みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

映画音楽関連本

 レコード・CDリスト、解説、ドキュメンタリーなど、ジャンルは問わず、映画音楽・サントラに関わるものを、順次取り上げていきます。

  • Loading

    バッド・ニュース増刊 ベストサウンドトラック100

  • Loading

    Film Score Monthly Price Guide U.S.Soundtracks on CD

  • Loading

    サウンドトラック Goldtime

  • Loading

    映画音楽 時の流れとともに 関光夫著

  • Loading

    映画を聴く 映像とサウンドの旗手たち 河原晶子著

  • Loading

    映画音楽への招待 宮本啓著

  • Loading

    滅びのチター師 軍司貞則著

  • Loading

    ザ・スタンリー・キューブリック

  • Loading

    映画×音楽 セッション・レポート103

  • Loading

    サウンドトラック・ガイド '93

  • Loading

    月刊カット2002年7月号 No.179

  • Loading

    映画音楽おもしろ雑学事典 大日方俊子著

  • Loading

    スター・ウォーズを鳴らした巨匠 ジョン・ウィリアムズ 神尾保行著

  • Loading

    クラシックジャーナル014

  • Loading

    映画音楽200CD スコア・サントラを聴く

  • Loading

    サウンドトラック 映画をささえた名曲たち 宮本啓著

  • Loading

    レコード・コレクターズ 1996年7月号

  • Loading

    レコード・コレクターズ 2001年8月号

  • Loading

    映画音楽サントラ オールカタログ

  • Loading

    McNally’s Price Guide for Collectible Soundtrack Records(1950-1990) Keith McNally編

  • Loading

    GROOVE 2000年12月号

  • Loading

    Suburbia suite; especial sweet reprise 19921121

  • Loading

    シネ・ミュージック講座 映画音楽の100年を聴く 秋山邦晴+(ゲスト)武満徹著

  • Loading

    サウンドトラック・パラダイス ヨーロッパ編

  • Loading

    サウンドトラック・パラダイス アメリカ/イギリス編

  • 1
    Loading

    バッド・ニュース増刊 ベストサウンドトラック100

     1995年1月25日発行。したがって、1994年までにリリースされたサントラ盤を対象に収録されています。特筆すべきは寄稿されている面々の顔ぶれで、例えば、大林宣彦、水野晴郎、ピーター・バラカン、三谷幸喜、船木誠勝、立川志らく各氏、さらに声優の黒沢良、肝付兼太両氏なども参加しており、それも含めて時代を切り取った記憶を留めている、という印象の一冊です。
    #サントラ 

    • いいね!

      48がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    Film Score Monthly Price Guide U.S.Soundtracks on CD

     1999年10月出版。それまでに、主にアメリカでリリースされたサントラ盤CDのこの時点の価値をまとめたもので、自分のコレクションがいかほどのものかを推し量るには参考になった本です。大半が10~25ドルの中で、たまに三桁の評価額をつけているタイトルが散見され、何か巷のサントラ盤コレクターの需要が垣間見えるようで、興味深かったです。
    #サントラ 

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    サウンドトラック Goldtime

     1997年6月20日発売。内容の大半は第1章の「アーティスト・プロファイル~七〇人の映画音楽家たち~」で、ここでは主要な映画音楽作家が紹介されていますが、白眉なのが巻末の「サウンドトラック・データファイル」で、同年4月30日までにリリースされた国内盤サントラCDのタイトルが網羅されています。CDジャーナルムックならではの構成で、これだけでも資料的価値は高いと思います。
    #サントラ 

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    映画音楽 時の流れとともに 関光夫著

     1973年11月15日発行。関光夫氏のラジオ番組「ポピュラーアラカルト」「夜のスクリーンミュージック」を昭和50年代の土曜日にNHK-FMで聴き、それが現在の趣味の原点の一つとなっていたので、この本を古書店で見つけた時は本当に嬉しかったです。内容は映画の歴史に付随して映画音楽の歴史も語る、というもので、学ぶことは多かったです。
    #映画音楽 #関光夫 

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/1

    • 3
    • 0
  • 5
    Loading

    映画を聴く 映像とサウンドの旗手たち 河原晶子著

     1981年4月28日発行。15人の映画監督が自らの作品の音楽に対してどのようなアプローチをしているか、についての解説と考察が繰り広げられています。それぞれ面白かったのですが、特に興味を引いたのがフェデリコ・フェリーニ監督の項で、前年に盟友のニーノ・ロータを失ったことによる危惧が、稿の最後に述べられていたのが印象的でした。
    #映画音楽 

    • いいね!

