みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

普通切手

日本の普通切手コレクションをオリジナルリーフにて紹介します。明治時代から令和まで。。。使用済み切手コツコツ集めていきます(^o^)

  • Loading

    菊切手

  • Loading

    旧高額切手

  • Loading

    風景切手

  • Loading

    (BP35)3円切手帳 初日カバーコレクション

  • Loading

    (449)郵便切手自動販売機用20円コイル切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (448)郵便切手自動販売機用10円コイル切手 初日カバー

  • Loading

    (436)郵便切手自動販売機用100円コイル切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (461)普通切手30円 つばき 初日カバーコレクション

  • Loading

    (462)普通切手40円 菜の花ともんしろちょう 初日カバーコレクション

  • Loading

    (464)普通切手50円 ソメイヨシノ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (461,462,464)普通切手図案統一化 第1次 初日カバーコレクション

  • Loading

    (465)普通切手60円 平等院梵鐘 初日カバーコレクション

  • Loading

    (467)普通切手70円 法隆寺金銅小幡 初日カバーコレクション

  • Loading

    (455,467)普通切手図案統一化 第2次

  • Loading

    (472)普通切手170円「弥勒菩薩半跏像」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (473)普通切手260円「一字金輪像」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (476)普通切手410円「摩耶夫人像」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (472,473,476)普通切手図案統一化 第3次

  • Loading

    (481)普通切手60円「平等院梵鐘」コイル切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (BP40)普通切手60円「平等院梵鐘」郵便切手帳 初日カバーコレクション

  • Loading

    (475)普通切手310円「東大寺戒壇院広目天像」初日カバーコレクション

  • Loading

    (478)普通切手600円「広陵寺弥勒菩薩半跏像」初日カバーコレクション

  • Loading

    (475,478)普通切手図案統一化 第4次

  • Loading

    (480)普通切手40円「菜の花ともんしろちょう」コイル切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (469)普通切手80円(人物画象鏡) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (470)普通切手90円(ハート形土偶) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (471)普通切手100円(銀鶴) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (469,470,471)普通切手図案統一化 第5次

  • Loading

    (459)普通切手10円「福寿草」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (460)普通切手20円「てっぽうゆり」 初日カバーコレクション

  • 1
    Loading

    菊切手

    明治32年から明治40年まで使用されていた普通切手です。
    切手の中央に大きく菊花紋章が描かれていることから、菊切手と呼ばれています。5厘から1円まで18種類ありました。

    #切手
    #普通切手

    • いいね!

      57がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/27

    • 8
    • 4
  • 2
    Loading

    旧高額切手

    明治41~大正3年まで使用されていました。
    当時ではかなり高額な5円と10円切手。
    電話架設料等の電話料金の納入などに使用されていました。

    #切手
    #普通切手

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/27

    • 3
    • 0
  • 3
    Loading

    風景切手

     1922年(大正11年)の富士鹿切手発行から3年後の1925年(大正14年)10月1日から外国郵便料金が値下げされた。(印刷物(4銭→2銭)、はがき(8銭→6銭)、封書(20銭→10銭)
    それに伴い新図案切手がUPU(万国郵便連合)が定める印色で発行された。
    ※2銭「富士」には平明版と輪転版が存在
    ※6銭「陽明門」には大正すかし版と昭和すかし版が存在

     1937年(昭和12年)に外国郵便料金が改正され再び値上げされた際には、富士鹿切手と風景切手の組み合わせで発行された。その際には富士鹿切手と風景切手の10銭の配色がともに変更されている。

    #切手
    #普通切手

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/27

    • 6
    • 0
  • 4
    Loading

    (BP35)3円切手帳 初日カバーコレクション

    発行日 1972.1.31

     1972年2月1日からの郵便料金値上げに伴い、第2種(はがき)郵便料金が、7円から10円にあがった。そこで旧来の7円はがきへの加帖用として、3円切手が必要なため、この3円切手帳が発行された。図案のホトトギスはテッペンカケタカと鳴く、むかしからよく親しまれているホトトギス科の鳥で、翼長15~17cm。5月ごろ日本に渡来し、8~9月に南方に去る。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      3円
    図案    
      ホトトギス
    原画作者  
      渡辺 三郎
    版式・刷印 
      グラビア 1色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    ペーン   
      よこ10×たて2=20面で各辺無目打

