登内時計記念博物館 時計修理師 唐澤さん インタビュー

取材日: 2015年2月23日

文章/写真:井本貴明

登内時計記念博物館 時計修理師 唐澤さん インタビュー_image

長野県にある登内時計記念博物館。館内には第1から第4展示室まであり、館長の登内さんが長年収集してきた18世紀から19世紀のヨーロッパを中心とした機械時計から新しいものまでおよそ300点を展示しています。また博物館の庭には1,000本あまりのシャクナゲを植えてあり、花の見頃となる5月中旬から6月初旬は花を見ながら散歩することもできます。
今回は登内時計記念博物館 時計修理師 唐澤さんにお話しを聞かせていただきました。

展示をしている300点のほとんどが動いている状態で展示をしています。なので館内は時計のカチカチという音が常に響いています。

博物館内を案内して下さった、唐澤さん(左)と湯沢さん(右)

博物館内を案内して下さった、唐澤さん(左)と湯沢さん(右)

Muuseo(以下mso):登内時計記念博物館の成り立ちを教えてください

登内時計記念博物館(以下時計博物館):登内館長が30年以上前から、世界中の機械式時計を収集していました。館長は時計を修理する事も好きで、展示するスペースと修理が出来るスペースを兼ねた建物を思い立ち、それが「登内時計博物館」になりました。平成10年の6月10日にオープンしました。
登内館長は、ルビコンという会社の会長にも就いています。ルビコンという会社を一代で世界的に活躍する会社へと築きあげ、地元である長野県の県議員などもしていました。地域の文化施設として役立てたいとの思いから、この長野県の伊那市に博物館はあります。
登内館長が機械式時計を集め始めたきっかけは、時計修理が得意だった父親の思い出がきっかけだそうです。


mso:博物館では、時計を何点ぐらい所有していますか?

時計博物館:全部で600点以上あるのですが、その中の300点ほどを展示しています。600点の全てが動く状態ではないのですが、展示をしている300点のほとんどが動いている状態で展示をしています。なので館内は時計のカチカチという音が常に響いています。


mso:登内館長は、どのようにして機械式時計を集めたのですか?

時計博物館:ルビコンという会社は海外や国内に営業所があるのですが、そちらへ出張した際に、現地の行きつけの時計店に出向き、気に入った物があったら購入していたそうです。

昔の機械式の時計は、”カチカチカチ”と音がして、”ボーンボーン”と鳴り、そして木の温もりがあります。その辺りに暖かみを感じますね

展示コーナーには丁寧な説明書きがあるので、時代の変化を感じながら鑑賞することができる

展示コーナーには丁寧な説明書きがあるので、時代の変化を感じながら鑑賞することができる

唐澤さんがお勧めの1870年頃のフランスで作られた燭台式の時計

唐澤さんがお勧めの1870年頃のフランスで作られた燭台式の時計

mso:コレクションの特徴を教えてください

時計博物館:新しい物から古い物までを揃えています。特に、19世紀のフランス時計を好んでいたので、その辺りを豊富に揃えています。
また、時計だけではなく、オルゴールやカリヨン塔なども楽しんでもらう事が出来ます。


mso:展示されている機械式時計の中で一番古い物は何年になりますか?

時計博物館:18世紀の前半の物になります。


mso:機械式時計の魅力とは何ですか?

時計博物館:暖かみがある所ですね。普通のクオーツ時計だと無機質な感じがしますが、昔の機械式の時計は、”カチカチカチ”と音がして、”ボーンボーン”と鳴り、そして木の温もりがあります。その辺りに暖かみを感じますね。
また、機械式の時計は修復する事が出来るのが魅力ですね。苦労をかけて修理した時計が動いている姿を見ると、嬉しいですね。


mso:展示方法として工夫されている点はありますか?

時計博物館:時代順であったり国ごとに分けたりしています。そして各ブースには、説明書きも用意しているので、時計の背景を知ることが出来ます。来てくれたお客様に対して、分かり易く説明が出来るように心がけていますね。
また、小さい子供たちが来ても楽しめるように、時計の実験コーナーもあります。手に触れながら、時計の仕組みを分かり易く学ぶ事が出来ます。小さい子供の中にはリピーターになってくれる子も多いですね。ビデオシアターも備えているので、映像で時計の歴史を学ぶ事も出来ます。

世界に数台しか存在しない時計や、民謡「大きな古時計」のモデルにもなった「グランドファーザー・クロック」等もあるので、時計が詳しい方にも喜んでもらえると思います

mso:個人的に質問になりますが、唐澤さんが好きな時計は何ですか?

時計博物館:正面玄関の所にある、フランス製の燭台の時計ですね。時計のデザインが好きですし、長年見ていても飽きが来ないですね。


mso:唐澤さんは時計の修理を始めて何年になりますか?

