23353df6b74843848861acac67192ede

【図鑑】Nike Air Max の歴代モデル

1987年に誕生した Nike Air Max。
以降、毎年のようにコンセプト、デザインを変えてリリースされ、世界中のスニーカー好きに愛されている。
歴代のNike Air Maxのモデルを並べて、デザインの変化、テクノロジーの進歩を体感することができます。

*Air Max シリーズの靴は、バッシュ、スパイクなどを含めると50種類以上になります。この図鑑では、ストリートで人気のあるモデルを中心に紹介

File

1. Nike Air Max 1

オリジナル発売年:1987年
Air Maxの記念すべき最初の1足。エアユニットを搭載した靴は既に発売さていたが、Air Max 1で始めて外からエアユニットが見れる状態(ビジブルエアー)となった。ちなみに、1987年当時の初期ロットのみ、ビジブルエアーのサイズがそれ以降に製造された物よりも、若干大きい。

File

2. Nike Air Max 90

オリジナル発売年:1990年
Air Max 3の名称でも呼ばれている Air Max 90の特徴は、サイド部分に「AIR MAX」の表記がされている。蛍光色を採用したモデルがヨーロッパを中心に人気を博して、現在でも復刻モデル、別注モデルが再販し続けている。現在では、NIKEiDにて、好きなカラーリングの1足を作ることができる。

File

3. Nike Air Max 180

オリジナル発売年:1991年
ビジブルエアーの第2弾として登場したAir Max 180。エアユニットがサイドからだけでなく、ソール部分もビジブルになった。発売当時は、Air Maxとは別ラインでの登場だったので、AIR MAXの名称は付いていなかった。

File

4. Nike Air Max BW

オリジナル発売年:1991年
Air Max 4の相性でも呼ばれているBWは、エアユニットの面積を大幅に増大。アメリカでAir Maxの人気が高まり、Nikeの「Limited Edition」や、スニーカーショップ「Footlocker」モデルなど、幅広いモデルが登場。ちなみに、BWは「Big Window」の略。

File

5. Nike Air Max 270

オリジナル発売年:1993年
270度のビジブルエアーが特徴的なAir Max 270。93年の発売時には、6色展開で売り出した。また、スウォッシュとビジブルエアーの色が統一されたことも話題になった。

File

6. Nike Air Max 95

オリジナル発売年:1995年
Air Maxの人気を、日本のストーリートに定着させた伝説の1足。Air Maxの歴史の中で始めてグラデーションを採用し、ビジブルエアーも、片側3箇所に配置された。デザイナーのセルジオ・ロザーノは、グランドキャニオンの地層からインスピレーションを受けたと言われてる。

File

7. Nike Air Max 96

オリジナル発売年:1996年
世の中がAir Maxブームで盛り上がっていた真っ只中に発売されたAir Max 96。95からデザインが大きく変更され、ティアドロップと呼ばれる、水の雫が落ちるイメージを採用。メッシュを多様することで、通気性が向上。

File

8. Nike Air Max 98

オリジナル発売年:1997年
「Air Max 97F」という別名でも呼ばれるAir Max 98。これは、 1997年のSpring(春)シーズンにAir Max 97が発売され、Fall(秋)シーズンにこの靴が発売されたので、区別をするためにAir Max 98と呼ばれている。
写真は、2015年に発売されたアパレルブランド「Supreme」とコレボレーションした1足。

File

9. Nike Air Max PLUS

オリジナル発売年:1998年
発売当時は "マップラ" という相性でも呼ばれていたAir Max PLUS。Nikeで始めて「チューンドエアー」を採用。ポリマー製の半球体のパーツを重ね合わせ、衝撃に対してお互いが反発するように設計され、クッション性が向上している。

File

10. Nike Air Max 360

オリジナル発売年:2006年
Nikeの長年の夢であった360度のエアソールを搭載したAir Max 360。2006年1月21日に世界同時リリースされたのも話題になった。航空宇宙産業のテクノロジーを取り入れたソールは、これまでにないクッション性を備えている。まるで、エア(空気)の上を走っているような感覚。

File

11. Nike Air Max Flyknit

オリジナル発売年:2014年
Nikeが2012年に生み出した最新のテクノロジー「Flyknit」の技術を、Air Maxに統合させた1足。Flyknitとは、1本のポリエステル糸から精密な構造のアッパー部分を作り出す技術であり、シームレスなシューズが出来上がり、靴下のように足にピッタリとフィットするのが特徴。
「履いてない 履き心地」というキャッチコピーが生まれるほどのフィット感。

File

12. Nike Air Max 2016

オリジナル発売年:2015年
チューブ状の構造をしたデザインが特徴的なAir Max 2016。透明フルレングスの改良されたエアユニットが、あらゆる路面での卓越した履き心地を生み出している。また、アッパー部分には通気性、フィット性、軽量性に優れた「エンジニアード・メッシュ」を採用。

Read 0%

SCROLL