    #切手
    #普通切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:3 days ago

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    (449)郵便切手自動販売機用20円コイル切手 初日カバーコレクション

    発行日 1972.2.1

     1972年2月1日からの郵便料金値上げに伴い、第1種(書状)郵便の基本料金用として、1月21日に発行された20円松切手をコイル切手にしたものである。従来のコイル切手は1巻500枚であったものを。この切手から1巻1000枚に改めて発行された。図案の松は京都二条城にあるふすま絵からとったもので、江戸時代初期の代表的な画家である狩野探索幽の作。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      松(障壁画)
    原画構成者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      1巻1,000枚

    #切手
    #普通切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:3 days ago

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    (448)郵便切手自動販売機用10円コイル切手 初日カバー

    発行日 1979.4.2

     1979年4月2日から東京中央局はじめ全国十数局で、新型の郵便切手自動販売機が使用された。これに使用されたコイル切手は10円、20円、50円、100円の4種で、このうち10円と100円は新発売である。切手描かれているニホンジカは雄と雌の成獣の夏姿で、冬は白斑がなくなる。ツノは雄のみにある。ニホンジカは本州、四国、九州に分布する

    ※1979年当初の説明です。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      ニホンジカ
    原画作者  
      木村 勝
    版式・刷印 
      グラビア2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      1巻1,000枚

    #切手
    #普通切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 2
  • 7
    Loading

    (436)郵便切手自動販売機用100円コイル切手 初日カバーコレクション

    発行日 1979.4.2

     1979年4月2日から東京中央局はじめ全国十数局で、新型の郵便切手自動販売機が使用された。これに使用されたコイル切手は10円、20円、50円、100円の4種で、このうち10円と100円は新発売である。丹頂鶴は日本のツル類の中で最も大きくて美しい種類で、体は純白、頭頂は赤く額と目先は黒である。釧路の生息地が有名で、特別天然記念物に指定。

    ※1979年当初の説明です。

    額面・種類 
      100円 1種
    図案    
      丹頂鶴
    原画作者  
      長谷部 日出夫
    版式・刷印 
      グラビア2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      1巻1,000枚

    #切手
    #普通切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:1 day ago

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    (461)普通切手30円 つばき 初日カバーコレクション

    発行日 1980.10.1

     新しい30円普通切手に描かれているつばきは、野生種の「やぶつばき」で、本州から沖縄にかけて広く分布する。太平洋側の海岸に近い穏やかな丘陵や島に多く自生し、春に無柄で五弁の赤い花を咲かせる。この種子から取れる椿油は。頭髪用、食用及び橙用として古くから用いられる。なお昭和36年にも花シリーズの1つとして、園芸種のつばき「沖の波」を描いた切手が発行されている。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      30円 1種
    図案    
      やぶつばき
    原画作者 
      山野内 孝夫
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #普通切手

    ■花シリーズ(つばき)
    https://muuseo.com/stamp_collection/items/107

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/10

    • 2
    • 4
  • 9
    Loading

    (462)普通切手40円 菜の花ともんしろちょう 初日カバーコレクション

    発行日 1980.10.1

     菜の花は、そ菜用、搾油用あるいは切り花用として、古くから栽培されている「あぶらな」(なたね)の花である。一般には春に4弁の花を咲かせ、主に油料作物として、九州地方を中心に、全国で栽培されている。もんしろちょうは、鱗(りん)し目シロチョウ科の中形(体長約2cm、羽根の開張約5.5cm)のちょうで、日本全国に分布する。羽の色は表が白く裏は淡黄色で、前羽根に2個、後羽根に1個の黒紋がある・

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      40円 1種
    図案    
      菜の花ともんしろちょう
    原画作者 
      長谷部 日出男
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #普通切手

