靴好きはみんな知っている。ヴィンテージシューズを賢く入手するコツ6選とオススメヴィンテージシューズショップ。

取材日: 2016年9月21日

文/ミューゼオ・スクエア編集部

靴好きはみんな知っている。ヴィンテージシューズを賢く入手するコツ6選とオススメヴィンテージシューズショップ。_image

デザインや革、製法などその時代にしか誕生しえなかった一足がどうしても欲しい!と靴好きの間では敢えてヴィンテージシューズを購入する人も多い。

これからヴィンテージシューズを購入したいと考えているあなたに、靴好きが実践している購入のコツをご紹介。ミューゼオ・スクエアオススメのショップも要チェックだ!

MuuseoSquareイメージ

1:本当に欲しいモデルを明確にする!(超基本編)

なんとなくヴィンテージシューズが欲しい…。と闇雲に探している状態では当然だが見つかるものも見つけにくい。お店に問い合わせたり、ネットで検索する場合も数足に絞っておいた方が有益な情報を手に入れやすいし、情報収集だけで疲れることもない。欲しい革靴のリストも作るもよし。本当に欲しい一足があったほうが見つけた時の満足度も高くなるのでオススメだ。

MuuseoSquareイメージ

2:予算ルールは明確に!(超基本編)

例えば、当時の価格より高いものは購入しない。4万円~5万円以内におさえる。など自分なりの予算ルールを定めておくのもポイント。お金に糸目をつけないという余裕のある方ならば別だが、革靴購入で生活が苦しくなる、心にゆとりがなくなるというのでは元も子もない。履いて愛用してこその革靴。高かったから履くのがもったいない!とオブジェのような観賞用になりかねない高額購入には気をつけよう。

MuuseoSquareイメージ

3:まず狙うは新中古品!(基本編)

新中古品とは何のことか?中古とどう違うのかと疑問に思う方もいるだろう。

中古品とはすでに持ち主によって使用されたもの。新中古品とは商品自体が未使用の状態だが古いモデルのもの。中古の革靴はどれだけ履かれていた靴なのかにもよるが、革靴は経年変化するもの。前の持ち主の履き癖が出たり、手入れによっては革の色味さへも変わってきてしまう。それを味と呼ぶのも良いが、どうせなら綺麗な状態の革靴を自分色に染めていきたいもの。早々と中古品に手を出す前に、まずは新中古品を探してみよう。

MuuseoSquareイメージ

4:中古品は修理跡を要チェック。(中級編)

新中古品が見つからない場合、中古品購入をする際は事前の状態チェックが肝。修理の補修後がある場合はかなり履かれていた証拠。また中古品であるにもかかわらずインソールが綺麗で全く汚れていない、アウトソールが削れていなくてあまりにも綺麗な場合は靴底全体を剥がして再び縫い合わせるオールソールなどの大きな修理をしていることもある。

靴の製法にもよるがオールソール修理回数にも限度があるのでオリジナルのソールか、張り替えたソールなのかをチェックしたいところ。靴底の側面コバの部分が削れすぎていないかも見ておこう。

MuuseoSquareイメージ

5:信頼できる購入先を見つける!(中級編)

品揃えが豊富なことはもちろん、良い状態のものを妥当な価格で提供してくれる、購入時に相談に乗ってくれるお店があったらどれだけ心強いことか。

そう、当たり前のようで結構難しいのがこのお店探し。ヴィンテージ靴初心者ならば、実際に試着をしながら相談できる実店舗が安心だろう。慣れた靴好きは複数店舗訪れてみて、置いている靴の状態、そのスタッフの対応や提案を比べてりするという人もいるみたいだが、一つ言えるのはやたらと購入を勧めてくるお店は要注意!(笑)

じゃあどうやって見つければいいのか、今回は特別にミューゼオオススメのお店を紹介しよう。顔なじみになれば、欲しいくつの新情報を教えてくれる、なんてこともあるかも。

MuuseoSquareイメージ

6:お宝発見の可能性も⁉︎  ネットオークションのパトロール!(上級編)

普段ネットオークションをお使いの方なら分かるだろうが、入札時の駆け引きや、掲載写真や情報から状態を推測することが必須。場合によっては高額に引き上がったり、受け取った実物が写真と全然違う⁉︎なんてリスクもつきものだが、運良く価格の1/3ほどで買えてしまうこともある。ハイリスク&ハイリターンな手段の一つだ。よって、初心者にはなかなかハードルが高いが、試してみる価値はあるかも⁉︎ その際の注意点はこちら。

