矢部克已×長谷川喜美×マイケル・ヒルの3名による来日記念トークライブをDrake’s Ginzaにて5月23日開催!

イギリスの高級紳士服・アクセサリーブランドであるDrake’s(ドレイクス)のクリエイティブ・ディレクターであるマイケル・ヒルの来日を記念して5月23日(水)「Drake’s Ginza」にてトークライブを開催します。

リリース配信元:渡辺産業株式会社
リリース配信日時:2018年5月9日

MuuseoSquareイメージ

矢部克已様(ウフィツィ・メディア代表、メンズファッションエディター)と長谷川喜美様(ジャーナリスト)をゲストに迎え、ドレイクスのフィロソフィーとシーズンテーマを題材に、それぞれ3人の視点から見る「良いものの条件とは何か?」を時間の限り語っていただきます。
皆様のご来店をお待ちしております。
http://www.british-made.jp/topics/drakes/201805020023371

■ トーク・イベント詳細
日時:5月23日(水)19:00~20:00(18:30:開場)
定員:20名(事前予約制)
予約URL:http://www.british-made.jp/fs/british/gd2184
金額:¥2,000(特典:ドリンクサービス&カタログ配布)
会場:Drake's 銀座店(BRITISH MADE 銀座店内併設)
東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 5F
営業時間:10:30~20:30
URL:http://drakes.com
URL:http://www.british-made.jp/
協賛:株式会社ウィスク・イー(https://whisk-e.co.jp

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

■ 矢部克已/Katsumi Yabe
ファッションエディター、ファッションジャーナリスト。ウフィツィ・メディア代表。
『流行通信HOMME』編集部(現INFASパブリケーションズ)、『メンズクラブ』編集部(現ハースト婦人画報社)を経て、イタリアに渡る。
1年間の在住時に、フィレンツェ、ナポリ、ヴェネツィア、ミラノに移り住み、現地で語学勉強と取材を続ける。2006〜08年メンズファッションに特化したウェブマガジン『DUCA』『Espresso per te』(現SBクリエイティブ)の編集長歴任。2009〜13年星美学園短期大学で“イタリアファッション・ビジネス概略”の非常勤講師。現在、雑誌『メンズプレシャス』でエグゼクティブ・ファッションエディター(Contribute)を務める他、『MEN'S EX』『THE RAKE JAPAN』『GQ JAPAN』などのほか、新聞、ウェブサイト、FMラジオ、トークショーでも活躍。新ブランドの企画、店舗レイアウトなどの仕事も展開。イタリアのクラシックなファッションを中心に、メンズファッション全般にわたり歴史、スタイル、トレンドに精通する。
Twitter ID:@katsumiyabe(https://twitter.com/katsumiyabe

■ 長谷川 喜美/Yoshimi Hasegawa
ジャーナリスト。イギリスを中心としたヨーロッパの魅力を文化とクラフツマンシップの視点から紹介。ロイヤルワラントからメンズファッション、食、ライフスタイルに関する記事を雑誌中心とする媒体、『メンズ・プレシャス』(小学館)、『THE RAKE JAPAN』(ザ・レイク・ジャパン社)、『MEN'S EX』(世界文化社)、『GQ JAPAN』(コンデ・ナスト社)、『JALグループファーストクラス機内誌&情報誌 AGORA』等に執筆している。イタリア全土27サルトを網羅した新刊『サルトリア・イタリアーナ』を2018年3月に出版。
Instagram:https://www.instagram.com/yshasegawa/
HP:『A Gentleman’s Style』 http://yoshimihasegawa.tumblr.com/
近著
『BESPOKE STYLEビスポーク・スタイル』(万来舎) 『SAVILE ROW サヴィル・ロウ』(万来舎)
『ものづくりの伝説が生きる島 ハリスツイードとアランセーター』(万来舎)
『英国王室御用達 知られざるロイヤルワラントの世界』(平凡社) 『チャーチル150の言葉」(ディスカバー・トゥエンティワン)

■ Michael Hill/マイケル・ヒル
Drake’sクリエイティブ ディレクター。幼い頃より父の職場であるネクタイ工場でモノつくりやシルクと触れ合う環境で育つ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション卒業後、サヴィル ロウで働き、2004年にDrake’sへ入社。創業者マイケル ドレイクの元、モノつくりの最初の部分である生地探しから製品を販売するところまで全てに携わり、経験を積む。2010年より現職。
その手腕でDrake’sをネックウェアの専門ブランドから世界的に認められたトータルブランドに成長へと導く。現在ブランドの世界観を反映したショップをロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルに構える。

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

■ Drake’s/ドレイクス
1977 年創業のDrake’sは、ロンドンのファクトリーにてハンドメイドされるオリジナルのネクタイや、サマーセット州で作られる高品質なシャツなど時代を超えて着用できる紳士服を、英国で培われた豊かな仕立ての伝統を受け継ぎながら、最高級の素材と独創的な製法にこだわって生み出しています。

■ Drake’s Spring Summer 2018
ドレイクスの2018年春夏コレクションでは、アメリカのクラシックスタイルの理念を探求しヨーロッパの文脈にもとづいて再構築した、ヨーロッパとアメリカの感性が融合した色彩豊かなアイテムをご覧いただけます。

MuuseoSquareイメージ

Read 0%

その他のPickup News