みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

遊戯場

鉄道に関連したゲーム、およびソフトを公開していきます。

  • File

    鉄1〜電車でバトル!〜 シスコンエンターテイメント(2001年)

  • File

    電車でGO! アーケード筐体パネル

  • 1
    Loading

    鉄1〜電車でバトル!〜 シスコンエンターテイメント(2001年)

    ローカル、メジャーもみなレース

    ジャンル レースゲーム
    対応機種 プレイステーション2
    開発元・発売元 シスコンエンタテイメント
    人数1-2人
    発売日 2001年7月5日

    〜ストーリー〜
    仮想ネットワークゲーム『HOMETOWN TRAIN』(ホームタウントレイン)。これを利用し、電車日本一を決める大会「鉄1」(テツワン)が開催。各地からエントリーが始まった。プレイヤーは選んだ「マイトレイン」でエントリーし、日本全国の強豪たちとの熾烈なレースに身を投じていく…。

    列車に乗っているときに、横目に列車が並走していく時に「負けるか!こっちの列車の方が速い!」と童心に返って列車レースの世界観を自ら想像したことはないだろうか?
    その世界観をゲームにしたらと作られたのが鉄1〜電車でバトル!〜である。
    なぜこのようなゲームが作成されたかというと、スタッフが利用していた路線に複数の列車が並走する区間があり、それが競争しているように見えたから。そしてその頃から漠然と電車でのレースをイメージしていたとそうだ。加えて本作の発売前に登場した『電車でGO』は難易度が高かったため、もっと自由に走らせて遊べるものが欲しいということも制作の動機となった。そして、日本各地から参戦した列車で、グランプリ1位を目指して行く他に類を見ない列車レースゲームという新ジャンルを確立した。
    参戦する車両は実在する列車をモデルにしている(というかまんまである)。選択可能な電車には、JRや大手私鉄は勿論のこと、第三セクターなどのローカル鉄道も網羅しており、全部で50種類、隠し電車も合わせると80種類の電車が登場する。しかし、登場する電車は内容が内容なだけに当然、非ライセンス。名前に関しては、JRはJr.、私鉄はトレインが付いている。参戦している一部の列車を紹介していくとすれば、
    トーホク
    ホッカイドーJr.(JRキハ201系)
    サッポーロトレイン(札幌市電)
    サンリークトレイン(三陸鉄道)

    カントー
    ヤマノーテJr.(山手線)
    ケイヒントーホクJr.(京浜東北線)
    トーブートレイン(東武東上線)

    チューブ
    トーカイドーJr.(東海道線211系)
    メイテーツトレイン(名古屋鉄道)
    エンシュートレイン(遠州鉄道)

    キンキー
    オオサカカンジョーJr.(大阪環状線103系)
    ハンキュートレイン(阪急電鉄)
    ナンカーイトレイン(南海電鉄)

    チューゴク(四国の車両も属している)
    サンイーンJr.(山陰本線 キハ126)
    ヒロシーマトレイン(広島電鉄)
    シコークJr.(JR四国2000系特急気動車)
    コトヒーラトレイン(琴平電鉄)

    キューシュー
    カゴシーマJr.(鹿児島本線813系)
    フクオーカトレイン(福岡市営地下鉄)
    ナガサーキトレイン(長崎電気軌道)

    などといった発売当時の主力車両たちが闘いを繰り広げる豪華車両たち。
    また、新幹線、電気機関車・蒸気機関車・保線車両などの特殊な車両は参戦していない。また特急はJR四国の2000系車両が参戦しているのみだ。また東京で外せない私鉄である、東京メトロ、都営といった東京の地下鉄も未参戦だ。(仙台市営、名古屋市営、京都市営、大阪市営(当時)、神戸市営、福岡市営といった地下鉄は登場するが。)
    車両はそれぞれ性能が違い速度が速かったり、カーブが強かったり、坂が強かったり、また実際の車両性能を活かしているものもある(阪神9000系はジェットカーで加速率がトップクラス)。
    また本作での攻略法は走っている自らの列車を相手の列車にぶつけて脱線させ、相手のレールを奪うという奇想天外な荒技。
    このようなぶっ飛んだ世界観のゲームは最初で最後のジャンルであろう。
    また、もちろん2人対戦プレイも可能である。
    このゲームの醍醐味としては、「俺!次、埼京線でバトルな!」「じゃあ俺、御堂筋線!」とまずこのゲームをプレイしてなければ、出てこない会話であることであろう。
    さらに、このゲームの挿入歌として、デモプレイでなんとブルーハーツの「トレイン トレイン」が流れる。これは仕事中たまたまこの曲のCDをかけながらゲームの画面を見たとき、とてもよくマッチしていると感じたとのこと。営業の方から音の面でも何か印象に残るものを、という要望があったこともあって中田はこれならどうかと思い、スタッフ一人一人に曲と画面を見せて回ったという。トレイン トレイン をバックに流しながら、ATSもなく架線もないレールを走って行く姿はまさに「ここは天国じゃないんだ(列車がレール 上でバトルしている) かと言って地獄でもない(鉄道ファンにとっては夢の共演)」である。なお、この後に続編である鉄1〜電車でバトル!〜WORLD GRAND PRIXが発売されたが鉄道会社にクレームを入れられたのか車両はすべて架空のものとなった。といっても相変わらず海外の車両がモデルだったりするが・・・・

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/10

    • 2
    • 1
    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/22

    • 1
    • 1