みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

年賀切手

年賀切手は年賀状のやり取りをする郵便物に貼るために発行されるものです。 日本で年賀状を元旦に配達する年賀郵便特別取扱が始まったのは1899年からで、普通官製はがきや私製はがき(1900年以降)が使われていたが、年賀状に使用するための切手や葉書を発行することはなかった。 昭和に入り年賀状の取扱いが増大したことから、逓信省(現在の日本郵政)は、当時大半を占めていた私製年賀葉書の利用者のサービスとして年賀切手を発行することになった。これは年賀状を可能な限り早く差し出してもらうことも意図していた。最初の年賀切手は「昭和十一年年賀用切手」で、1935年12月1日に発行されています。

  • Loading

    (N29)1973年用 年賀切手 初日カバー

  • Loading

    (N30)1974年用年賀切手 梅竹透釣燈龍 初日カバー

  • Loading

    (N31)1975年用年賀切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N32)1976年 年賀切手 ≪たつぐるま≫ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N33)1977年用 年賀切手(郷土玩具「竹へび」) 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N35)1979年 年賀切手≪ひつじ鈴≫ 初日カバー

  • Loading

    (N34)1978年 年賀切手≪飾り馬≫ 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N36)1980年用 年賀切手≪喜々猿≫ 初日カバー

  • Loading

    (N37)1981年用年賀切手 郷土玩具「にわとり」 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N38)1982年用 年賀切手 初日カバーコレクション

  • Loading

    (N38A)1982年用 年賀小型シート 初日カバーコレクション

  • 1
    Loading

    (N29)1973年用 年賀切手 初日カバー

    発行日 1972.12.10

     図案の「色絵土器皿」は、江戸時代の陶工で、画家でもあった尾形乾山の作なるものである。色つきの素地の上に装飾的に白釉(うわぐすり)がかかり、簡単な梅模様が描かれている。乾山の作品の中でも雅味とはなやかさのある独特の趣を備えた逸品として知られている。本年からは年賀切手の図案は、古美術作品のなかっから新春にふさわしいものを選ぶことがとなった。

    ※1972年当初の説明です。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      色絵土器皿(梅模様)
    原画構成者 
      久野 実
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      1億枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 2
  • 2
    Loading

    (N30)1974年用年賀切手 梅竹透釣燈龍 初日カバー

    発行日 1973.12.10

     「梅竹透釣燈龍」は、千葉市内千葉寺境内から出土した。総高31cm、台径30cmの六角形の鋳銅製釣燈籠で、六角にしきった火袋の羽目板と扉に梅と竹の模様があらわされており、重要文化財に指定されている。この釣燈には「愛染堂之釣燈、大旦主牛尾兵部輔、天文19年(1550)庚戍七月二十八日、下総国千葉庄、池田之郷千葉寺」の銘文がみられる。東京国立博物館に所蔵。

    ※1973年当初の説明です。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      梅竹透釣燈龍
    原画作者 
      清水 隆志
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      1億枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/26

    • 2
    • 1
  • 3
    Loading

    (N31)1975年用年賀切手 初日カバーコレクション

    発行日 1975.12.10

     1975年用の年賀切手の図案に採用された「水仙の釘隠し」は、桂離宮の新書院の長押につけられた、水仙の図案の、釘を隠すための装飾品で、花が金、葉が銀で造られている。寸法はよこ14.2cm。襖障子の引手金具などとともに、華麗で装飾的なものである。桂離宮は京都にある皇室の別荘(離宮)で、1620年(玄和6)に創られた。建築と造園の技術が見事に調和した建物となっている。

    ※1974年当初の説明です。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      水仙の釘隠し
    原画作者 
      渡辺 三郎
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ22.5×たて18.5ミリのよこ型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/9

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    (N32)1976年 年賀切手 ≪たつぐるま≫ 初日カバーコレクション

    発行日 1975.12.13

     1976年用年賀切手の図案は、今回から再び干支にちなんだもので、「たつぐるま」がえらばれた。「たつぐるま」は、わが国でも代表的な張子細工の産地、福島県田村郡三春町で、毎年干支にちなんで作られる郷土玩具のひとつで、「たつ」に両輪をつけたものである。江戸時代から伝わる彩色した張子細工であるが、近年は次第に姿を消してきている。

    ※1975年当初の説明です。

    額面・種類 
      10円 1種
    図案    
      郷土玩具「たつぐるま」
    原画作者 
      菊地 吉晃
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      8,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/26

    • 2
    • 5
  • 5
    Loading

    (N33)1977年用 年賀切手(郷土玩具「竹へび」) 初日カバーコレクション

    発行日 1976.12.1

     郷土玩具「竹へび」は、神奈川県阿夫利神社の参けい土産として、江戸時代から伝えられている。製作は竹を短く輪切りにし、針金でつないで細長くしたあと、緑色と黄色に彩色してある。「竹へび」は長めに切った一端をもって水平に動かすと、にょろにょろと動き、口からは赤い舌を出しており、へびの特徴をよくとらえている。