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/10

    • 2
    • 2
  • 10
    Loading

    (464)普通切手50円 ソメイヨシノ 初日カバーコレクション

    発行日 1980.10.1

     50円普通切手に描かれているさくらは「そめいよしの」である。このさくらは、明治初年ごろ東京染井村(現在の東京都豊島区駒込付近)の植木商によって広められ、全国の公園や堤防などに植えられている、花は一重の五弁花で、葉に先立って咲き、初めは赤味が強く、日がたつにつれ白っぽくなってくる。なお、昭和36年に発行された10普通切手にも、「そめいよしの」が描かれている。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      さくら・そめいよしの
    原画作者 
      長谷部 日出男
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #普通切手

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/15

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    (461,462,464)普通切手図案統一化 第1次 初日カバーコレクション

    発行日 1980.10.1

     郵政省は本年5月に、普通切手図案低額じゃ動植物、高額は工芸品でまとめるという「図案統一」案をしめした。その第1次として、10月1日に30円、40円、50円の3種の新普通切手が発行された。図案は、30円切手が「中尊寺金色堂」から「つばき」に、40円切手が「日光陽明門」から「菜の花ともんしろちょう」に、50円切手は「仏像」から「さくら」にそれぞれ改められた。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      ①30円 ②40円 ③50円
    図案    
      ①つばき ②菜の花ともんしろちょう ③さくら
    原画作者 
      ①山野内孝夫 ②③長谷部 日出男
    版式・刷印 
      ①②③グラビア 3色
    印面寸法  
      ①②③よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      ①②③よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #普通切手

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/15

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    (465)普通切手60円 平等院梵鐘 初日カバーコレクション

    発行日 1980.11.25

     平等院梵鐘(ぼんしょう)は高さ199cm、口径123.6cmの和様型式のもので、平等院建立当時(11世紀中ごろ)に鋳造され、国宝に指定されている。竜頭(りゅうず・梵鐘を釣り下げるための龍の頭の形をすた釣り手)が力強く、その下に笠形、鐘身のバランスがよくとれており、鐘の表面には豊麗な文様が鋳出されている。この形と文様の美しさから、「形の平等院」として、天下の三鐘の一つに数えられる。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      60円 1種
    図案    
      平等院梵鐘
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/29

    • 2
    • 16
  • 13
    Loading

    (467)普通切手70円 法隆寺金銅小幡 初日カバーコレクション

    発行日 1980.11.25

     新しい70円切手の図案は、東京国立博物館の法隆寺献納博物館にあり、重要文化財に指定の金銅小幡(こんごうしょうばん)の一部で、笛吹飛天を描く。金銅小幡は、如来座像、菩薩立像、飛天、獅子ばどを透かし彫りした長方形の金銅板を、ちょうつがいで連結したものである。仏や菩薩の威徳を示す荘厳具(しょうごんぐ・装飾品)として白鳳時代(7世紀後半)に造られ。法隆寺につり下げられていたとされる。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      70円 1種
    図案    
      法隆寺金銅小幡
    原画作者 
      渡邊 三郎
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/26

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    (455,467)普通切手図案統一化 第2次

    発行日 1980.11.25

     郵政省では、本年5がゆに、普通切手の図案を低額は動植物、高額が工芸品でまとめるという「図案統一」案を示した・その第1次としては、10月1日に3種類の新普通切手が発行されたが、その第2次として、11月25日に60円、70円の2種類の新普通切手が発行された。図案は60円切手が「すいせん」から「平等院梵鐘」に、70円切手が「能面(増阿弥の増女)」から「法隆寺金銅小幡」に、それぞれ改められた。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      ① 60円
      ② 70円
    図案    
      ①平等院梵鐘
      ②法隆寺金銅小幡
    原画構成者
      ①森田 基治
      ②渡辺 三郎
    版式・刷印 
      ①②グラビア 2色
    印面寸法  
      ①②よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      ①②よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      ①②制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/31

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    (472)普通切手170円「弥勒菩薩半跏像」 初日カバーコレクション