File

★欲しいモデルで自分にぴったりのサイズを熟知しておく!★
基本返品不可のものが多い。上級者には事前にブランド販売店で何度も試着して、ラストごとに自分に合うサイズを熟知しているとか。

★定期的にパトロールが大事。時折お値打ちものが出てくる時がある。★
ネットオークションにはアラート機能があるが、その機能で引っかからない場合もあるのであまり頼りにしすぎない方が良い。あくまでも自分の目で確かめることが大事。

★オークションではがむしゃらに駆け引きしすぎない。★
革靴に限ったことではないが、落札期限が迫り、他の入札者につられて高額入札してしまうこともある。お目当ての一足を前にして気持ちは高まれど、常に冷静な自分であれ。

★限られた掲載写真&情報をしっかり見る。評価が悪い購入元からは買わない。★
掲載写真と情報が明確でない購入元は要注意! ラストの情報や写真がのっていること最低限のマスト事項だ。また当たり前だが、ユーザーの口コミ評価は大事。焦って即購入、届いたら状態が最悪。後から「ここではもう買いたくない!」なんて他ユーザーの口コミに気づくこともある。とほほ。


★万が一、サイズが違う、写真と違う場合も落胆しない!★
ついに落札! 後日届いた荷物を意気揚々と開封してみたものの、足に合わない。写真とイメージと違う。なんてことはザラ。入札ボタンを押す時はこの可能性も覚悟するべし。上級者たちもこの失敗の経験を重ねてきている。そんな時は友達にプレゼントする、再度オークションへアップするなど対応しているようだ。

MuuseoSquareイメージ

Muuseo Square オススメのヴィンテージシューズショップはこちら!

File

SUPER8SHOES(スーパーエイトシューズ)

中古革靴通販専門店。アイテムの写真点数が多く、画質もクリア。サイト上で実際の靴の状態をしっかりとチェックできる。アメリカヴィンテージシューズをメインに、FLORSHEIM、Allen Edmonds、ALDENなどのブランドや既に存在していない40~90年代のメーカーのデッドストックも多数揃える。修繕のセット価格もあり、自分好みのリペアも出来るのが魅力。日本ではまだ流通していないリペアパーツも取り揃えていて、カスタムが出来る数少ないお店の一つ。

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-22-5-B1F

03-6804-2174

12:00~19:30

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

Shop
File

SAFARI(サファリ)1号店

中古革靴だけでなく、ヴィンテージ服の取り扱いも豊富なため、全身コーディネートを楽しむことが出来るお店。1920年代~1970年代頃までのLEVI’S、WRAMGLER、 LEE 、CHAMPION などのビンテージアイテムが多く、その中でも特に希少なアイテムを取り揃えている。気になる商品には、気軽に問い合わせも出来るので納得の行くお買い物ができる。
★SAFARI3号店(高円寺)では現行品の中古紳士革靴を豊富に揃えている。こちらも要チェック!

東京都杉並区高円寺南3-57-4ベルシャトウ高円寺1F

03-5378-9230

13:00~20:00
定休日 第2木曜日

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

Shop
File

古着屋ガレージセール

津田沼に直売店があるガレージセール。アメリカから輸入した1960年代以降の中古革靴を中心に、FLORSHEIM、Allen Edmonds、Johnston & Murphyなどの商品が豊富に取り揃えられている。目利きの店長と相談しながらゆっくり靴を選ぶことができるので、初めて中古の革靴を買う方におすすめ。ちなみに中古革靴を選ぶ㊙︎ノウハウは記事にもまとめられ購読も可能。

千葉県船橋市前原西2-7-11 三真ビル A-1F

047-493-1236

月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:00 ~ 20:00


定休日:木曜日

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

Shop
File

SHOESAHOLIC(シューホリック)

新中古品、または新品に近い状態の革靴を多く取り揃える中古革靴専門店。直売店はなく通販専門だが、サイトの見やすさは格別。生産国やブランドで分かれているため、気になるアイテムの検索もスムーズ。迅速で丁寧な対応が評判で、電話対応も可能。初めてでも安心して購入すことができる。また、販売だけでなく買取も行っており、高級靴専門のため査定額も高い。

Shop
Read 0%