RIMOWA(リモワ)のTOPAS STEALS(トパーズ ステルス)。快適な旅に必須な相棒

取材日: 2015年8月26日

取材/廣瀬 文

RIMOWA(リモワ)のTOPAS STEALS(トパーズ ステルス)。快適な旅に必須な相棒_image

旅を快適にするには、タフな旅行カバンが必要不可欠。今回は、年1回海外に行くミューゼオ・スクエア編集長の成松愛用のトローリーを紹介します。リモワのトパーズステルスやグローブトロッターなど6種類のスーツケースを使い分ける理由を伺いました。

リモワのトパーズステルスは軽快な走りが持ち味

MuuseoSquareイメージ

いつからか旅行カバンといえばトローリー(スーツケース)が定番になりました。トローリーこそ道具というよりはまさに旅の仲間。今回紹介するのはリモワのトパーズ ステルスというライン、マルチホイールというモデルです。公式記載でも7泊分荷物を入れられる98Lの大容量サイズ。

私見ですが、トローリーは走りが大切。このトパーズは、走りがいい。金属製だからか、ホイールの完成度が高いのか、少し押しただけで動きだし、余計な力をかける必要がなく、コーナリングも行きたい方向に曲がってくれる。街中や、空港内を走らせているとき、一切のストレスを感じさせない。むしろ、一体感を実感するためにもっと走らせたい、持ち歩きたいという気分になる。

金属製ゆえの重量感が特徴であり、7.2キロを誇る。ガンメタルの筐体がさらに重厚感を感じさせる。アルミニウム合金製というところも飛行機好きの血が少なからず騒ぐ。飛行機の搭乗時、預け荷物として預けて、いろんな状況下に置かれていても絶対に大丈夫だろうと安心できます。

MuuseoSquareイメージ

今までいくつかの旅行カバンと一緒に旅をしてきました。それがこちら。大小合わせ6つです。今もどれも大切にしています。

一番初めの相棒は、20代の頃に購入したHARTMANN(ハートマン:写真右から3番目)。僕が好きなツイードやベルティングレザーの素材を使用したこちらは、日本国内で出張時は常に一緒でした。5泊分ほどの荷物を持ち運べ、今でも時々使います。

GLOBE TROTTER(グローブ・トロッター:写真右端)は、異国の旅に出かけるときのカバンをまさに絵に描いたよう。クラッシックなデザインに惹かれました。旅に出るときの高揚感は大いに盛り上げてくれるのですが、走りという観点では課題もありと感じました。また金属製と比較すると悪天候への対応も気になるところ。

ブリーフィング(写真右から2番目)は外側に収納ポケットがいくつもあるので、移動中にちょっとしたものを出し入れしやすい。今でも国内のちょっとした出張には活躍します。逆に言えば、外から開け閉めしやすいということや悪天候への対応など海外旅行での使用は少しためらわれます。

そこで、巷でも支持の高いリモワのポリカーボナイト素材のもの(写真中央)もトライしました。素材の軽さが何よりものウリのアイテムでしたが、使用して感じたのは「自分には軽すぎる」ということ。ロジカルに考えれば、旅行には軽いカバンの方が良いと思うのですが、私としてはどうしても堅牢性と重厚感がが高い方に目が向いてしまう。

MuuseoSquareイメージ

環境が大きく異なる海外旅行先では大小関わらず常に緊張がつきものです。文化や言語の違いに驚いたり、新しい発見をするという刺激は歓迎しても、破損や悪天候時に中身が濡れてしまうのではないか?そんな不安やストレスは欲しくない。いろんなリスクを共に回避できるだろうと、機能と素材、そして使用感を嗜好品よりもさらにシビアに選定しました。

仲間(スーツケース)の具合が悪くなるとたちまち力が半減し行動できない。そういう意味では、刑事ドラマでいうところの「バディ」。そんな存在にも近いかもしれません。

取材ライターが感じたひと言

スーツケースの所有台数が6。「え、6人家族ですか?」と突っ込みたくなる今回のコレクション。いろいろな遍歴があっての今のモデルなんですね〜。「ずしっと重たくないとしっくりこない」という発言も驚きましたが、なんとなくこれが編集長なんだなぁと。成松さんのこだわりポイントがだんだんとわかってきた気がします。ちなみに、冒頭の動画は、編集長がイギリス旅行で撮影してきたものなんです! 街を行き交う人、通り過ぎる赤いバス、石造りの建物。心弾ませスーツケースを引く編集長の姿が浮かびますね〜。

Read 0%

SCROLL