オンリーワン・ブルーと出会う。インディゴ・アーティスト「Tatz Miki」氏の作品販売会が開催。

File

2018年12月8日、表参道のコミュニティサロン「Grenier (グルニエ)」にてインディゴ・アーティスト「Tatz Miki」氏の作品販売会が開催される。

リリース配信元:株式会社クリエイティブ・ジャングル
リリース配信日時:2018/11/30

Tatz Miki氏は、ミラノ、ニューヨーク、パリなど世界で活躍するインディゴ・アーティスト。

今回の作品販売会では、国賓として来日したフランス大統領夫人への贈呈品として選ばれたスカーフ・コレクション”LES BLUES”をはじめ、ファッション誌 Vogue に"黒真珠のような光沢"、"神秘的”と評された Miki 氏の作品の数々を、その場で試着、購入することができる。

MuuseoSquareイメージ

その場で作品を購入した方には、Miki氏が開発に加わった uruotte リタッチヘアマスカラ インディゴ・ブラックがプレゼントされる特典も。


MuuseoSquareイメージ

いのちあるものの美をテーマに、生地から染料まで生命力あふれる天然素材を使い丹念に仕上げられた Miki 氏の作品。そのどれもが特別でユニークな色艶を放っている。参加希望の方は、下記の Facebook イベントページにて「参加予定」をクリック。

Tatz Miki 作品販売会「ニューリュクス 究極のブルーへ 」Facebookイベントページ

ぜひこの機会に、自分だけのオンリーワン・ブルーと出会ってみてはいかがだろうか。


MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

Tatz Miki 作品販売会 「ニューリュクス 究極のブルーへ 」

期間:12月8日(土)14時〜17時
会場:Grenier (グルニエ)
住所:東京都港区南青山5-10-5 第二菅谷ビル4A
電話:03-5731-9715

当日のタイムテーブル:
14:00 開場 (試着タイムまでは試着はできません)
15:00 Tatz Miki氏によるご挨拶
15:15 試着タイム
17:00 終了

Tatz Miki氏プロフィール

東京都出身のインディゴ・アーティスト。米国コロンビア大学大学院 SIPA 卒(M.I.A.)。2001年、四国でたまたま出会ったインディゴ染料に衝撃を受け、その場で染料作りの技術をマスターすると決意。東京に戻り、独学で染料作りを始める。

2008年作家としての活動を開始。2011年、経産省 クールジャパン・クラフト部門のアーティストに選出され、ミラノ、ニューヨーク、パリなどで作品を展示。2013 年には、作品「LES BLEUS」 が日本国政府から国賓として来日したフランス大統領夫人への贈呈品に選ばれる。

近年では、植物由来のサステイナブルな色素を流通させるべく、国内外でインディゴ植物の農地拡大に努めるとともに、蔦屋書店を窓口に日常品のための染めサービスをプロデュースするなど、活動の幅を大きく広げている。

Read 0%

その他のPickup News