    発行日 1981.1.20

     弥勒菩薩半跏像は、高さ約40cmの仏像で。東京国立博物館の法隆宝物間にあり、重要文化財に指定されている。半跏像とは左足を踏み下げ、右足を曲げて左足の膝の上にのせるという形式の仏像である。この像は大きな頭部、細い胴、長い手指など大胆なプロポーションをとり、しかも洗練された彫刻美を備えた金銅物仏の一つといわれる。制作年は推古14年(606)と天智5年(666)の二つの説がある・

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      170円 1種
    図案    
      法隆寺弥勒菩薩半跏像
    原画構成者 
      大谷 文人
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/8

    • 2
    • 1
  • 16
    Loading

    (473)普通切手260円「一字金輪像」 初日カバーコレクション

    発行日 1981.1.20

     一字金輪像は、平泉の中尊寺にあり重要文化財に指定されている。一字金輪とは大日如来のことで、仏の中で最高の徳を備えた存在である。この像は高さ76cmで藤原秀衡(1122~1187)が信仰したものと伝えられる。桂材を積木のように横に何段にも積み重ねるように組んだ寄木造りで、像の前半身だけを彫り出して後半身がないのが珍しい。丸顔のほおに薄く紅があることから「人肌の大日」と通称される・

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      260円 1種
    図案    
      一字金輪像
    原画作者 
      渡辺 三郎
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      48がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/12

    • 2
    • 2
  • 17
    Loading

    (476)普通切手410円「摩耶夫人像」 初日カバーコレクション

    発行日 1981.1.20

     摩耶夫人像は。東京国立博物館の法隆寺宝物館にあり重要文化財に指定されている。「摩耶夫人および綏女像」のうちの一部分である。この作品は銅造で7世紀初期に作られ、摩耶夫人は約17cm、綏女は10cmの大きさで、釈迦の母、摩耶夫人の右脇下から釈迦が誕生したとういう経典の説話の情景を表したもの。夫人の右袖口から、合掌した姿の小さな釈迦がみられ、小像ながら充実した造形性を備えている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      410円 1種
    図案    
      摩耶夫人像
    原画作者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/15

    • 2
    • 1
  • 18
    Loading

    (472,473,476)普通切手図案統一化 第3次

    発行日 1981.1.20

     郵政省では、1980年5月に、普通切手の図案を低額は動植物、高額が工芸品でまとめるという「図案統一」案を示した。1980年10月1日に第1次として3種、11月25日に第2次として2種の新普通切手が発行された。第3次として1月20日に170円、260円、410円の3種類の新普通切手が発行された。図案は170円切手が「法隆寺弥勒菩薩半跏像」を260円切手が「一字金輪像」を、410円切手が「摩耶夫人像」をそれぞれ描いている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      ① 170円
      ② 260円
      ③ 410円
    図案    
      ①法隆寺弥勒菩薩半跏像
      ②一字金輪像
      ③摩耶夫人像
    原画構成者
      ①大谷 文人
      ②渡辺 三郎
      ③菊池 吉晃
    版式・刷印 
      ①②③グラビア 2色
    印面寸法  
      ①②③よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      ①②③よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      ①②③制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/11

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    (481)普通切手60円「平等院梵鐘」コイル切手 初日カバーコレクション

    発行日 1981.1.20

     1月20日の第1種郵便料金の値上げにともない、60円コイル切手が発行された。図案の「平等院梵鐘」は昭和55年11月25日発行の60円切手と同じである。この梵鐘は、高さ199cm、口径123.6cmの和様型式のもので、平等院建立時(11世紀中頃)に鋳造され、国宝に指定されている。龍頭(梵鐘を釣り下げるための龍の頭の形をした釣り手)が力強く、その下の笠形、鐘身のバランスが整っている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      60円 1種
    図案    
      平等院梵鐘
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    1巻   
      1,000枚
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 2
    • 0
  • 20
    Loading

    (BP40)普通切手60円「平等院梵鐘」郵便切手帳 初日カバーコレクション

    発行日 1981.2.20

     新郵便切手帳は、昭和55年11月25日に発行の60円普通切手を5枚組み合わせて1ペーンとし、表紙を糊づけしたものである。ペーンの右半分は60円切手の田型で、左半分は60円切手1枚と、余白に「あて名は詳しく正確に 郵便番号ははっきりと」の標語が入っている。切手の図案は「平等院梵鐘」である。表紙は黄緑色で、図案も新しくなった。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      60円 1種 5枚組み合わせ
    図案    
      平等院梵鐘
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/18

