みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

自然保護シリーズ(1974年~1978年)全20種類

自然保護対象となった動物や植物の切手がシリーズ化されています。 〇第1集 哺乳類(4種) 〇第2集 鳥類(4種) 〇第3集 ハ虫類・両生類・魚類(5種) 〇第4集 昆虫(4種) 〇第5集 植物(3種) と分類されます。  

  • Loading

    (C654)自然保護シリーズ第1集(イリオモテヤマネコ)初日カバー

  • Loading

    (C655)自然保護シリーズ第2集 ニホンカワウソ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C656)自然保護シリーズ第3集 アマミノクロウサギ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C657)自然保護シリーズ第4集 オガサワラオオコウモリ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C660)自然保護シリーズ第5集 アホウドリ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C681)自然保護シリーズ第6集 タンチョウ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C682)自然保護シリーズ第7集(ハハジマメグロ) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C683)自然保護シリーズ第8集「アカヒゲ」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C684)自然保護シリーズ第9集「リュウキュウヤマガメ」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C714)自然保護シリーズ第10集(モリアオガエル) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C715)自然保護シリーズ第11集(ミヤコタナゴ) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C716)自然保護シリーズ第12集(イトヨ) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C717)自然保護シリーズ第13集「カブトガニ」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C750)自然保護シリーズ第14種(ミカドアゲハ) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C751)自然保護シリーズ第15集(ゲンジボタル) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C771)自然保護シリーズ第18集「サクラソウ」

  • Loading

    (C752)自然保護シリーズ第16集(ヒメハルゼミ) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (C772)自然保護シリーズ第19集 コウシンソウ

  • Loading

    (C773)自然保護シリーズ第20集 コマクサ 初日カバー

  • 1
    Loading

    (C654)自然保護シリーズ第1集(イリオモテヤマネコ)初日カバー

    発行日 1974.3.25

     イリオモテヤマネコは、動物作家として知られる戸川幸夫氏が、西表島に山猫がいるという話を耳にし、1965年(昭和40)自ら島に渡って毛皮と骨を入手、これによって新しい種類として学界に紹介された。頭胴長は60cm、尾はその約1/3、背面はこげ茶色、耳のうしろに山猫特有の虎耳状斑がある。性質はやや荒く、顔つきもりっぱである。南米に現存する山猫に近く、原始的な形質をもっているという。

    ※1974年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      イリオモテヤマネコ
    原画構成者 
      山野内 孝夫
    版式・刷印 
      ドライオフセット3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/29

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    (C655)自然保護シリーズ第2集 ニホンカワウソ 初日カバーコレクション

    発行日 1974.6.25

     ニホンカワウソは肉食目、イタチ科に属し、体長65~80cm、尾長30~50cm、四肢は短く手足に水かきがある。普通のカワウソに比べ、小型で、眼間部が幅広く、吻が短い。水辺を好み、河岸や海岸に生息し。主に魚介を食べる。視力は鈍いが、聴覚と嗅覚が鋭敏である。かっては、わが国全土に分布していたが、現在では四国地方にわずかに生息するのみで、国の特別天然記念物に指定される。

    ※1974年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      ニホンカワウソ
    原画構成者 
      東角井 良臣
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/3

    • 2
    • 4
  • 3
    Loading

    (C656)自然保護シリーズ第3集 アマミノクロウサギ 初日カバーコレクション

    発行日 1974.8.3

     アマミノクロウサギは、奄美大島の徳之島にのみ生息し、数千年前のウサギの化石とよく似た特徴をもつ。体は黒褐色又は灰褐色で、大きさは45cm、耳の長さは4cm程度で、普通のウサギよりきわめて短い。昼間は密林のほら穴等にひそみ、夜間に活動するので、その生態はつかみにくいが、生息数は約1,000羽と推定されている。1963年7月特別天然記念物に指定された。

    ※1974年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      アマミノクロウサギ
    原画作者 
      江守 若菜
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/4

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    (C657)自然保護シリーズ第4集 オガサワラオオコウモリ 初日カバーコレクション

    発行日 1974.11.15

     オガサワラオオコウモリは、頭胴長は約20cmで、ほぼカラスぐらいの大きさであり。翼をひろげると両翼間が130cmにもなる。全身がほぼ同色の濃い褐色で、体毛は長く、銀灰色の毛が混じる。昼間は樹の梢にぶらさがって休憩し、夕方になると一せいに活動を始め、花蜜や果実に群がる。小笠原諸島の硫黄島にのみ生息し、天然記念物に指定されている。

    ※1974年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      オガサワラオオコウモリ
    原画作者 
      東角井 良臣
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/8

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    (C660)自然保護シリーズ第5集 アホウドリ 初日カバーコレクション