    ※1976年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      郷土玩具「竹へび」
    原画構成者 
      久野 実
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのよこ型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/19

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    (N35)1979年 年賀切手≪ひつじ鈴≫ 初日カバー


    発行日 1978.12.1

     昭和54年用年賀切手は、秋田・中山の郷土玩具「ひつじ鈴」を画題としている。中山人形は、九州鍋島藩の陶工が盛岡に移って、中山の良質の土を発見し、土偶を焼いたのが始まりである。中山の土人形は明快な色彩で優雅なものが多く。歌舞伎人形、節句人形などが多いが、その中では素朴な感じの作品である。

    ※注意 1978年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      郷土玩具「ひつじ鈴」
    原画作者  
      久野 実
    版式・刷印 
      グラビア 5色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 -100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    (N34)1978年 年賀切手≪飾り馬≫ 初日カバーコレクション

    発行日 1977.12.1

     「飾り馬」は京都・伏見の郷土玩具である。伏見人形の歴史は古く、全国各地にみられる土人形の祖といわれ、現在でも数百年前と推定される多くの人形の原型や土型が伝えられている。この「飾り馬」もその一つで、伏見人形窯元の大西家に保存されている土型より制作された置物の玩具で、礼儀用に飾り立てられ、60㌢以上もある立派なものである。

    ※1977年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      郷土玩具「飾り馬」
    原画作者 
      久野 実
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/18

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    (N36)1980年用 年賀切手≪喜々猿≫ 初日カバー

    発行日 1979.12.1

     「喜々猿」は堺市西湊町の湊焼の窯元で制作されており、最近まで大阪の住吉大社で行われる住吉祭などに、境内のみやげ物店などで売られていた。「喜々猿」は顔の部分にだけ採色し、あとは素焼きのまま重ねてあるが、重ねた感じが顔・手・足などによる組み合わせによって、ひとつのリズム感を生み出している。キキという猿の叫びは喜びが重なるという意味で演技を祝うものとされている。

    ※1979年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      郷土玩具「喜々猿」
    原画作者 
      森田 基治実
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    (N37)1981年用年賀切手 郷土玩具「にわとり」 初日カバーコレクション

    発行日 1980.12.1

     「にわとり」は長野県中野市の郷土玩具の土人形である。この土人形は今から約170年前に、人形作り初代の栄吉が、京都で伏見の土人形を知り、多くの人形の型を持ち帰り。さらに伏見から土人形の職人を招いて、作り始められたものといわれる。人形の型は初代以来同じもので、現在約70種の大小の型が残っている。「にわとり」の土人形は、高さ約10cmで、造形及び色彩が親しみやすくかわいらしい。

    ※1980年当初の説明です。

    額面・種類 
      20円 1種
    図案    
      郷土玩具「にわとり」
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10 =100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/5

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    (N38)1982年用 年賀切手 初日カバーコレクション

    発行日 1981.12.1

     「犬」は山形県米沢市の郷土玩具の土人形である。この土人形は今から約200年前、米沢藩の相良清左衛門により作りはじめられたことから、相良人形と呼ばれる。相良人形は素朴な中に、優雅さと気品をもち、その手法は古法をを守り、時代によって着色や模様に変化がみられる。昔から伝わる型は約200といわれるが、動物のものは少なく、「犬」を題材としたものは、現在4種ぐらいしか作られていなし。

    ※1981年当初の説明です。

    額面・種類 
      40円 1種
    図案    
      郷土玩具「犬」
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ18.5×たて22.5ミリのたて型
    シート   
      よこ10×たて10=100面構成
    発行数   
      5,000万枚

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/21

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    (N38A)1982年用 年賀小型シート 初日カバーコレクション

    発行日 1982.1.20

     この年賀小型シートは、お年玉つき年賀はがきの4等商品で「犬」を描いた1982年用年賀切手を2枚組み合わせたものである。「犬」は山形県米沢市の郷土玩具の土人形で、今から約200年前から作られている。昔から伝わる型は約200といわれるが、動物にものは少なく、「犬」を題材としたものは、現在4種ぐらいしか作られていない。

    ※1982年当初の説明で。

    額面・種類 
      40円 2枚組み合わせ
    図案    
      郷土玩具「犬」
    原画作者 
      森田 基治
    版式・刷印 
      グラビア 4色
    印面寸法  
      よこ93.5×たて72ミリ
    発行数   
      発表なし

    #切手
    #初日カバー
    #FDC
    #年賀切手

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/21

    • 1
    • 0