みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

古典芸能シリーズ(1970年~1972年)全4集

日本の伝統的古典芸能をテーマに全4集、12種類の切手が固定芸能シリーズとして発行されました。

  • File

    (C564-565)古典芸能シリーズ第3集(文楽) 初日カバー

  • File

    (C566)古典芸能シリーズ第3集(文楽) 初日カバー

  • File

    (C567-568)古典芸能シリーズ第4集 (能) 初日カバー

  • File

    (C569)古典芸能シリーズ第4集 (能) 初日カバー

  • 1
    Loading

    (C564-565)古典芸能シリーズ第3集(文楽) 初日カバー


    発行日 1972.3.1

     熊谷陣屋は平家物語から題材をとった一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)の三段目にあたる場面で須磨の浦で、平家方の若武者の敦盛の身代わりに、わが子の小次郎を討ちとった。熊谷直実を描いている。
     野崎村は、近松半二が描いた新版歌祭文(しんぱんうたさいもん)の上巻にあたる場面で、久松を慕って野崎村までたずねてきたお染が、久松をかきくどいているところである。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円2種
    図案    
      ①熊谷陣屋
      ②野崎村
    原画構成者 
      ①渡辺三郎
      ②久野 実
    版式・刷印 
      ①グラビア4色
      ②グラビア5色
    印面寸法  
      ①よこ27×たて31ミリのたて型
      ③よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      ①②よこ4×たて5=20面構成
    発行数
      ①②3,200万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #古典芸能シリーズ

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    (C566)古典芸能シリーズ第3集(文楽) 初日カバー

    発行日 1972.3.1

     わが国古来の伝統芸能を内外に紹介する目的で発行され、第3集には文楽がとりあげられた。
     阿波の鳴門は近松門左衛門の書いた「夕霧阿波の鳴門」を近松半二、竹本三郎兵衛らの合作で改作したもので、1768年(明和5)、松竹座で初演された。切手にとりあげられたのは、十段のうちの八段目の「巡礼歌」といわれる場面で、巡礼もまって親をたずねるおつると、母親のお弓を描いている。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円1種
    図案    
      阿波の鳴門
    原画構成者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      階調凹版3色 ドライオフセット3色
    印面寸法  
      よこ48×たて33ミリのよこ型
    シート   
      よこ2×たて5=10面構成
    発行数
      1,800万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #古典芸能シリーズ

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    (C567-568)古典芸能シリーズ第4集 (能) 初日カバー

    発行日 1972.9.20

     田村は平安時代の武将。坂上田村麻呂が観音の仏力を得て、鬼人を退治したという伝説を脚色したもので、いわゆる修羅物(武人の能)に分類される。(演者は後藤得三)

     葵上(あおいのうえ)は四番目ものに分類される曲で源氏物語に取材し、女性の愛の悲しさと、嫉妬の恐ろしさを表現した、能の中でももっとも多く上演される人気曲である。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      ①20円 2種
    図案    
      ①田村
      ②葵上
    原画作者 
      ①渡辺 三郎
      ②清水 隆志
    版式・刷印 
      ①階調凹版 3色
      ②グラビア 5色
    印面寸法  
      ①②よこ25×たて35.5ミリのたて型
    シート   
      ①②よこ4×たて5=20面構成
    発行数
      ①②4,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #古典芸能シリーズ

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/8

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    (C569)古典芸能シリーズ第4集 (能) 初日カバー

    発行日 1972.9.20

     わが国古来の伝統芸能を内外に紹介する目的で発行され、第4集には能が採り上げられた。
     羽衣(はごろも)は、有名な羽衣伝説に取材した、もっともポピュラーな曲として知られ、鬘(かつら)者に分類される。切手図案は、漁夫に拾われた羽衣をふたたび得た天女が、歓喜の舞を舞う場面である。印面右側の松は、三保の松原を表している(演者は宝生九郎)。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      50円 1種
    図案    
      羽衣
    原画作者 
      大塚 均
    版式・刷印 
      グラビア 5色
    印面寸法  
      よこ48×たて32ミリのよこ型
    シート   
      よこ2×たて5=10面構成
    発行数
      2,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #古典芸能シリーズ

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/8

    • 2
    • 0