町田忍の50年以上集めつづけた「パッケージ・デザインの世界」を覗いてみる

庶民文化研究家として、テレビ、雑誌などで有名な町田忍(しのぶ)さん。 10歳の頃(昭和35年)から現在まで、好奇心を頼りに気になる物を集め続け、そのジャンルは150を超えている。例として、チョコレートのパッケージは、5000個以上を保管(なかでもアーモンドグリコのパッケージでは、デザイン変わる度に購入をし続け、300個以上のパッケージコレクションになる)。 そんな町田さんの味深いコレクションを、ミューゼオスクエアの連載で紹介!

6話