時計博物館:博物館の歴史と同じですので、16年ぐらいですね。たまに、当博物館に”時計の修理をしてもらいたい”という要望があるのですが、それは断っています。博物館で展示している時計だけを修理しています。


mso:登内時計記念博物館に来た方に、特に見て欲しいお勧めのコーナーはありますか?

時計博物館:第二展示室ですね。当博物館の目玉である時計が展示されています。世界に数台しか存在しない時計や、民謡「大きな古時計」のモデルにもなった「グランドファーザー・クロック」等もあるので、時計が詳しい方にも喜んでもらえると思います。


mso:展示されている時計の中で、一番高い物はどれぐらいの価格になるのですか?

時計博物館:難しい質問ですね(笑)。古い時計は、価値があるのですが価格が付けられないので、分からないですね。

古い機械式時計を見て、昔の人の想いやロマンを感じて欲しいですね

昔の人の思いやロマンを感じる事ができる、機械式の時計

昔の人の思いやロマンを感じる事ができる、機械式の時計

mso:今後の展開がありましたら教えてください

時計博物館:年に1回はイベントを実施したいと思います。
時計の絵画と工作を子供たちに作ってもらうイベントを毎年実施しています。
「こんな時計があったらいいな」という時計を描いてもらったり、いろいろな素材を組み合わせて、実際には動かないのですが時計を作ってもらったりしています。
実際に子供たちが作った物は展示をして、最終的には館長が子供たちの作品から数点を選び、その作品を作った子供に表彰をしています。
現在は、県外からのお客様が多いので、イベントなどで地元の方にもっと足を運んでもらいたいですね。


mso:次回のイベントの予定はいつになりますか?

時計博物館:まだ未確定なのですが、4月の下旬ぐらいから応募を始めて、5月に締め切り、6月には表彰を行いたいと考えています。


mso:そのイベントの情報はどこから入手できますか?

時計博物館:ホームページと、地元の情報誌から手に入れる事ができます。


mso:最後になりますが、登内時計記念博物館に興味を持った方に、メッセージがあればお願いします

時計博物館:今は機械式の時計はアンティークの分類になっています。古い機械式時計を見て、昔の人の想いやロマンを感じて欲しいですね。
面白い時計がたくさんあるので、ぜひ観に来てください。

ーおわりー

日本カメラ博物館 石王さんインタビュー

元建築士が営むミリタリーウォッチの聖域。アンティーク時計店「Curious Curio(キュリオスキュリオ)」。

森に囲まれている登内時計記念博物館。4月末から5月は一面がシャクナゲの花で覆われるそうです

森に囲まれている登内時計記念博物館。4月末から5月は一面がシャクナゲの花で覆われるそうです

機械式時計の中身が見れる展示コーナーもあります。その精密さに驚かされます

機械式時計の中身が見れる展示コーナーもあります。その精密さに驚かされます

宝石のように見えますが、天体・天候時計として正確な時を刻んでいます

宝石のように見えますが、天体・天候時計として正確な時を刻んでいます

江戸時代の日本で使われていた時計。当時は、十二支の干支の名前で時間を呼んでいたそうです

江戸時代の日本で使われていた時計。当時は、十二支の干支の名前で時間を呼んでいたそうです

19世紀後半のフランス製の時計。貴族の人たちの華やかな生活を想像できますね

19世紀後半のフランス製の時計。貴族の人たちの華やかな生活を想像できますね

世界中の時計好きなら知っているBreguet(ブレゲ)が作った世界に20台限定の時計。右側にある腕時計を、置き時計にはめ込むと、腕時計のネジが巻かれる仕組みです

世界中の時計好きなら知っているBreguet(ブレゲ)が作った世界に20台限定の時計。右側にある腕時計を、置き時計にはめ込むと、腕時計のネジが巻かれる仕組みです

ヨーロッパの貴族の部屋をモチーフにした展示スペース。華やかな時代にタイムトリップが出来ます

ヨーロッパの貴族の部屋をモチーフにした展示スペース。華やかな時代にタイムトリップが出来ます

File

登内時計記念博物館

長野県にある登内時計記念博物館」。館長の登内さんが長年収集してきた18世紀から19世紀のヨーロッパを中心とした機械時計から新しいものまでおよそ300点を展示している。第1から第4展示室まであり、庭には1,000本あまりのシャクナゲを植えてあり、花を見ながら散歩することもできる。

長野県伊那市西箕輪1938番地88

0265-72-2500

火、水曜日休館(祝祭日の場合翌日、翌日祝祭日の場合翌々日)
開館時間:AM10:00~PM5:00(最終入館時間PM4:30)

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

Shop
Read 0%