鉄道模型図鑑 限定車両編

文/ミューゼオ・スクエア編集部
写真/佐々木 孝憲

鉄道模型図鑑 限定車両編_image

たくさんの鉄道模型があるなかで、ファンの間でも注目度が高いものの一つに限定品がある。どれも実車をもとに忠実に再現された車両ばかり。今回は株式会社DDFさんが所有する貴重な限定車両を紹介してもらった。

KATO創業10周年記念 国鉄C62形蒸気機関車

MuuseoSquareイメージ

KATO社創業10年を記念に作られた車両。正式名称はないが、この車両は市場で発売されず、挨拶用に得意先だけ進呈された記念品である。通常は蒸気機関車の黒い塗装のところがシルバー塗装となっており、またパッケージの箱には桐の素材が使われている。市場になかなか出回ることのない、大変希少価値の高いものだ。(KATO社製)

KATO20周年記念 EF58‐61&サロンエクスプレス東京

MuuseoSquareイメージ

1983年に団体乗車客向けに欧風客車として登場した列車。実車は鉄道愛好者による鉄道友の会で、会員投票で1984年に第27回ブルーリボン賞を受賞。KATO20周年記念として限定発売された際は、EF58お召仕様(天皇皇后が使うために特別運行される車両)を含む5両セットで登場。写真の車両がそのお召仕様。(KATO社製)

鉄道模型N誕生 30周年記念 あさかぜ

MuuseoSquareイメージ

KATO創業30周年記念に発売された鉄道模型車両。パッケージにあさかぜのイラストが施され、また記念バッジが同梱されたもの。実車は1956年から東京〜下関・博多間で運行していた日本初のブルートレイン(寝台特急)。2005年に廃止。あさかぜ登場後、数多くのブルートレインが登場し1970年代にはブルートレインブームが巻き起こった。(KATO社製)

キハ82系ANAビッグスニーカートレイン

MuuseoSquareイメージ

元の車体名は札幌〜富良野間を結ぶ臨時特急「フラノエクスプレス」。1987年、全日本空輸(ANA)とのタイアップで全日空ツアー乗客向けに運行し、名前も「ANAビックスニーカートレイン」そして車体のカラーリングもANAカラーへとチェンジ。実車が約一年間運行された間にだけ発売された。(KATO社製)

東京ディズニーランド ウエスタンリバー鉄道 リオグランデ号運行記念

MuuseoSquareイメージ

ウエスタンリバー鉄道とは東京ディズニーランド内にある、アトラクションの名称である。東京ディズニーランド内のみで販売された。当時はセットで15,000円だったが、現在では50,000円程まで価格が昇っている。同車体で赤、青、緑販売されたうちのこちらは緑。(TOMIX社製)

189系 さよなら特急 あさま

MuuseoSquareイメージ

1966年〜1997年まで上野駅〜長野・直江津駅間を運行していた特急列車。北陸新幹線の登場により、運行区間の一部が閉鎖に。それに伴い在来線の189系あさまも愛称を新幹線に受け渡す形で使命を終えた。その最終仕様を模型化したもの。(KATO社製)

2100系 リゾート21

MuuseoSquareイメージ

1985年、伊豆半島に沿って走る伊豆急行に登場した2100系 リゾート21。1986年に第29回ブルーリボン賞を獲得。受賞を記念して発売された鉄道模型車両だ。限定版と通常版と販売されたが、車両は同じものだったが、外箱のカラーがホワイトカラーだった(通常KATO製品はグリーンの箱)。(KATO社製)

165系 なのはな

MuuseoSquareイメージ

1980年代後半に千葉エリアで活躍していた観光用のお座敷電車(座席が畳や掘りごたつなどの内装が和式に改良された列車)の初代「なのはな」。名前は千葉の県花から。1997年に2代目「ニューなのはな」へとバトンタッチし、運行終了。この鉄道模型は165系でもヘッドライトが大目玉(大きい)であることが特徴で、限定生産ではこの大目玉を表現した点もファンの心をつかんだ。(KATO社製)

165系さよなら急行 東海

MuuseoSquareイメージ

「165系なのはな」と同じ165系の車体。東京から大垣(岐阜県)まで運行していた165系の急行型電車。新幹線の登場もあり運行が終了。運行終了記念としてKATOとJR東海の協賛で限定品として発売された鉄道模型車両。「急行東海」とデザインされたヘッドマークシールが同梱されており、購入者が好みでつけられるというものだった。(KATO社製)

公開日:2016年12月22日

更新日:2019年10月9日

Read 0%