0beece4b419543209729cdc82ce5a9ce

鉄道模型図鑑 新幹線編

鉄道の花形と言っても過言ではない新幹線は、もちろん鉄道模型界でも人気の的。世代によっては懐かしく感じるだろう新幹線0系から近年登場し注目を浴びる北陸新幹線のかがやきなど、株式会社DDFが所有する車両からいくつかご紹介。

7af1a7f70ec0427c9b4918752a279912

0系東海道新幹線

1964年の東海道新幹線開業以来、東海道・山陽新幹線で活躍した0系新幹線。1999年9月18日に「こだま」として最終運行を終えて東海道新幹線区間での使命を終えた。その最終営業列車の編成で再現した限定品がこちらの鉄道模型。最終営業らしく、丸く特徴的な先端部分には引退時のメッセージが入っている。(TOMIX社製/0系東海道新幹線 20世紀保存セット)

E1a71668672c4bdd98200737d8596e9d

700系新幹線 のぞみ

1999年に初めてJR東海とJR西日本によって共同開発された700系。2003年には東海道新幹線17番目の駅として品川駅が開業し、「のぞみ」を中心としたダイヤ改正も実施された。メーカーのKATOでは定番人気商品のベストセレクションとして発売されている車両だ。おまけとして「AMBITIOUS JAPAN」のマークが再現できる付属のシール付き。(KATO社製、700系新幹線 のぞみ)

9a2127aa73044a6a941e7cc6f6728220

E1系 Max

東北・上越新幹線の乗客需要が高まり、輸送力の強化のためにJR東日本が解決策として開発。
1994年7月から日本で唯一のオール2階建ての新幹線車両として運行開始した。MaxはMulti Amenity Expressを略したもの。実車は2代目MAXとしてE4系にリニューアルされたが、こちら鉄道模型はリニューアル前の1代目のもの。(KATO社製、E1系 Max基本セット)

7137d9ef5f6c4fb997a6a7ff056f85f0

700系7000番台 山陽新幹線 ひかりレールスター

700系をベースに2000年3月に登場した、新大阪〜博多間をつなぐ山陽新幹線の専用車両。走行する姿が「レール上を駆け抜ける流星」をイメージさせるというところが名前の由来。(TOMIX社製、JR 700系7000番台 山陽新幹線ひかりレールスター基本セット)

A12541dadefe4eaea2220193c3010a40

E2 100系 東北新幹線はやて

1997年9月に長野オリンピックに合わせてJR東日本が開業した新幹線電車E2系の鉄道模型車両。カプラーという連結装置を装備済みで「こまち」や「つばさ」等と併結可能になっている点もポイント。(TOMIX社製、JR E2(100)系東北新幹線はやて基本セット)

File

E3系2000番台 山形新幹線 つばさ(新塗色)

2014年に山形新幹線が車体カラーを山形県の県鳥「おしどり」と県花「べにばな」などをモチーフとした色彩にチェンジ。それに伴いKATOからも新塗装の鉄道模型が発売された。車体側面には実車でも描かれている山形の四季を表す植物が再現されている。(KATO社製、E3系2000番台 山形新幹線 つばさ 新塗色 7両セット)

Ad6a190d0c5b4308b378602061542946

E6系秋田新幹線 スーパーこまち

小野小町をイメージしたシルエットとウェーブのシンボルマークが特徴的なスーパーこまち。2013年のこまちデビューと同時に販売されたこちらの鉄道模型は非常に人気が高く在庫切れになるほど立ったという。鉄道模型ではE5系「はやぶさ」との併結運転を楽しめる仕様になっている。 (KATO社製、E6系秋田新幹線 スーパーこまち4両増結セット)、

A92b6f9e0af446ecafd8b267b133961b

E7系 北陸新幹線 かがやき

E7系は、2015年春に長野〜金沢までの全線を開通する北陸新幹線として開発された。外観には、高速素行するための造形と和のテイストの塗装が施され、内観にも、日本の伝統的な色使いが採用されている点がポイント。鉄道模型車両の一部は実車で採用されている新幹線のファーストクラス”グランクラス”車両も再現されている。(KATO社製、E7系 北陸新幹線 )

文/ミューゼオ・スクエア編集部
写真/佐々木 孝憲

合わせて読みたい。「鉄道模型の世界」

Read 0%
関連する記事

おすすめのモノをめぐる冒険