕事_image

クリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表、梶原由景氏による連載「top drawer」。第四回はマーク・ジェイコブスが手がけたワッペンを取り上げます。一流ファッションデザイナーの階段を華麗に駆け上がった彼のセンスは、土産物にもきらりと光ります。

MuuseoSquareイメージ

一番ニューヨークらしいデザイナーとは?

これまでに続き、今回もニューヨークの話。「一番ニューヨークらしいデザイナーとは?」と聞かれたとしたら、僕が真っ先に思い浮かべるのはマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)だ。

彼はとにかく時代の捉え方がユニーク。突然トレンドでもないスタンスミスを履いていたかと思えば、逆に2018年の冬にはトレンド真っ盛りのバレンシアガを全身に身につけていた。

いまは無くなってしまったが、ブリーカー・ストリート(Bleeker St)にはMARC BY MARC JACOBSのアクセサリーショップがあった。ここはより若い人にマーク・ジェイコブスの世界を知ってもらうための入り口のような役割もあるのだろう。ある時は「ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)に投票せよ」みたいなTシャツを売り、ある時は店中がVANSだらけになる。訪れると必ず面白いことをやっていて、ニューヨーク旅行の楽しみの一つだった。

以前、マーク・ジェイコブスで働いていたニューヨーク在住の友人に「よくお店に行ったよ」と話をした。すると、「ああ、あの土産物の店ね。チャッチキーズ(Tchotchkes)だよね」という。つまりノベルティみたいなものだろうか。

ハイファッションも、お土産品も

ある時、ショップがハーヴェイ・ミルク・ハイスクール(Harvey Milk High School)一色になっていたことがあった。ハーヴェイ・ミルク・ハイスクールはNYに実在するゲイやレズビアンのための公立高校だ。ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)による映画「ミルク」でおなじみだろう。ゲイであることを公表したうえで、アメリカ合衆国の大都市の公職に就いた最初の人、ハーヴェイ・ミルク(Harvey Milk)に因んで名付けられている。写真は、そのハイスクールを支援する時にマーク・ジェイコブスが作ったワッペンだ。

冒頭で述べた「ニューヨークらしい」というのは、リベラルな意見を表明することに加え、その意見が人々に伝わるようにデザインできるという意味。マーク・ジェイコブスはそこがうまい。ハイファッションも、お土産品のセンスもすごく良い。振り幅がすごい。

ニューヨーク生まれの生粋のアメリカ人なのに、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のアーティスティック・ディレクターに抜擢されたことを含め、僕にとってマーク・ジェイコブスはファッション界のアイドル。ちなみに、ルイ・ヴィトン在籍時のデザイン・プロセスや、コレクションに向けた舞台裏に迫ったドキュメンタリー「マーク・ジェイコブス & ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~」は最高に面白い。

彼は連載の第一回で綴った「洋服に情熱があった時代に面白いことをやっていた人」の一人。いまは限られた活動しかしていないが、次に何を仕掛けてくるのか楽しみにしている。

—おわり—

公開日:2019年12月23日

Writer Profile

File

梶原由景

LOWERCASE代表。元BEAMSクリエイティブディレクター。モトローラ、Palmなどと業界を超えた取り組みを行い、ソニーとはデザインホテル・プロジェクトに取り組むなど異業種コラボレーションの草分けとして知られ、ファッションリテールとしてのセレクトショップの再定義を行なった。ルイ・ヴィトンとKDDIのプロジェクトを手掛けるなど現在デジタル、デザインからアパレルまで幅広い業界にクライアントを持つ。2017年には藤原ヒロシ氏とコンテンツサイトRing of Colourを立ち上げた。

Read 0%