ヴァルカナイズ・ロンドン 10th Anniversary Party レポート

File

「上質なライフスタイル」を共通のコンセプトに、英国発の多種多様なブランドを揃えるセレクトショップ「ヴァルカナイズ・ロンドン」は東京・青山に店舗を構えてから、今年で10周年を迎えた。今では銀座・名古屋・心斎橋・札幌にも店舗を広げ「今のロンドン」を伝える同店舗の、10周年記念パーティーの様子をレポートする。

取材・文 /ゴトーアツシ

ヴァルカナイズ・ロンドンとは?

世界中のセレブリティを魅了する「グローブ・トロッター」をはじめ、英国王室御用達のステーショナリーブランド「スマイソン」やシャツ界のロールス・ロイスと謳われる「ターンブル&アッサー」などの老舗から、コレクションでも注目を浴びる最旬ブランドまで、約40のイギリスブランドが揃う「東京のリアルロンドン」ショップ。革新的なプロダクトや伝統を重んじる英国精神、ファッションだけでなく、アートやカルチャーの新しい息吹まで、今の英国を感じられる場所として英国プロダクトファンに愛されている。

開店10周年を記念した一夜限りの特別イベント!

MuuseoSquareイメージ

本格的な寒さに突入しつつある2019年11月30日、ヴァルカナイズ・ロンドンの青山本店は華やかな雰囲気に包まれた。この夜のためにバンドメンバーが招かれ、ホリデーシーズンの接近を感じさせる、明るく楽しいナンバーが流れる会場ではシャンパンやアペリティフが供され、パーティー・ムードが高まっていた。

MuuseoSquareイメージ

会場にはヴァルカナイズ・ロンドンを日頃から愛用する人々が思い思いの装いで集まった。正統派のブリティッシュ・クラシックスタイルの出で立ちの紳士、今年の最新デザインのワンピースに身を包んだ淑女、英国ストリートの今を感じるラフなスタイルに身を包んだ御夫婦まで、色鮮やか。皆それぞれ、パーティーの夜を楽しんでいた。

MuuseoSquareイメージ

グローブトロッター アーカイブ展も店舗2Fで開催

グローブトロッター公式HP
https://jp.globe-trotter.com/

グローブトロッター公式HP
https://jp.globe-trotter.com/

ヴァルカナイズ・ロンドン青山の2階では、グローブトロッターのアーカイブ展も開催。今年で創業122年を迎えるトラベルケースブランドの過去の貴重なアーカイブモデルの実物を見ることができた。(2019年12月1日までで終了)

1915年製造のモデル。2019年現在も使われ続ける裁断機でボディ素材を切って作られた。この時代では、コーナー部分も含めて同ブランドのアイコン的素材である「ヴァルカン・ファイバー」で作られている。

1915年製造のモデル。2019年現在も使われ続ける裁断機でボディ素材を切って作られた。この時代では、コーナー部分も含めて同ブランドのアイコン的素材である「ヴァルカン・ファイバー」で作られている。

1953年の製造モデル。Colour of Travelと呼ばれたIvoryとLondon Tanの配色は、ツイッギー・スタイル流行の最中、女性達から絶大な支持を集めた。中央のV.P.Hの文字列は、ケース所有者のイニシャル。当時のヨーロッパでは、旅行カバンに自身のイニシャルを入れるのは一般的であった。

1953年の製造モデル。Colour of Travelと呼ばれたIvoryとLondon Tanの配色は、ツイッギー・スタイル流行の最中、女性達から絶大な支持を集めた。中央のV.P.Hの文字列は、ケース所有者のイニシャル。当時のヨーロッパでは、旅行カバンに自身のイニシャルを入れるのは一般的であった。

2011年から現在も使用されている、現行デザインパターン。コーナーにはレザー素材が使われ、現代的なシルエットに昇華されている。本モデルはウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式を記念して作られたロイヤル・ウェディングのコレクションだ。

2011年から現在も使用されている、現行デザインパターン。コーナーにはレザー素材が使われ、現代的なシルエットに昇華されている。本モデルはウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式を記念して作られたロイヤル・ウェディングのコレクションだ。

スマイソンのネーム刻印サービスも実施中!

MuuseoSquareイメージ

1887年、ロンドンのボンドストリートで創業したステーショナリーブランド、スマイソンのネーム刻印サービスも行わていた。英国で修行を積んだ職人が手帳や名刺入れなど、ヴァルカナイズ・ロンドンで購入したスマイソン製品に、自分の選んだイニシャルを刻印してくれるサービスだ。

MuuseoSquareイメージ

英国本国でも同じ物が使われているという、古い機械でネームの刻印は行われる。金箔と特殊な素材で構成されたシートを乗せた革製品に、スタンピング機で100℃前後に熱した金属製の活版を押し付けて刻印を行う、昔ながらの職人の手仕事だ。

1文字1文字が別れた、活版のパーツ。欧州では1445年頃に聖書の印刷の為にヨハネス・グーテンベルクによって開発された、活版印刷と同じ技術が使われている。

1文字1文字が別れた、活版のパーツ。欧州では1445年頃に聖書の印刷の為にヨハネス・グーテンベルクによって開発された、活版印刷と同じ技術が使われている。

昔ながらの機械に、金属製の活版の組み合わせを嵌め込んでいく。

昔ながらの機械に、金属製の活版の組み合わせを嵌め込んでいく。

好みのアルファベットを刻印してもらうことができる。

好みのアルファベットを刻印してもらうことができる。

10周年を記念した各種イベントは年内開催予定

ヴァルカナイズ・ロンドン 10周年記念特設ページ
https://www.vulcanize.jp/lifestyle/vulcanize-london-10th-anniversary-2/

ヴァルカナイズ・ロンドン 10周年記念特設ページ
https://www.vulcanize.jp/lifestyle/vulcanize-london-10th-anniversary-2/

英国コートフェアや、英国ロイヤルウエディングのフラワーデザインを手がけたブランド「ジェーン・パッカー」のワークショップ、お得な「クラブハウスカード」ポイントフェアなど、10周年を記念したイベントは年内、ヴァルカナイズ・ロンドン各店で開催予定とのこと。英国製品好きは要チェックだ。

会場では当日限定のプレゼント企画も行われた。写真はヴァルカナイズ・ロンドンを運営するBLBG株式会社のCEO、田窪寿保氏から当選者が発表されている様子。

会場では当日限定のプレゼント企画も行われた。写真はヴァルカナイズ・ロンドンを運営するBLBG株式会社のCEO、田窪寿保氏から当選者が発表されている様子。

ジェームズ・ボンドは今も昔も愛され続ける、英国のシンボルのひとつだ。

ジェームズ・ボンドは今も昔も愛され続ける、英国のシンボルのひとつだ。

Read 0%

その他のPickup News