イセ込みとは?

肩のイセ込みと袖のイセ込みがある。イセるとは生地を縮める工程のことで、とくに袖のイセ込みを指す場合が多い。小さく作った身頃側のアームホールに対し、大きく作った袖側のアールホールを合体させる際に、袖側のアームホールを縫い縮める作業のこと。日本ではグシ縫いをして袖山を縮ませる場合が多い。テーラーによってイセ込む分量も異なるが、イセ込むことで腕の運動量を増やすことができ、快適な肩周りを作ることができる。

用語「イセ込み」が登場する記事