みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

アメリカ50州切手コレクション

アメリカの50の州にちなんだ切手(州旗、州の動物、花、鳥など)を集めたコレクションです。リーフのイラストも素敵です。

  • File

    デラウェア州「アメリカ50州切手コレクション」

  • File

    ペンシルバニア州「アメリカ50州切手コレクション」

  • File

    ニュージャージー州「アメリカ50州切手コレクション」

  • 1
    Loading

    デラウェア州「アメリカ50州切手コレクション」

    ■切手
    ①1976. 2.23 発行「デラウェア州旗」
    ③1987. 6.13 発行 州の動物「ツバメ」
    ④1982. 4.14 発行 州の鳥・花「ブルー・ヘン・チキンとモモの花」
    ②1987. 7. 4 発行「州の紋章」

    ■イラスト
    「ドーバー市の自由の鐘」」

     デラウェアは大西洋に接する小州で、全長177キロ、幅56キロという広さはカリフォルニア州ロサンゼルス郡の半分である。人口は、1980年に約60万で、隣接のフィラデルフィアの3分の1にすぎない。こういう小州がテキサス、カリフォルニアなどと並んで幅広い主権と独自の立法を持った州として存在し、大州と同じように2人の代表を連邦上院に送っているのは、いかにも様々なものが混在するアメリカらしい。植民地時代からこの州の歴史を振り返って見ると、この地には良い港もなく、煙草も米もとれず、結局誰もほしがらないので一つの植民地、州として残ったことが分かる。そのくせ1787年12月7日に連邦憲法を批推したいということで、ファースト・ステート(最初の州)と誇らしげに自称しているのもアメリカの小州らしい。

     この州は南北戦争の時まで奴隷州であったので、州南都の農業地帯や、海岸地域には南部的な雰囲気が感じられる。ニューキャッスルの小さな波止場に立っていると、今でもオランダあたりからの帆船が入港してくるような気さえする。州都は、州中部農業地帯の中心地小都市ドーバーだが、ここには植民地時代の雰囲気が色濃く残っている。

     デラウェアで目立つのは、州北部のウィルミントンを中心にして州全体に君臨するデュポン家の影響である。、この州の会社方はきわめてリベラルで、そのため全米500の大企業の半数以上と多くの中小企業がこの州を法律上の根拠地としている。その中で圧倒的な力をしめしているのが、E・I・デュポン・ド・ネムーア社、いわゆるデュポン社である。

     デュポン社は、1800年アメリカへ来たフランスの小貴族、ピエール・デュポンが、ウィルミントン近くに火薬工場を建てのに始まる。その後何回かの戦争を通じて事業を拡大し、製品を多様化し、巨大企業となった。デュポン社の関係者は、州の政治、マスメディア、銀行、不動産業、あるいはデラウェア大学にまで絶大な影響力を及ぼしている。

     ウィルミントンの中心はスラム化が進み、人口も減りだしたが、最近は都市再開発、美化のための努力がなされつつある。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/11/10

    • 5
    • 3
  • 2
    Loading

    ペンシルバニア州「アメリカ50州切手コレクション」

    ■切手
    ①1976. 2.23 発行「ペンシルバニア州旗」
    ②1987. 6.13 発行 州の動物「オジロジカ」
    ③1982. 4.14 発行 州の鳥・花「エリマキライチョウとカルミア(アメリカシャクナゲ)」
    ④1987. 8.27 発行「フィラデルフィアの独立記念館」
    ■イラスト
    「フィラデルフィアの独立記念館」

     ペンシルベニア州は、マサチューセッツ、ニューヨーク、バージニアなどの州と並び、アメリカ史の宝庫である。州名は「ペンの森」を意味し、この植民地を建設したクエーカーのウイリアム・ペンに由来する。そのペンから始まり、ベンジャミン・フランクリン、独立宣言、自由の鐘、大陸会議、憲法制定会議、南北戦争時のゲティスバーグの戦い等、この州にまつわる歴史的人物、事件、史跡は枚挙にいとまがない。

