ミニマルデザインで気持ちに余裕ができる!?壁掛け時計の価値をデザインの観点で見つめ直した「DUSK」がGREENFUNDING by T-SITEに新登場。

allocacocから盤面の色が時間によって変わる時計「DUSK-ダスク-」がGREEN FUNDIGにて支援募集中。
東京アロカコ株式会社は2018年6月1日よりGREENFUNDING by T-SITEにて壁掛け時計「DUSK」の支援募集を開始しています。その構造は新たな時間の見え方を提供し、それはまた新しい価値となります。

リリース配信元:東京アロカコ株式会社
リリース配信日時:2018年6月20日

MuuseoSquareイメージ

空の色を飾る時計「DUSK」
色の変化で時間を伝える壁掛け時計
GREENFUNDING by T-SITE >https://greenfunding.jp

​DUSK 1日を色で表現する時計

DUSKは盤面の色が「明から暗へ、そして暗から明へ」色を変え時間を伝えます。夜の暗い時間は外の暗さと同じような暗さになり、昼になるにつれて光を透過し、明るくなっていきます。暗くなるまでに12時間、再び明るくなるまでに12時間。これがDUSKの1日のサイクルです。




この色の変化は、朝に太陽が昇り、昼に最も光を放ち、夜に暗くなるサイクルと同じ特性を持っています。

MuuseoSquareイメージ

ミニマルデザイン

現在様々な壁掛け時計を選ぶことができますが、DUSKのデザイナーは本当に必要な価値を見つめ直しました。
最も壁掛け時計の役割として必要なことは、秒針・分針・時針そして盤面から正確な時間を得ることではなく「壁にかけること」に価値があるとし、デザインを見つめ直しました。なぜなら今の生活の中では、パソコンもスマホもタブレットも腕時計も、正確な時間を教えてくれるのですから。

DUSKは細かい時間がわからないことで、安らぎを与え気持ちに余裕が出てきます。大まかな時間を読み取り、一日のスケジュールを確認するキッカケにもなるのではないでしょうか?

MuuseoSquareイメージ

特徴

左:夜の空間イメージ  右:昼間の空間イメージ

左:夜の空間イメージ  右:昼間の空間イメージ

一つの時計なのに見せる表情は時間によって異なり、DUSKは時間によって盤面の色が変わるので、空間全体に与えるイメージも時間によって変化します。


DUSKは偏光パネルを2枚重ね合わせることで、光の透過を遮断することで黒い色に変化をしているように見えます。その為、偏光パネルの重ね合わせ方によって、使う方の好みに合わせて時間と色のカスタマイズも可能です。
さらにミニマルデザインの結果、DUSKは単3電池一本のみで偏光パネル・時針・分針を動かすことが可能です。


【商品詳細】
製品名:DUSK(ダスク)
素材:偏光アクリル
サイズ:直径300mm×厚み40mm
重さ:450g
電源:単3電池

MuuseoSquareイメージ

DUSK(JP)

2018年6月19日現在GREENFUNDING by T-SITEにて、2018年7月31日23時59分まで支援を募集。
支援は5,980円(送料込み)から各種プランを用意。 商品の到着は8月末頃に順次発送を予定。
GREENFUNDING by T-SITE >https://greenfunding.jp

Read 0%

その他のPickup News