      56がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 4
    • 2
  • 6
    Loading

    映画音楽への招待 宮本啓著

     1994年4月20日発行。基本的には映画音楽の歴史を語りながら、映画音楽をいくつかのジャンルで区切り、それぞれに解説する、という構成です。割と蘊蓄(うんちく)的なエピソードも多くて読みやすく、購入したときは、一気に読み通しました。
    #映画音楽 

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/4

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    滅びのチター師 軍司貞則著

     1982年4月30日発行。映画「第三の男」の全編に響き渡るチターの音色の作曲者、アントン・カラスについてのノンフィクションで、「栄光のチター」「抹殺されたカラス」の二部構成になっています。それぞれに興味深かったのですが、映画ファンとしてはやはり前半の「第三の男」の音楽が出来上がるまでの経緯、特にキャロル・リード監督との関りが、たまらない内容でした。
    #第三の男 #アントン・カラス #チター #キャロル・リード #軍司貞則

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/20

    • 4
    • 0
  • 8
    Loading

    ザ・スタンリー・キューブリック

     1981年4月13日発行。本書はスタンリー・キューブリック監督とその作品群の研究書という内容のもので、映画音楽関連本とは言えないのですが、キューブリックの音楽観について言及した項があり、これだけでも面白かったので、無理やりこのカテゴリーに入れました。ただ、映画音楽ファンとしては、アレックス・ノースとのことについてもう少し言及してくれればなお良かった、とも感じました。
    #映画音楽 #スタンリー・キューブリック #アレックス・ノース

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/1

    • 3
    • 0
  • 9
    Loading

    映画×音楽 セッション・レポート103

     2000年11月10日発行。1977~2000年の映画からピックアップし、作品内容紹介をしつつそこに付随する音楽を紹介する、という形式で、必ずしもサントラ盤が存在しない作品であっても、取り上げられています。本書で特筆すべきは「ブラジルから来た少年」という日本劇場未公開作をラインナップにブチ込んだことで、これは編集者の映画音楽愛というかジェリー・ゴールドスミス愛のなせる業としか言いようがありません。実際、サントラも名盤です。
    #映画音楽 #ジェリー・ゴールドスミス 

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/1

    • 3
    • 0
  • 10
    Loading

    サウンドトラック・ガイド '93

     1993年2月15日発行。発行日から類推できるとおり、1992年までにリリースされた国内サントラ盤CDが掲載されています。この手のガイド本だと、新作映画のサントラ盤を中心に取り扱うのが常道ですが、本書はかつてLPでリリースされ、CDでも再発となった作品も紹介しています。すなわち、1993年2月時点でのサントラ盤の出荷状況が切り取られ記録されているというわけです。ただ、それくらいしか褒めるところがない、ということで…。
    #サントラ 

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    月刊カット2002年7月号 No.179

     2002年7月19日発行。Cutは世間ではスタイリッシュな映画雑誌と見られているのですかね。独自のベスト100のチョイスがこの号の目玉だったようですが、スコア中心の盤よりもミュージカルや洋楽のコンピレーションの盤が重用されるのは、雑誌の性格からしても致し方ないのでしょう。何せ1位が「ハード・デイズ・ナイト」なのですから。普段、映画は観てもその背景音楽には興味がない読者向けの特集のようでしたが、100位以内として、または編集部のこだわりのチョイスとして挙げられた盤のCD番号くらいは載っけるべきで、それをしなかったのはサントラ盤CDの販促に貢献する気はなかった、ということなのでしょう。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    映画音楽おもしろ雑学事典 大日方俊子著

     2009年7月20日発行。基本的には映画音楽の歴史を語り下ろしているのですが、タイトルに「雑学」とあるように様々な話題が豊富で、しかも「事典」を謳っているだけあり索引まであります。また、この手の解説本では映画音楽の作曲家の名前が記載されても編曲者の名前が記載されることは殆どないのですが、本書では僅かながらですが登場しており、これには最初読んだときに思わず心の中で拍手させられました。あと特筆すべきは巻末の9題の特別収録資料ですが、特に「音楽家の伝記映画一覧」、それもポピュラーとクラシックにジャンル分けしたものは、それまで見たこともない代物で、これだけでも本書と巡り合えてよかったと思ったものでした。
    #映画音楽 

