冒険の目次
僕らはバックトゥザフューチャーから2015年の未来を思い描いた。グッズを集めつづけた Basseyさんが歩んだ過去と未来_image
700m
04

僕らはバックトゥザフューチャーから2015年の未来を思い描いた。グッズを集めつづけた Basseyさんが歩んだ過去と未来

2015年10月21日。

この日付は、過去であり、未来である。
私たちが過ごしている”今”を基準にすると、その日は過去である。
しかし、1989年に上映された映画「バックトゥザフューチャー PART2」では、2015年は未来なのだ。
映画の中では、1985年を舞台にした主人公が2015年10月21日にタイムトラベルをする。空飛ぶ車、自動で足にフィットする靴、声に反応する家電製品。未来を舞台にした設定は、当時の人々に大きなインパクトを与えた。
そんなこともあり、2015年は世界中でバックトゥザフューチャーが再び盛り上がった。新しい関連グッズが販売されたり、雑誌では映画の中の2015年と現実の2015年の違いを検証する特集なども発表された。

「2015年は、僕にとって忙しすぎる年だった」

そう語るのは、バックトゥザフューチャーのグッズを集め、今では300点以上を所有しているBasseyさんである。
「2015年は、たくさんのメーカーから関連グッズが出ました。そして、ヤフオクのようなインターネットオークションにも、個人のグッズが数多く出品されました。出てくるグッズを追いかけては購入していきました。今まで集め続けてきたグッズと同じぐらいの量を、この2015年の一年だけで買った気がします」
そして、初上映から30年近く経った今でも、世界中で盛り上がるバックトゥザフューチャーの偉大さを再認識した一年であったと付け加える。

Basseyさんが初めてバックトゥザフューチャーと出会ったのは、中学1年生の時。
その時に何があったのか?なぜ、グッズを集め始めたのか?
その謎を探るために、過去にタイムトラベルをしてみたいと思う。
(♪ここで映画のBGMが流れ、デロリアンがものすごいスピードでタイムトラベルするシーンを想像してください。)

コレクション・ダイバー【Collection Diver】とは、広大なモノ世界(ワールド)の奥深くに潜っていき、独自の愛をもってモノを採集する人間(ヒト)を指す。この連載は、モノに魅せられたダイバーたちをピックアップし、彼ら独自の味わいそして楽しみ方を語ってもらう。

取材日: 2015年12月13日

取材・文 / 井本 貴明
写真 / sonoda satoshi

MuuseoSquareイメージ
MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

全ての映画に出てくる乗り物の中で、デロリアンが一番カッコいい!

時は1990年代後半。中学生だったBasseyさんは、たまたまテレビで放送されていたバックトゥザフューチャーを観た。そして、映画の中に出てくるタイムマシンである「デロリアン」に衝撃を受けた。
「デロリアンのシャープなフォルム、ライトの色、車の機械部品が外観に見える点など、何もかもがカッコよかった。そして、タイムトラベルをする瞬間に青い光を放つデロリアンの姿は衝撃的でした。全ての映画に出てくる乗り物の中で、デロリアンが一番カッコいいと思っています」
テレビでバックトゥザフューチャーを観た翌日、学校で隣に座っている女の子にデロリアンの魅力を伝えたのだが、全く相手にされなかったという淡い思い出も同時に経験するのである。

特徴的なバックトゥザフューチャーのロゴ

特徴的なバックトゥザフューチャーのロゴ

Basseyさんがバックトゥザフューチャーのグッズを集めはじめたのは、アルバイトを始めた高校時代から。
始めは、バックトゥザフューチャーのロゴが入っているグッズから集め始めた。
「バックトゥザフューチャーのロゴが好きです。スピード感を表現するかのような斜め感、男心をくすぐる角ばったゴシック文字にオレンジと黄色のグラデーション。とにかくこのロゴが大好きで、ロゴが目立つグッズを中心に集めていました。映画『インディージョーンズ』も色味が似ていますが、当時は同じようなロゴが流行っていたのかもしれませんね」
都内の雑貨店を回り、ネット通販、ヤフオクも利用して、コレクションの数を増やしていった。

マーティーの衣装や小物集め、遅ればせながらかなりハマってます!

映画に出てくるマーティーの服装でポーズするBasseyさん

映画に出てくるマーティーの服装でポーズするBasseyさん

Basseyさんが長年バックトゥザフューチャーのグッズを集めている中で、大きな変化が生じた。以前は、グッズを集めることに注力していたが、2015年から、映画の主人公であるマイケル・J・フォックスが演じるマーティーの衣装や小物を集めるようになったのだ。可能な限り、映画の中のマーティーに近づこうと、服装はもちろん、腕時計、ポータブルカセットプレイヤーなど、当時のアクセサリーを買い集めた。
「以前は、グッズを集めるのに必死で、マーティーの服装は気にしていませんでした。しかし、2015年に様々な場所でバックトゥザフューチャーのイベントが開催され、その場に行くと、マーティーやドクの格好をした人をたくさん見かけました。そこで興味を持ち、僕もマーティーになるためのアイテムを揃えました。そしたら予想以上にハマってしまった(笑)。例えば、復刻モデルの腕時計では物足りず、映画上映当時に発売したオリジナルの腕時計を欲しくなったりしますね」
現在、Basseyさんが一番欲しいグッズは、Nikeが2011年に発売した「Nike Mag」である。これは、未来へタイムトラベルしたマーティーが履いた靴(自動で足にフィットする靴)として有名な一足である。

