Technicsの160万円のターンテーブルSL-1000Rが「OTOTEN AUDIO VISUAL FESTIVAL 2018」に登場!

パナソニック株式会社は、2018年6月16日(土)17日(日)に東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内)で開催される、国内最大級のオーディオの祭典「OTOTEN AUDIO・VISUAL FESTIVAL 2018」にTechnicsブースを出展します。

リリース配信元:パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部
リリース配信日時:2018年6月11日

写真は、SL-1000Rにトーンアーム2本(市販品)とトーンアームベース2個(別売)を取付したイメージです

写真は、SL-1000Rにトーンアーム2本(市販品)とトーンアームベース2個(別売)を取付したイメージです

パナソニック株式会社は、2018年6月16日(土)17日(日)に東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内)で開催される、国内最大級のオーディオの祭典「OTOTEN AUDIO・VISUAL FESTIVAL 2018」にTechnicsブースを出展します。

Technicsブースでは5月25日に発売したリファレンスクラスのダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1000RおよびダイレクトドライブターンテーブルSP-10Rを展示し、SL-1000Rによるありのままのアナログレコードの音が試聴可能です。みなさまのご来場をお待ちしております。

▼ハイエンドターンテーブルシステムSL-1000Rが登場!「OTOTEN AUDIO・VISUAL FESTIVAL 2018」に出展

http://jp.technics.com/event/#OTOTEN2018

■場所:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
■期間:2018年6月16日(土)〜6月17日(日)
・6月16日(土) 10:00~19:00
・6月17日(日) 10:00~16:00

〈Technics ブース 展示概要〉
・Technicsブース(パナソニック株式会社):ガラス棟6F G602
新製品ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1000R/SP-10Rについて、オーディオ評論家やDJ、テクニクス開発者による商品紹介も交えた試聴を行います。こだわりポイントの解説はアナログレコードファンだけでなくターンテーブルに興味をお持ちの方も必聴です!

■6月16日(土)
①10:30~11:30 テクニクス開発者
②13:00~14:00 和田博巳氏
③14:15~14:45 DJ. BUNTA氏
④15:00~16:00 テクニクス開発者
⑤16:15~16:45 DJ. BUNTA氏
⑥17:30~18:00 DJ. BUNTA氏

■6月17日(日)
①10:30~11:30 テクニクス開発者
②12:00~12:30 DJ. BUNTA氏
③13:00~14:00 小原由夫氏
④14:30~15:30 テクニクス開発者
⑤15:45~16:00 DJ. BUNTA氏

▼リファレンスクラスダイレクトドライブターンテーブルシステムSL-1000R/ SP-10R

MuuseoSquareイメージ

【Technics(テクニクス)について】
パナソニック株式会社の高級オーディオブランドです。
Technicsは、音と人との関係を大切に思い、音楽を愛するすべての人々に音楽の感動を提供し続け、世界中の音楽文化の発展に貢献したいと考えています。
2018年3月27日にリファレンスクラスダイレクトドライブターンテーブルシステムSL-1000R/ SP-10Rを発表、5月25日に発売しました。

<関連情報>
▼OTOTEN公式サイト
http://www.oto10.jp/
▼テクニクス イベント情報
http://jp.technics.com/event/
▼テクニクス Made by Technics / Amazing Factory
http://jp.technics.com/products/1000r/factory/

Read 0%

その他のPickup News