» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 01
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of Railwayfan

Since 2018 July

ローカル地方在住の鉄道ファンです。 撮り鉄や音鉄、模型鉄、収集鉄などをしております。 国鉄がJRになってからの時代の生まれであり、国鉄時代をもっぱら過ごしたことはございませんが、今なお走っている国鉄型車両はJR時代の生まれの自分を惹きつける魅力があります。 本物の鉄道車両をまるまる一本を保存するということは難しいですが、鉄道部品や模型などで鉄道の息吹を身近に感じることができます。 本ミュージアムでは鉄道車両をもっと身近に感じていただけるように、私が長年集めてきた 部品 模型 鉄道資料などを公開していきたいと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。

ミュージアム・オーナー
File

Railwayfan

入館者数4850人

アイテム展示数398個

Museum Owner

File

Railwayfan

ご覧いただきありがとうございます。 ローカル地方に住む鉄道ファンです。 鉄道モノならば、部品からグッズ、鉄道模型、プラレール、鉄道チョロQ等を集めております。 どうぞよろしくお願いいたします。

Floor Map

  • 13F

    ハイクオリティ!BANDAI スタートレイン

    6
    File
  • 12F

    鉄道衣装 アテンダントさん編

    6
    File
  • 11F

    旅気分そそる。列車アメニティグッズ。

    18
    File
  • 10F

    あゝ愛しの愛称板

    26
    File
  • 9F

    栄光の乗車口案内

    21
    File
  • 8F

    鉄道部品収集(駅常備品もあり!)

    44
    File
  • 7F

    熱き鉄道ロボットたち

    48
    File
  • 6F

    トレーン ダイキャスト

    67
    File
  • 5F

    鉄道 チョロQ SL編

    4
    File
  • 4F

    鉄道チョロQ 2号館

    12
    File
  • 3F

    鉄道系チョロQ

    131
    File
  • 2F

    鉄道模型 Nゲージ 〜通勤・近郊電車編〜

    15
    File
  • 1F

    Ground Floor

    File

2F 鉄道模型 Nゲージ 〜通勤・近郊電車編〜 15

File

鉄道模型は一定の縮尺、軌間による鉄道車両、線路の模型をいいます。サイズは様々で日本でも様々なサイズで普及していますが、中でもHOゲージ、Nゲージは普及しています。日本で一番、遊ばれているのはNゲージと言われています。Nゲージと言うのはレールの間隔が9mmと言う意味で、英語の9の数字「Nein」から来ています。日本では縮尺1/150(新幹線は1/160)を基本としています。 またNゲージでは、様々な鉄道車両が発売されています。新幹線、特急、通勤近郊電車、蒸気機関車、電気機関車、貨車、客車、路面電車と様々な顔触れが揃っています。 ここでは、通勤・近郊電車たちを公開していきます。

Loading

3F 鉄道系チョロQ 131

File

チョロQといえば、車の方が本家となりますが鉄道系のチョロQも数多く発売されております。 その歴史は意外と古く1992年のチョロQトレイン新幹線が初の鉄道系チョロQとなりました。 その後、チョロQの製造元であるタカラ(現・タカラトミー)がトミカ・プラレールの対抗馬として発売したチョロQタウンシリーズで、鉄道会社特注などでおなじみの2両シリーズの登場しま した。初めての2両シリーズは遠州鉄道でした。 チョロQタウンシリーズの生産終了したその 後も鉄道チョロQは主に鉄道会社受注品を中心に展開していき今にいたります。ここで は鉄道のチョロQたちを紹介していきます。 (※本フロアでは未開封状態での展示品も含まれます。ご了承ください。)

Loading

4F 鉄道チョロQ 2号館 12

File

現在様々な形で鉄道会社からチョロQが発売されています。JRはもちろんのこと、私鉄からも数多く発売され私鉄界の鉄道チョロQも盛り上がりを見せています。 ここでは主に私鉄のチョロQを展示していきます。

Loading

5F 鉄道 チョロQ SL編 4

File

数ある鉄道チョロQのなかで蒸気機関車チョロQも充実しています。重量感のある蒸気機関車もチョロQにすると愛らしくなります。このフロアではさまざまな蒸気機関車チョロQを展示します。

Loading

6F トレーン ダイキャスト 67

File

トレーンは玩具メーカー「トレーン」が発売するダイキャスト製(鉄)でNゲージサイズの鉄道玩具。おもちゃ屋さんや駅などで手に入れることができます。Nゲージの名前で売られていますが、カーブも曲がらず、またNゲージ用線路に乗してしまうとショートしてしまうためNゲージとして遊ぶのはご法度。トレーンダイキャストも絶版品や限定品を含めると100種類以上を超え、プラレールに引けはとりません。今現在も新製品が続々と発売されています。ここでは懐かしいトレーンダイキャストから新しいトレーンダイキャストまでを公開していきま す。 ※トレーンのダイキャストシリーズは常にラインナップが入れ替わっております。そのため現在、発売されているナンバリング商品と違っている場合がございますのでご了承ください。 シリーズの表記について なし 現在のシリーズ 旧番 前のシリーズ 旧旧番 前々のシリーズ

Loading

7F 熱き鉄道ロボットたち 48

File

男性なら誰もが憧れるロボット。 そんなロボットが鉄道と融合したら、より勇ましくなる!?鉄道とロボットというのはほぼ近いものでもあり、合わさったとしても全くと言って違和感ゼロ。むしろカッコよさが増します。 ここでは、世の中に送り出された、歴代の鉄道ロボットたちを、また、その関連グッズなどを公開していきます。 (本フロアでは、遊び尽くしてしまったものも、展示しているため、一部商品には塗装ハゲや、一部パーツもないものもあるため、ご了承ください。)