ここで、Basseyさんが集めてきたグッズのいくつかを紹介したいと思う。

File

デロリアンのリモコン

正確には、デロリアンのリモコンの原型となった飛行機ラジコンのリモコン。
アメリカのオークションサイトであるeBayで購入。とても状態が良いのが珍しく出品されていた。側面にドク(役者クリストファー・ロイド)のサインが入っている

File

ホバーボード

2011年にアメリカの玩具会社であるMATTEL(マテル)社が発売。
電池を入れて動かすとギミック音はなるが、残念ながら浮遊はできない。
保存用と合わせて2個所有

File

MR.FUSION

未来型デロリアンの燃料タンクとして映画で登場。
実際には、コーヒーグラインダー(コーヒーミル)であり、ドイツにあるKRUPS社から販売されている。
Basseyさんは、地元の雑貨屋の店主から3万で購入

File

ドク、ジェニファーとの3ショット写真

2015年9月に開催されたハリウッド・コンベンション(ハリウッドスターを日本に呼んでトークや撮影会を実施)で撮影。
Basseyさん曰く「ドクは、映画の役のそのままの感じだった。ジェニファーは気さくで、歳をとった今でも美しい」

File

ロバート・ゼメキス監督のサイン入りブルーレイ

2015年10月に東京で開催された東京国際映画祭にて、レッドカーペットを歩く監督本人から直接サインを貰った。(当日はレッドカーペットに参加するための抽選券を求めて、朝から並んでいた)
Basseyさん曰く、「多くの人にサインをしてくれるとても気さくな方で、笑顔が可愛かった」

File

Nike Dunk「ザ・デロリアン」

2010年に発売された世界1000足限定のデロリアンモデル。
Basseyさんは、数年前にヤフオクで3万円ぐらいで購入。靴底はデロリアンのランプ色を表現した白・赤・オレンジになっている

File

AIWA(アイワ)のカセットプレーヤー

eBayにて400ドルで購入。
このカセットプレーヤーは、映画Part1の中でマーティーが宇宙人に扮して、ジョージに催眠をかける際に利用。ストーリー上、とても大切なアイテム

1980年代だから作れた奇跡の映画。もう、バックトゥザフューチャーのような衝撃は味わえないと思う

Basseyさんは、2015年より新しい試みを始める。
それは、YouTubeで自分のコレクションを紹介するチャンネル「BasseyTV★BTTF」を開設したのだ。不定期ではあるが、ほぼ毎月、自分のお気に入りのコレクションを動画で紹介している。
「僕自身がいろいろな人のYouTubeを見るのが好きでした。そこで、僕もYouTubeで何かを発信したくなった。僕にあるものは、たくさんのバックトゥザフューチャーのグッズ。そこで、コレクションを紹介するYouTubeチャンネルを作りました」
YouTubeで自身のコレクションを発信することで、視聴者から「すごいですね」「これからも見ますので頑張って下さい」などの感想を貰うことがあり、それが次の新しいコレクションを手にいれるモチベーションの一つになっていると語る。

最後に、Basseyさんはバックトゥザフューチャーの魅力をこう語る。
「スターウォーズなどのSF映画とは異なり、とても現実感がある。スケートボードやバンド活動をする、身の回りにいそうなごく普通の少年がタイムトラベルというSFの世界に迷い込む、なんとも親近感が湧き、あたかも現実かのような設定。そんな映画だからこそ、バックトゥザフューチャーの世界に少しでも近づけようと、あらゆる企業が未来(イマ)の小道具の開発に取り組むことが多かったと思います。夢のある世界ですね。
もう一点は、特撮の素晴らしさ。1980年代の当時だから可能にした特撮があると思う。本物の車を浮かせたり、デロリアンが走り抜けたタイヤ跡に本物の火がついたり。もしも今の時代にバックトゥザフューチャーを作ったら、デロリアンではない、CGを使った近未来風の乗り物になっていたかもしれない。しかし、実在しているデロリアンという本物の車を改造して作ってあるのがいいんです。発達したCG技術がなかった当時だからこそ、特撮が混じった奇跡の映画だと思う。もう、バックトゥザフューチャーのような衝撃は味わえないと思いますね」

私たちは、1989年に観たバックトゥザフューチャーで未来を想い描いた。
2015年という未来(イマ)は、映画で描いた世界とは完全に一致はしていないが、いくつのテクノロジーは現実になった。
この先の未来は、どうなっているのだろうか?
もしかしたら、車が空を飛んでいるかもしれない。ロボットが買い物をしているかもしれない。
どんな未来であれ、Basseyさんのように、愛するモノがあり、愛するモノを集め続けている人が存在する世界であってほしい。


(おわり)

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

まるでトイショップを訪れた気分になるコレクション部屋

まるでトイショップを訪れた気分になるコレクション部屋

デロリアンのリモコンには、ドクのサインが!

デロリアンのリモコンには、ドクのサインが!

この時計を見て、ピンと来た人はかなりのマニア。Part1の冒頭に出てくる時計です!

この時計を見て、ピンと来た人はかなりのマニア。Part1の冒頭に出てくる時計です!

 当時の映画製作スタッフに配られた非売品の時計。 時計の針が逆周りに動く

当時の映画製作スタッフに配られた非売品の時計。 時計の針が逆周りに動く

Read 0%
関連する記事

おすすめのモノをめぐる冒険