#自動車

ミューゼオ・スクエアに公開されている自動車に関する記事一覧です。ミューゼオ・スクエアは、万年筆から革靴まで、モノとの暮らしが楽しみになる情報が集まるWEBマガジンです。

99%のクルマと、1%のクルマ|驚きのジャガー2025年から全車EV化とコンティニュエーションシリーズ_image

99%のクルマと、1%のクルマ|驚きのジャガー2025年から全車EV化とコンティニュエーションシリーズ

日本カー・オブ・ザ・イヤーで選考委員を務め、『10年10万キロストーリー』をはじめクルマに関する数々の著書を執筆、国内外のモータースポーツを1980年代後半から広く取材していた自動車ジャーナリストの金子浩久氏。今回、「99%のクルマと、1%のクルマ」をテーマに、過去・現在・未来のクルマについて解説していく連載がスタートしました。

99%のクルマと1%のクルマとは?まずは、それぞれのクルマをとりまく背景と魅力について、「ジャガー」を例に教えてもらいます。

ダイハツ、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売_image

ダイハツ、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売する。東京オートサロン2019に市販予定車として出展するとともに、2019年1月11日(金)から専用WEBサイトで商談希望者の募集を開始する。生産、納車は2019年4月以降を予定している。

来年度発売5周年を迎えるコペンを盛り上げる狙いだ。

訪日土産に最適!かっこいい日本の新幹線が"手のひらサイズのシンプルな鉄道おもちゃ"として登場!_image

訪日土産に最適!かっこいい日本の新幹線が"手のひらサイズのシンプルな鉄道おもちゃ"として登場!

株式会社ポポンデッタは、木製の鉄道玩具シリーズ「moku TRAIN(モクトレイン)」を2018年12月に発売します。

訪日外国人のほとんどが利用する日本の鉄道。手のひらサイズでお土産にも最適な製品になっています。

プレミアムe-bikeブランド「BESV」から、e-Road Bike【JR1】/e-Urban Bike【JF1】の2モデルがNEWリリース。7月1日よりBESV正規販売店にてご予約受付開始_image

プレミアムe-bikeブランド「BESV」から、e-Road Bike【JR1】/e-Urban Bike【JF1】の2モデルがNEWリリース。7月1日よりBESV正規販売店にてご予約受付開始

プレミアムe-bike「BESV」を取り扱う株式会社BESV JAPAN(ベスビージャパン)から、e-Road Bike【JR1】、e-Urban Bike【JF1】の2モデルを新たにリリースいたします。それに伴い、2018年7月1日(月)より、BESV正規販売店で予約受付を開始します(発売は2018年8月24(金)を予定)。

京王ライナーの運行開始を記念して5000系車両の新グッズを発売します!_image

京王ライナーの運行開始を記念して5000系車両の新グッズを発売します!

2月25日(日)から
京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、2月25日(日)から、京王れーるランドにて、当社初の座席指定列車(愛称:京王ライナー)として使用する「5000系車両」の様々な鉄道グッズを発売します。

アルカンターラ社、TheArsenaleとコラボレーション ネットショップ thearsenale.com の公式オープンを記念してアルカンターラ® コンセプトストアに商品を展示_image

アルカンターラ社、TheArsenaleとコラボレーション ネットショップ thearsenale.com の公式オープンを記念してアルカンターラ® コンセプトストアに商品を展示

【ミラノ発】メイド・イン・イタリアの高級素材メーカであるアルカンターラ社(本社:イタリア・ミラノ市)は、ミラノで開催された「2017 フオーリサローネ」と同時期に、TheArsenaleとの独自のコラボレーションとなる「モビリティにおけるデザイン」を実施。アルカンターラ® コンセプトストアで発表、展示しました。

老若男女誰もが憧れた80年、90年の国産車。今でも衰えぬ魅力を探しにトヨタ博物館へ_image

老若男女誰もが憧れた80年、90年の国産車。今でも衰えぬ魅力を探しにトヨタ博物館へ

高級クーペの先駆けとなったトヨタ・ソアラ、デートカーの元祖マツダ・ファミリア、いまだに高い人気を誇るトヨタ・カローラレビン──自動車ファンからいまだに熱い注目を集める80年代から90年代にかけて登場した国産車。人びとがいまだに熱狂する当時のクルマたちの魅力を、トヨタ博物館で改めて確認する。

今は亡き“尖った”スポーツカーにアラフィフが熱狂! ユーザーがホンダNSXにハマる理由とは_image

今は亡き“尖った”スポーツカーにアラフィフが熱狂! ユーザーがホンダNSXにハマる理由とは

燃費や室内空間の広さを売りに「移動手段」としての価値をアピールするクルマが多くを占める国産車。だが、振り返ると趣味性が高く「嗜好品」としての魅力を持つ国産車も少なからず存在した。そんなクルマたちを取り上げるこの企画の第一弾は、1989年に発表された国産高級スポーツカー、ホンダNSXだ。