みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

Shaggy & Sting / 44/876

(2018)
シャギーとスティングが組んだアルバム。スティングのマネージャーで、2人を引き合わせたマーティン・キーゼンバウムがエグゼクティブ・プロデューサーを務めた。
ニューヨークにある2カ所のスタジオで録音されていて、ロビー・シェイクスピアやドミニク・ミラー、ブランフォード・マルサリスなどが参加している。
ソロになってジャズやクラシックといった音楽を取り入れてきたが、スティングの音楽の原点のひとつとも言えるレゲエのアルバムを録音したのは遅い感じもする。が、機が熟したのかもしれない気がする。
暖かくなってきたこの時期のリリースもいい気分になれたりする。
輸入盤は、12曲入りの通常盤、16曲入りのデラックス・エディションに加え、ライヴを収録した2枚組のスーパー・デラックス・エディションがリリースされているが、国内盤は18曲入り+DVDという訳のわからない展開となっている。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. 44/876
02. Morning Is Coming
03. Waiting For The Break Of Day
04. Gotta Get Back My Baby
05. Don’t Make Me Wait
06. Just One Lifetime
07. 22nd Street
08. Dreaming In The U.S.A.
09. Crooked Tree
10. To Love And Be Loved
11. Sad Trombone
12. Night Shift
Bonus Tracks
13. If You Can‘t Find Love
14. Love Changes Everything
15. 16 Fathoms
16. Don‘t Make Me Wait (Dave Audé Rhythmic Radio Remix)

File