    発行日 1975.1.16

     アホウドリはアホウドリ科に属する翼間2~3㍍の巨大な海鳥で、伊豆諸島で繁殖(11月~3月)し、ヒナの巣立ちとともに5月ごろ島を離れて北太平洋上を飛び回る。1890年ごろから羽採集のため大量捕殺され、絶減にひんしたが、現在100羽近く生息しているといわれ、1962年に特別天然記念物、国際保護鳥に指定された。

    ※1975年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      アホウドリ
    原画作者 
      薮打 正幸
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/9

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    (C681)自然保護シリーズ第6集 タンチョウ 初日カバーコレクション

    発行日 1975.2.13

     タンチョウはわが国のツル類の中では、最も大きく美しい。翼長62~66㌢、クチバシノの長さ15㌢前後で、体の大部分は純白で頭部は裸出して赤く、南シベリアから北海道に分布する。北海道釧路地方の湿原は、繁殖地として世界的に有名で、ここに生息するタンチョウは、現在220羽程おり、留鳥として周年とどまる。特別天然記念物に指定されている。

    ※1975年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      タンチョウ
    原画作者 
      山野内 孝夫
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5=20面構成
    発行数
      4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/11

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    (C682)自然保護シリーズ第7集(ハハジマメグロ) 初日カバーコレクション

    発行日 1975.8.8

     ハハジマメグロは、小笠原諸島中の母島特産のメグロで、スズメ目ミツスイ科に属し。大きさは雀ぐらい。背は緑色、腹は黄色で、眼の下に逆三角形の黒い斑点があり、メグロの名はそれにちなむ。虫や花のみつをこのんで食べるという雑食性をもつ。天然記念物に指定されている。切手の背景の植物はタコノキである。

    ※1975年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      ハハジマメグロ
    原画作者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4=20面構成
    発行数
      4,500万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/19

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    (C683)自然保護シリーズ第8集「アカヒゲ」 初日カバーコレクション

    発行日 1976.2.27

     アカヒゲは薩南諸島中の種子島、奄美大島、徳之島の3島と、沖縄列島にのみ生息し、渓流沿いの密林に住んでいる。スズメ目ヒタキ科の小鳥で。色が美しく、鳴き声がよいため古来飼鳥として珍重されている。k利泰、修正、鳴き声はコマドリに似ている。翼長77㍉。乱獲されたため、現在は種として天然記念物に指定され、保護されている。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      アカヒゲ
    原画作者 
      東角井 良臣
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      2,900万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      40がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/26

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    (C684)自然保護シリーズ第9集「リュウキュウヤマガメ」 初日カバーコレクション

    発行日 1976.3.25

     リュウキュウヤマガメはカメ科の動物で、沖縄本島にのみ産する。淡水棲ではあるが、ほとんど水に入らず林の中で生活し、ミミズや地中に棲む虫のほか植物の芽や種実を食う。背中は長楕円形で長さは約10㌢。三条の狭い縦隆起があり、周縁はのこぎり歯状をしている。沖縄本島では「ヤンバルガメ」ともいう。1975年に天然記念物に指定。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      リュウキュウヤマガメ
    原画作者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      2,900万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/27

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    (C714)自然保護シリーズ第10集(モリアオガエル) 初日カバーコレクション

    発行日 1976.7.20

    モリアオガエルはカエル目アオガエル科に属し、日本固有の種で山地に生息する。産卵期には池や沼の周辺に集まり、水上の樹上または草上によじのぼり、樹葉などに白い泡状の卵塊を産みつけ、ふ化した幼生は真下の水中に落ち生育するという生態によって有名である。体の表面はおもむろに緑色または暗緑色で、体長は雄で5~7㌢、雌で6~9㌢。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      モリアオガエル
    原画作者 
      江守 若菜
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹印 1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5 =20面構成
    発行数   
      2,900万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/8

    • 2
    • 2
  • 11
    Loading

    (C715)自然保護シリーズ第11集(ミヤコタナゴ) 初日カバーコレクション

    発行日 1976.8.26

     ミヤコタナゴはコイ目コイ科に属する小魚で、体長は普通4㌢前後。産卵期の雄には体に赤紫色、ひれに黒とを染め分けた独特の美しい婚姻色が現れるが、雌には婚姻色は現れない。日本の特産種で、関東地方のごく限られた地域に分布しており、環境汚染などのため絶滅の危機に直面させられている。1974年に天然記念物に指定された。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      ミヤコタナゴ
    原画作者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹印 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      2,900万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/10

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    (C716)自然保護シリーズ第12集(イトヨ) 初日カバーコレクション

    発行日 1976.9.16

     イトヨはトゲウオ目トビウオ科に属する淡水魚で、わが国では北日本のごく限られた地域にのみ産する。海に生息して産卵期に川をのぼる遡河型と、一生を淡水中で生息する陸封型がある。水底に雄が水草を組合わせて巣を営み、そこに雌が産卵して、ふ化すると雄が稚魚に餌を与え、素のまわりを守るという特異な生態がある。福井県の生息地は天然記念物。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      イトヨ
    原画作者 
      山野内 孝夫
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹印 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      2,900万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/13