     1979年3月28日この州で世界を驚かせた大事件がおこった。スリー・マイル島の発電用原子炉が故障し、放射能に汚染された水とガスが流出したのである。この事件は、地元のペンシルバニア州には特別の意味を持っていた。鉄鋼、石炭、レイルを中心に繁栄していた州の産業は、1920年代、30年代、そして第二次世界大戦後と下降ぎみだったが、この事件がそれに追いうちをかけるような形になったのである。

     フィラデルフィアは歴史的、文化的にいぜんとして重要な大都市であるが、独立当時アメリカの政治、経済、文化の中心だったこの都市は、連邦政治をワシントンに、州政治をハリスバーグに、経済、文化をニューヨークに奪われて、その影は薄くなっている。その反面住民の団結力は強く、地元プロ野球フィリーズを熱狂的に応援し、映画「ロッキー」がここで撮影されると有頂天になる。

     1970年代後半に入って州政府と地域社会は、先端産業育成と社会資本の投入によって州の再生に努力しているが、その成功例とみなされているのが、鉄の町、ピッツバーグである。アレゲニー川とモノンガヒラ川が合流してオハイオ川になる地点に発達したこの都会は、USスティール会社を核とする鉄鋼の町として栄えたが、第二次世界大戦後は日本など外国鉄鋼会社に押されて衰退の一途をたどっていた。しかし先端産業の育成と教育・文化の振興という再生策がようやく実り、最近はあらゆる要素を統合しての「暮らし易さの順位」では、全米一位の都市にランクされている。ついでだが第二位はボストン、第三位はノースカロライナ州のローレイ、ダラム、チャペルヒル地域である。

    #切手

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/11/23

    • 5
    • 2
  • 3
    Loading

    ニュージャージー州「アメリカ50州切手コレクション」

    ■切手
    ①1976. 2.23 発行「ニュージャージー州旗」
    ②1982. 4.14 発行 州の鳥・花「オオゴンヒワとスミレ」
    ③1987. 6.13 発行 州の動物「アカフウキンチョウ」
    ④1987. 9.11 発行「清教徒の農民」
    ■イラスト
    「プリンストンの街」

     この州はイギリスから独立した「最初の13州」の中で小州の一つである。面積から言えば50州中46番目の小ささで、ガーデン・ステート(庭園の州)というあだ名もある。

     なるほど、州北西部アパラチア山脈山麓と大西洋岸の自然は大変美しい。野菜の他、桃、りんごの小規模経営が盛んで、特にこの州の野菜はニューヨークなど大都市の市場で評価がいい。州を南北に走るガーデンステート・ハイウエイに車を乗り入れると、まるで緑濃い公園の中をドライブしているような錯覚さえする。

     その一方、この州の幹線道路、ニュージャージー・ターンパイクはいつも混みあい、周辺にあまりきれいでない工場が続く。それは化学工業を中心として各種工業が集中していると同時に、北東のニューヨーク、南西のフィラデルフィアという大都市に接し、この州の相当部分がこれら2大都市に含まれているからである。

     この州を代表する場所といえば、そらく次の2箇所であろう。その一つは大西洋岸の観光地、アトランティック・シティ。ここにはかつて海岸沿いに壮大な19世紀風のホテルが立ち並び、板敷きの遊歩道とあいまってそれなりに品格のある雰囲気でがあった。しかし大不況の時代から1970年代にかけて次第に観光地としては落ちめになった。ところが1976年カジノ賭博が合法化されると数年でアメリカ最大のギャンブルの町になったのである。現在町の雰囲気は残念ながらけっして上品とはいえないものになってしまっている。

     これと対照的に静かで知的な雰囲気を持つのが、州中央部にある大学町、プリンストンである。この町の中心。プリンストン大学は、教授と学生の比率、大学院教育の質の高さではアメリカで群を抜いている。この町にはかつてアインシュタインが研究を続けた高等研究所もある。プリンストンは、大学関係者でけでなく、新聞、銀行、出版、広告関係者など、多くの知識人が住み、ここからニューヨークまで汽車を利用して通勤していることでも有名である。

    #切手

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/30

    • 2
    • 0