Loading

8F 鉄道部品収集(駅常備品もあり!) 44

File

実際の鉄道そのものを保存するというのは難しいですが、鉄道の部品モノであれば鉄道を身近に感じることができます。鉄道部品といえば、ヘッドマーク、サボなどがあります。ここではそれらの部品を含めるとともに駅常備品(パンチや小物、販促物、pop、その他の車両関係など)を公開していきます。

Loading

9F 栄光の乗車口案内 21

File

乗車口案内とは駅ホームで列車の乗車口を示す位置案内のことです。今でこそ、乗車口案内は電光掲示板や液晶ディスプレイに表示されますが、それらがない時代は板や足元に列車の乗車口が記されていました。特に多くの列車たちが発着するターミナル駅には多くの乗車口案内板がぶら下がり、いっそう旅情を掻き立てていました。現在も乗車口案内板を使用している駅はありますが、新幹線開通による特急の減少などにより、あまり見かけなくなってきました。 ここでは乗車口案内板を始めとする乗車口案内関係のモノを公開していきます。 懐かしい列車の乗車口案内や最近の列車の乗車口案内まで登場いたします。

Loading

10F あゝ愛しの愛称板 26

File

愛称板とは、列車の側面についている列車名が書かれたプレートです。主に特急や、急行に装着されていることが多くありました。現在では特急の削減、急行列車の廃止、そしてなにより列車名などがLED表示になったことから、ほとんど、見かけなくなりました。愛称板さまざまな列車名があり鉄道ファンの間では人気のアイテムとなっています。ここでは、愛称板をはじめ、種別板、号車板を公開していきます。

Loading

11F 旅気分そそる。列車アメニティグッズ。 18

File

列車のアメニティグッズは主に寝台特急や、特急に乗車の際に配布されていました。寝台特急のアメニティセットは、タオルや石鹸、歯ブラシといった寝台特急で一夜過ごすのに必要なものが入っていました。特急では車内で快適に過ごせるようにスリッパなど配布されていました。またシャワーを利用する人はシャワーカードを買うのですが、このシャワーカードには乗車している寝台特急の柄になっており、一層旅情を掻き立てるものでした。現在、これらは寝台特急の廃止やコスト削減によりほとんど見なくなりました。 ここでは列車で配布された、アメニティセット、シャワーカード、個室キーなど車内で必要になる物を展示します。

Loading

12F 鉄道衣装 アテンダントさん編 6

File

数ある鉄道会社にはその鉄道会社と分かるよう、鉄道制服はさまざまな種類があります。 本フロアでは、主に鉄道の食堂車のウェイトレスさんや、車内販売の売り子さんのエプロンなどを展示しています。

Loading

13F ハイクオリティ!BANDAI スタートレイン 6

File

今では鉄道モノのほとんどをBトレインショーティーに力を注いでいるBANDAIですが、かつては鉄道食玩を出していました。 その食玩とは、 BANDAI スタートレイン このスタートレインはだいたい300円で売られており、Nゲージサイズの鉄道車両が小さなホーム付きレールとともに一箱に封入されていました。お菓子の方はラムネ菓子がついてきていました。 食玩とは言えど、車両内部から方向幕、細々とされているロゴ表現といい、本物のNゲージ車両とは引けの取らないつくりでした。 スタートレインは無印シリーズから特別編と言ったシリーズがあり、末期になるとリアル鉄道図鑑と名前を変えて売られていました。 現在、BANDAIは鉄道食玩を発売はしていませんが、またスタートレインといった鉄道食玩を出していただきたいと思っております。 ここではスタートレインを展示していきます。 (※本フロアでは、多くの品が未開封状態での展示となります。そのため写真が見づらいものもありますがご了承ください。)

Loading

14FOwner's Diary

みんなの感想

Thank you !!
Museum of Railwayfan はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

  • File
    2018/7/12

    nonstop24hours

    フォローありがとうございます。
    鉄道系チョロQは知らなかったです。
    またよろしくです。

    返信する
  • File
    2018/7/12

    Railwayfan

    コメントありがとうございます。
    チョロQの鉄道モノはたくさん発売されております。
    これからも公開していきますのでよろしくお願いいたします。

    返信する
  • File
    2018/7/16

    ace

    フォローいいね!ありがとうございます😊部品収集、なかなか興味深いですね!よろしくお願いいたします。

    返信する
  • File
    2018/7/16

    Railwayfan

    コメントありがとうございます。
    そう言っていただけると、非常に嬉しいです^_^これからも、鉄道関連のものをドシドシ追加していくので、よろしくお願いします!

    返信する
  • File
    2018/7/17

    who-me-A

    フォローありがとうございます。私のコレクションには鉄道関係がありませんが、雑貨屋さんを覗くつもりでご覧ください。でも唯一電車があるのが、17階の「マメコロキャラメル」です、すいません。

    返信する
  • File
    2018/7/17

    Railwayfan

    コメント ありがとうございます。
    コレクションを拝見させていただきました。
    どのフロアも素敵なコレクションばかりで羨ましいかぎりです。
    当ミュージアムでは鉄道系を中心に公開していきます。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    返信する

オススメのミュージアム