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    (475)普通切手310円「東大寺戒壇院広目天像」初日カバーコレクション

    発行日 1981.3.16

     広目天像(高さ約160cm)は、奈良東大寺戒壇院にある四天王像のうちの一つで、国宝に指定されており、切手にはその上半身が描かれている。天平時代の傑作といわれ、いずれも塑造(粘土造り)、色彩もので、静と動、それぞれ異なったポーズをとる。広目天像は。筆と経巻を持ち、足のしたに邪鬼を踏みつけているが、視線は何か永遠なものに向けられている、費用に静的なかたちで表現されている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      310円 1種
    図案    
      東大寺戒壇院広目天像
    原画構成者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/27

    • 2
    • 2
  • 22
    Loading

    (478)普通切手600円「広陵寺弥勒菩薩半跏像」初日カバーコレクション

    発行日 1981.3.16

     京都広陵寺の弥勒菩薩半跏像(高さ約84cm)は、国宝に指定されており、片手の手をほおにあてて思考にふける、右足を曲げて左足の膝の上にのせるポーズをとっている。宝冠から仏身、台座に至るまで蓮花座の一部を除いて、アカマツの一本造りの彫刻であり、瞑想的な顔つき、ほっそりとした体、ほおのあたりにあげた右手の指先の形など、崇高な精神を象徴する効果を出している。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      600円 1種
    図案    
      広陵寺弥勒菩薩半跏像
    原画構成者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/27

    • 2
    • 1
  • 23
    Loading

    (475,478)普通切手図案統一化 第4次

    発行日 1981.3.16

     郵政省では、1980年5月に、普通切手の図案を低額は動植物、高額が工芸品でまとめるという「図案統一」案を示した。1980年10月1日に第1次として3種、11月25日に第2次として2種、今年の1月20日第3次として3種類の切手が発行されたが、その第4次として3月16日に310円、600円に2種の切手が発行された。図案は310円切手が「東大寺戒壇院広目天像」を、600円切手が「広陵寺弥勒菩薩半跏像」をそれぞれ描いている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      ① 310円
      ② 600円
    図案    
      ①東大寺戒壇院広目天像
      ②広陵寺弥勒菩薩半跏像
    原画構成者
      ①菊池 吉晃
      ②森田 基治
    版式・刷印 
      ①グラビア 2色
      ②グラビア 3色
    印面寸法  
      ①②よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      ①②よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      ①②制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/28

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    (480)普通切手40円「菜の花ともんしろちょう」コイル切手 初日カバーコレクション

    発行日 1981.4.1

     4月1日の郵便料金値上げにともない、40円コイル切手が発効された。図案の菜の花ともんしろちょうは昭和55年10月1日発行の40円切手と同じである。菜の花は、一般に、春に4弁の花を咲かせ、主に油料作物として、九州地方を中心に、全国で栽培されている。もんしろちょうは、鱗(りん)し目シロチョウ科の中形のちょうで、日本全国に分布する。羽の色は表が白く裏は淡黄色で、羽根に黒紋がある。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      40円 1種
    図案    
      菜の花ともんしろちょう
    原画作者 
      長谷部 日出夫
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    1巻   
      1,000枚
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/30

    • 2
    • 0
  • 25
    Loading

    (469)普通切手80円(人物画象鏡) 初日カバーコレクション

    発行日 1981.7.10

     80円普通切手の図案は、東京国立博物館にあり国宝に指定の人物画象鏡を描く。これは古くから中国にある画象鏡をまねて、わが国で鋳造された銅鏡で、和歌山県橋本市の隅田八幡神社に伝わるものである。直径20cmの円形で、鏡の背面には騎馬人や舞人などが配されている。鏡の外縁の内側には、作鏡の由来を述べた、48文字からなる銘文があり、歴史的に重要な価値をもつといわれている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      80円 1種
    図案    
      人物画象鏡
    原画構成者 
      大谷 文人
    版式・刷印 
      グラビア 2色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/8