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/4

    • 3
    • 0
  • 13
    Loading

    スター・ウォーズを鳴らした巨匠 ジョン・ウィリアムズ 神尾保行著

     2000年12月31日発行。「いわゆる映画音楽作曲家で一冊の本が編集されるなんてことがあるのか!」これが、本書の出版を知らされ、かつ現実的に手にした瞬間の感想でした。無いものねだりですが、こんな本が他の映画音楽作曲家でも実現できればいいのですけれどね。それはそうとして、本書が出版された時点からも活動は継続していますからその分は欠けていますが、それでも2000年までの本書に記載されている活動の記録は資料としても充実しており、まさに20世紀のジョン・ウィリアムズの記録を「ジョン・ウィリアムズ・ファンクラブ」代表の著者が渾身の力で認めた名著だと断言します。
    #映画音楽 #ジョン・ウィリアムズ #神尾保行 

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/4

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    クラシックジャーナル014

     2005年7月1日発行。クラシック音楽を主に扱う評論誌の表紙に「スター・ウォーズ」の文字がある、もはや扱いはクラシック音楽並みなのか?こんなことを言うと何か映画音楽はクラシック音楽より格下なのか、と考えているように見えるかもしれませんが、そういう解釈は取りたくありません。元来、「クラシック」という語は「最高クラスの」=「一流の」という意味で、そこから転じて「古典」、「格式のある」の意でも用いられるそうで、そういう意味では、もはや「スター・ウォーズ」の音楽は「最高クラスの」「古典」なのでしょう。さて、この号に寄稿しているのは神尾保行氏、つまり「スター・ウォーズを鳴らした巨匠 ジョン・ウィリアムズ」(このフロアにある)の著者で、記事の冒頭にこの著書と内容のかぶる部分があるとの断り書きがあります。ですので、この寄稿は神尾氏の著書の「スター・ウォーズ」の関する著述を補完するもの、と言えるようです。
    #映画音楽 #スター・ウォーズ #ジョン・ウィリアムズ #神尾保行

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/20

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    映画音楽200CD スコア・サントラを聴く

     1999年7月10日発行。いきなり蛇足ですが、本書は上のフロアでも紹介した立風書房「200音楽書シリーズ」の中の位置づけのようです。このフロアでも、既販のサントラ盤CDをそれなりの数をピックアップして解説を加えつつ紹介するスタイルの本を紹介してきましたが、本書はそのような構成ではありません。映画の映像の背景音楽を収録したCDを、ある意味映画本体とは切り離して独自に一つの音楽アルバムとして楽しむ、その作法を紹介した本というべきでしょうか。もちろん、所詮は映画音楽ですから、映画本体と切り離すことなど不可能ですが、それでもその魅力的なメロディラインは単体の曲として独り歩きする場合もあるわけで、そんな可能性を示唆してくれた、と私は思っているのですが、こんな独り善がりの解釈などに対しては本書の執筆・編集に携わった方々も含めて、かなり異論を持たれるでしょうね。
    #映画音楽 

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/4

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    サウンドトラック 映画をささえた名曲たち 宮本啓著

     2002年4月20日発行。宮本氏の著書「映画音楽への招待」はこのフロアですでに展示しており、映画音楽の歴史を、映画音楽をいくつかのジャンルに区切り、各々解説することで紹介しているという旨をコメントしましたが、本書も基本的にはその路線です。ただ、約8年分の蓄積もありますし、個々のサントラアルバムもある程度紹介していますので、その分、内容的には増補されています。
    #サントラ #宮本啓

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 3
    • 0
  • 17
    Loading

    レコード・コレクターズ 1996年7月号

     1996年7月1日発行。「TVサントラ大作戦」なる企画がこの号の巻頭特集。要はこの時期にバップレコードが「バップ・ミュージック・ファイル・シリーズ」なる企画で多くのTVサントラCDをリリースしたので、それと連動したのでしょう。だとしても、CMソングまでにも触れるなど、かなり多岐にわたる項目を立てた特集で、興味深いものでした。ただ、このフロアに展示してきた映画音楽関連本のカテゴリーの中にもしTVサントラの本が存在して所有していれば当然展示するわけで、それが果たせなかったのは、そういう本が見つけられなかったということになります。ですので、この全49ページに亘るこの企画はそれなりに貴重で、単行本一冊分の読み応えのあるものでした。
    #TVサントラ #vap #レコード・コレクターズ

