表現者に寄り添うジュエリー。ATELIER D’ORNEMENTS始動。

File

東京、パリ、ハンガリーやウズベキスタンで修行したジュエリー職人の八田春海さんが、パリでアトリエ「ATELIER D’ORNEMENTS」を立ち上げた。

リリース配信元
リリース配信日時:2019年3月3日

ATELIER D’ORNEMENTSは、ジュエリー職人の八田春海さんが立ち上げたオーダーメイドジュエリー専門のアトリエ。パリを拠点にオリジナル品にこだわって製作している。

ジュエリーは原型を一から起こし、細かいパーツを含めて全て手作業で作られる。

MuuseoSquareイメージ

八田さんはアトリエ立ち上げにあたりこう語っている。

「考え方や生き方を表現する手段としてものづくりに興味を持ってくれる人に対してベストなものを提供したい気持ちがあります。デザイナーとして自社コレクションをアピールしていくのではなく、表現したいアイデアや想い(フルオーダーのブライダルリングだったり、家族から受け継いだものをリメイクして使いたいなど)がある人を技術とセンスでサポートするような立ち位置で製作をしています」

MuuseoSquareイメージ

そういった思いの延長線上で、撮影衣装や洋服ブランドのコレクションのジュエリー製作にも力を入れている。

具体的には、12月にアトリエを立ち上げてからメキシコ版ELLEの表紙、アーティストYears & YearsのボーカルOlly Alexanderの衣装などを手掛けてきた。

日本からのオーダーも受け付けている。製作期間は平均2~5ヶ月ほどだそう。

ATELIER D’ORNEMENTSのインスタグラムにはこれまで製作してきたジュエリーなどが掲載されている。それらも合わせてチェックしてほしい。

オーダーに関する問い合わせはsalesアットatelierdornements.comまで。(アットを@に置き換えてお問い合わせください)

MuuseoSquareイメージ
MuuseoSquareイメージ
Read 0%

その他のPickup News

SCROLL