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    (470)普通切手90円(ハート形土偶) 初日カバーコレクション

    発行日 1981.7.10

     90円普通切手の図案は、東京国立博物館にあり重要文化財も指定のハート形土偶の上部を描く。これは群馬県吾妻町の郷原遺跡から発見され、顔面がハート形の高さ31cmの全身像である。大きな鼻や目、先を下に折りまげた開いた腕、細い胴、そして内にまげ地を踏まえた太い両脚などのコントラストが、土偶全体の安定感を与えている。また、土偶の体部には、縄文時代後期の土器にみられる文様が刻まれている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      80円 1種
    図案    
      ハート形土偶
    原画構成者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/8

    • 2
    • 6
  • 27
    Loading

    (471)普通切手100円(銀鶴) 初日カバーコレクション

    発行日 1981.7.10

     100円普通切手の図案は、奈良・春日大社の若宮御料古神宝類で、国宝に指定の銀鶴を描く。これは平安時代後期の作品といわれ、高さ13cmの精巧なものである。胴部は上下2枚のやや厚手の銀板を槌出しで作られ、翼など羽毛の部分には鋤彫(すきぼり)がほどこされ、頭部と足部は別材で継ぎたしてある。また、足の下では枘(ほぞ)のある留金が突出しており、もとは何らかの台の上に置かれていたと考えられている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      80円 1種
    図案    
      銀鶴
    原画構成者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/8

    • 2
    • 0
  • 28
    Loading

    (469,470,471)普通切手図案統一化 第5次

    発行日 1981.7.10

     郵政省は1980年5月に、普通切手の図案を低額は動植物、高額が工芸品でまとめるという「図案統一」案を示した。1980年10月1日、11月25日に第1次、第2次として5種、1月20日、3月16日、第3次、第4次として5種の新普通切手が発行されたが、その第5次として7月10日に80円、90円、100円の新普通切手が発行された。図案は80円切手が「人物画像鏡」を、90円切手が「ハート形土偶」を、100円切手が「銀鶴」をそれぞれ描いている。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      ① 80円
      ② 90円
      ③ 100円
    図案    
      ①人物画像鏡
      ②ハート形土偶
      ③銀鶴
    原画構成者
      ①大谷 文人
      ②③菊池 吉晃
    版式・刷印 
      ①グラビア 2色
      ②③グラビア 3色
    印面寸法  
      ①②③よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      ①②③よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      ①②③制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/15

    • 2
    • 0
  • 29
    Loading

    (459)普通切手10円「福寿草」 初日カバーコレクション

    発行日 1982.7.5

     10円普通切手の図案は「福寿草」を描く。福寿草は、山地に自生し、また栽培されて、早春に直径が3~4センチの黄色の美しい花をつける多年草である。本州や九州では山地に多いが、北海道では平地にも見られる。日本のほかでは、中国北部、東シベリア島に分布する。福寿草という名や大きな美しい花を早春につけるため、正月の飾り花として広く栽培されており、多くの園芸品種もある。

    ※1982年当初の説明で。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      福寿草
    原画作者 
      東住井 良臣
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリ たて型
    シート構成
      よこ10×たて10=20面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/5

    • 2
    • 0
  • 30
    Loading

    (460)普通切手20円「てっぽうゆり」 初日カバーコレクション

    発行日 1982.7.5

     20円普通切手の図案は「てっぽうゆり」を描く。ゆりの種類は100種近くあり、日本にも多いが、てっぽうゆりは、沖縄諸島に多く自生し、丈は50~100センチになり、葉は先がとがって光沢がある。開花は6月ごろで、長さは15~20センチ、色は純白、またはごく薄く緑がかることもあり、芳香がある。花がラッパ状の筒型であることから、てっぽうゆりの名があり、日本へは江戸時代に入ってきた。

    ※1982年当初の説明で。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      てっぽうゆり
    原画作者 
      久野 実
    版式・刷印 
      グラビア 3色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリ たて型
    シート構成
      よこ10×たて10=20面構成
    発行数   
      制限なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/8

    • 2
    • 0