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    レコード・コレクターズ 2001年8月号

     2001年8月1日発行。「サウンドトラック・リイシュー・ガイド2001」という特集が17ページに亘って組まれました。要するに90年代のいわゆる「渋谷系」といわれたクラブ・ラウンジミュージックの源泉の一つが60~70年代の映画音楽にある、その対象となる盤がこの頃にはレコードからCD化というかたちで再発され、ある程度数もそろってきたことから、こんな企画が成立したのでしょう。でも、世間の人のどのくらいがピエロ・ピッチオーニ、アルマンド・トロヴァヨーリ、ピエロ・ウミリアーニ、リズ・オルトラーニなんて名前を知っているのかな。とても定着したとは思えなかったのですけどね。あと、コレクターの立場で言わせてもらうと、イタリアの外盤は何か値段が相対的に高くて手が出にくかったですね。
    #サントラ #渋谷系 #レコード・コレクターズ

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/28

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    映画音楽サントラ オールカタログ

     1981年7月5日発行。CD(コンパクトディスク)の登場が翌1982年なので、本書に掲載されているのは全てレコードのジャケットということになります。映画チラシのカタログの場合もそうですが、ジャケットの紹介が主眼の本なのに全編の半分くらいがモノクロになってしまったのが残念で、これはこの頃の近代映画社の悪癖なのでしょう。そのことを除けば、サントラファン、特に初心者のファンにとっては楽しい内容で、若かりし頃には手に入れたくても買うことができなかったサントラLPレコードへの煩悩がますます増幅するのに貢献してくれました。特に素晴らしいのが紹介されているすべてのレコードの収録曲が掲載されていることで、のちに同タイトルのCDを入手した際にその比較するのに役立ったりしました。

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/4

    • 1
    • 2
  • 20
    Loading

    McNally’s Price Guide for Collectible Soundtrack Records(1950-1990) Keith McNally編

     1995年5月1日発行。「世界で最も稀少なサウンドトラックの2300以上の詳細なリストと、非常に珍しいサウンドトラックの780の白黒写真を掲載。索引付き」という触れ込みの本で、基本的にはサントラレコードのタイトル、すなわち映画のタイトルとそれに付随して価格が表になって羅列されています。もちろん、個々のレコードの値段にも興味はあったのですが、それよりもイントロダクション部に掲載されていたサントラレコードの値段の付け方、著名な映画音楽作家の紹介、そして各国のサントラレコードコレクション事情が面白かったですね。ところでキース・マクナリーなる人物、どうもアメリカのレストランチェーンの経営者だそうで、要するに自身の趣味が高じてこんな本を出したのでしょうか。その辺は計りかねます。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 21
    Loading

    GROOVE 2000年12月号

     2000年12月1日発行。GROOVEなる月刊誌、これがヒップホップ、ラップなどの専門雑誌であること、それ以前にこのような雑誌が存在していたことなどは、本書を手にするまで全く知りませんでした。ちなみに現在は休刊中だそうです。内容ですが、映画「シャフト」がリメイクされたのをきっかけに、そのサントラ盤の紹介を兼ねて、この雑誌の編集方針の観点でサントラを捉えてみようとの企画で、ブラックミュージックコンピレーションものはもちろんのこと、「ロッキー」「ブレードランナー」のような定番ものからイタリア・フランスのエロ映画もの、日本の特撮ものと言っても「ウルトラマン」関連ではなく「マイティジャック」、果ては「世界の空軍」などのドキュメンタリーものなども取り上げて、それなりに面白かったですが、言わせてもらえば、ちょっとまとまりがなかったですかね。まあ、そこが良い、ということも言えますが…。

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 22
    Loading

    Suburbia suite; especial sweet reprise 19921121

     1992年11月21日発行。タイトル、そして表紙だけ見ると洋書のようですね。『90年代に日本国内のみならず海外のレコード・コレクター・サーキットも含む世界中の都市型音楽シーンに多大な影響を及ぼした、橋本徹(SUBURBIA)編集の伝説的なレコード・ガイド「Suburbia Suite」』というのが、一応本書の紹介文ですが、映画音楽ファンにとっては60年代から70年代の著名欧州映画のサントラ名盤紹介、というのが意義なのでしょう。入手したときは、本書掲載の盤はその時期にCDとして入手可能なのかな、と思ったのですが、実はマニアックなレコードも数多く含まれており、本書をもんでその紹介されている盤に興味を持ったとしても簡単に音源を入手できないわけで、結構ガッカリしたことを覚えていますね。
    #映画音楽 #サントラ #Suburbia-suite #橋本徹