    • 2
    • 0
  • 13
    Loading

    (C717)自然保護シリーズ第13集「カブトガニ」 初日カバーコレクション

    発行日 1977.2.18

     カブトガニはカニ類よりもクモ類に近く、剣尾類に属する。体は2枚の甲でおおわれ、前方の大きな甲は頭胸部を、後方の五角形に近い甲は腹部をおおい、剣のようにとがった尾がついている。約3億年前からほとんど形態変化もなく生きている貴重な動物で、「生きている化石」とよばれている。日本では瀬戸内海や九州沿岸に分布する。全長約60㌢。

    ※1977年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      カブトガニ
    原画構成者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/22

    • 2
    • 2
  • 14
    Loading

    (C750)自然保護シリーズ第14種(ミカドアゲハ) 初日カバーコレクション

    発行日 1977.5.18

     ミカドアゲハはアゲハチョウ科に属する大型のチョウの一種。羽の開長7㌢前後で黒色の地に青白色の多くの斑紋、後ばねの裏面に黄だいだい色の斑紋がある。東洋の熱帯域に広く分布し、日本では四国と南九州、紀伊半島に生息している。高知市のミカドアゲハ及びその生息地が、特別天然記念物に指定されている。

    ※1977年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      ミカドアゲハ
    原画作者 
      江守 若菜
    版式・刷印 
      グラビア 3色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ25×たて33.5ミリのたて型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      28がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/26

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    (C751)自然保護シリーズ第15集(ゲンジボタル) 初日カバーコレクション

    発行日 1977.7.22

     ゲンジボタルは、鞘翅目ホタル科に属する甲虫の一種で、日本固有の種では最大であり、体長は約12~18㍉である。本州・四国及び九州の各地に分布し、初夏の風物として親しみ深い。しかし近年水田における農薬の使用などの影響で、次第に減少している。滋賀県坂田郡山東町の「長岡ゲンジボタルおよびその発生地」は特別天然記念物に指定されている。

    ※1977年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      ゲンジボタル
    原画作者 
      木村 勝
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ35.5×たて25ミリのよこ型
    シート   
      よこ5×たて4 =20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/5

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    (C771)自然保護シリーズ第18集「サクラソウ」

    発行日 1978.4.12

     サクラソウは。双子葉植物・サクラソウ科に属する多年草である。埼玉県と東京都にまたがって流れる荒川沿岸の「サクラソウ群落」は、名勝地として有名であったが、行楽客に荒らされ、又。都市化の進展に伴い、次第に減少していった。そのため昭和27年に特別天然記念物に指定し、厳重に保護されたので、この付近一帯に昔の姿が残っている。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      サクラソウ
    原画作者  
      江守 若菜
    版式・刷印 
      グラビア3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5 -20面シート
    発行数   
      3,000万枚

    #自然保護シリーズ
    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/31

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    (C752)自然保護シリーズ第16集(ヒメハルゼミ) 初日カバーコレクション

    発行日 1977.8.15

     ヒメハルゼミは半翅目セミ科に属し体長約3㌢の小型のセミである。体は緑色を帯び、これに黒い小斑と淡かつ斑があり、羽根は透明である。シイやカシなどの林に多く見られる。日本では東北地方から北には生息していない。新潟県西頚城郡能生町の「能生ヒメハルゼミ発生地」他2ヶ所が天然記念物に指定され、保護されている。

    ※1977年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      ヒメハルゼミ
    原画作者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 4色 凹版 1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5 =20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/6

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    (C772)自然保護シリーズ第19集 コウシンソウ

    発行日 1978.6.8

     コウシンソウは、双子葉植物、タヌキモ科の多年草で、葉の表面の腺毛で小虫をとらえて消化する食虫植物である。明治23年に栃木県庚申山で、故三好学博士によって発見されたところからこの名がついた。庚申山の「コウシンソウ自生地」は、大正10年に天然記念物に、また昭和27年に特別天然記念物にそれぞれ指定され、保護されている。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      コウシンソウ
    原画作者  
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5 -20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      29がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/31

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    (C773)自然保護シリーズ第20集 コマクサ 初日カバー

    発行日 1978.7.25

     コマクサは、双子葉植物・ケシ科の多年草で、花の形が馬の顔を連想させることから、コマクサ(駒草)と名付けられたといわれる。代表的な高山植物であり、また、霊草として貴重なもののなおで次第に減少していったため、コマクサの群生地として有名な「秋田駒ヶ岳高山植物帯」などが、大正15年に天然記念物に指定され、保護されている。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      コマクサ
    原画作者  
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア3色 凹版1色
    印面寸法  
      よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      よこ4×たて5 -20面構成
    発行数   
      3,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #自然保護シリーズ

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/3

    • 2
    • 0