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/2

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    シネ・ミュージック講座 映画音楽の100年を聴く 秋山邦晴+(ゲスト)武満徹著

     1998年12月8日発行。『1994年の暮れ、秋山邦晴と武満徹のたまたまの雑談の中から、二人で映画音楽の歴史を語り明かして、一冊の本にしようというプランが生まれた。しかし1996年、奇しくも同じ年に両氏が相次いで急逝され、企ては夢に終わった。本書はその意図を酌んで、秋山邦晴が1995年にNHK・FMで十回にわたって放送した「映画音楽の100年史」の原稿を中心に、生前に残していた武満徹との放送と劇場でのトーク・ショーの対談を収録してまとめ、二人によって果たされなかった夢のかけがえとするものである。』、以上が本書の冒頭の文で、実際に内容もそのとおりです。項目の詳細はサブ画像にある本書の帯部分に記載してありますが、その中でも興味深かったのは「使われなかった映画音楽」で取り上げられた、アレックス・ノースの作曲をスタンリー・キューブリック監督が『2001年宇宙の旅』で採用しなかったことへの言及ですかね。キューブリック監督が既成曲を最終的には採用した効果を述べたうえでのことですから、当たり前の結論であるにせよ、ちゃんとアレックス・ノースの仕事を労っていたのは、嬉しかったですね。あと、武満徹に関しては、また別の機会に語ることもあるでしょう。
    #映画音楽 #秋山邦晴 #武満徹 

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/13

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    サウンドトラック・パラダイス ヨーロッパ編

     1998年1月4日発行。本書の特徴は、2枚目の画像にある本展示アイテムの裏表紙の帯の部分に記載されているので、ここでは省略。ということで、次段以降は本書の感想などを述べることになるわけですが、現在のような冷静な心持ではなく、本展示アイテムを入手して最初に読んだ時の心持を、思い出しながら綴っていきたいと思います。
     冒頭に掲げた出版日より程なくして書店で本書を見つけ、購入した帰路に電車の中でざっと目を通したのですが、正直言ってかなりショックを受けました。それまでは、まあ、それなりに収入の中から少なくない比率でサントラ盤の入手のために資金を投入し、まあ、それなりのコレクションを構築できたと密かに自負していたのですが、本書内に掲載されているレコードのジャケットはその殆どが見たことのないものばかりであり、その羅列されているレコードジャケットの美しさとカッコよさ、何よりもおそらくはこの先も実物を手にすることがないであろうという渇望感に打ちひしがれたわけです。
     その時から20年以上が経過し、21世紀になってからの映画音楽が相対的につまらない内容のものが多くなってしまったことを痛感する現在に至り、ますます20世紀の映画音楽への憧憬が強くなってきた昨今、たまに本書のページをめくっては思いを馳せることがむしろ楽しみにもなっています。
    #サントラ #映画音楽 #サウンドトラック・パラダイス 

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/23

    • 2
    • 0
  • 25
    Loading

    サウンドトラック・パラダイス アメリカ/イギリス編

     1998年12月30日発行。同フロアに展示した『サウンドトラック・パラダイス ヨーロッパ編』の続編というかパート2という位置づけのアイテムで、前作が非英語圏の映画のサントラ盤を対象としたのに対し、本展示アイテムは英語圏の映画のサントラ盤を対象となっています。
     そこで、いきなり個人的な話になってしまうのですが、本展示アイテム、入手したのはごく最近でした。そもそも本書の存在を知ったのが、上記の出版日から数年後になってしまい、その頃には店頭では入手しにくくなり、そのことに連なって何となく入手する意欲もなくなり、その存在すらも意識しなくなっていたのですが、これもMUUSEO効果といいますか、所有の映画音楽関連本を展示しているうちに、先に展示・登録した「ヨーロッパ編」を書棚から掘り起こしたものの、「アメリカ/イギリス編」をまだ入手していなかったことを思い出し、それが叶ってから両方を展示・登録しようと心に決め、この度ようやく実現できた、という経緯がありました。
     で、中身をざっと総覧したのですが、さすがにヨーロッパ編に掲載されている分よりも比率としては多くのレコード、または同内容のCDを所有できていたのが確認はできたものの、基本的には初めて「ヨーロッパ編」を手にして中身を見たときと似たような感慨があり、またふつふつと物欲が増幅してきました。
    #サントラ #映画音楽 #サウンドトラック・パラダイス 

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/27

    • 3
    • 0