みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

Bill Evans (August 16, 1929 - September 15, 1980 ; aged 51)

最初に聴いたジャズがBill Evansの "Waltz For Debby"、数年後に初めて買ったジャズのレコードが "You Must Believe In Spring"でした。10代らしく生真面目に聴いて、ピアノをほとんど弾けないのに、当時としてはかなり珍しい海外の楽譜を取り寄せてvoicingを確認したりもしました。ビル・エヴァンスとの出会い方としては、幸運だったと思っています。

  • Loading

    Miles Davis / Kind Of Blue (US, mono, Columbia, CL 1355) <August 17, 1959>

  • Loading

    Bob Brookmeyer & Bill Evans / The Ivory Hunters (US, United Artists Records, UAL-3044) <1959>

  • Loading

    Bill Evans / Sunday At The Village Vanguard (US, mono, Riverside Records, RLP 376) <October 1961>

  • Loading

    Bill Evans / Waltz For Debby (US, mono, Riverside Records, RLP 399) <1961>

  • Loading

    Bill Evans Trio / At Town Hall Volume One (US, Verve Records, V-8683, mono, yellow label promo) <1966>

  • Loading

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968>

  • Loading

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968> その②

  • Loading

    Bill Evans / Montreux II (US, CTI Records, CTI 6004) <1970>

  • Loading

    Bill Evans / You Must Believe In Spring (US, Warner Bros. Records, HS 3504)

  • Loading

    Tony Scott / Golden Moments (US, Muse Records, MR 5230) <1959, 1982>

  • 1
    Loading

    Miles Davis / Kind Of Blue (US, mono, Columbia, CL 1355) <August 17, 1959>

    Miles Davis / Kind Of Blue (US, mono, Columbia, CL 1355)<August 17, 1959>
    Recorded ; March 2 and April 22, 1959
    Studio ; Columbia 30th Street Studio in New York City

    Miles Davis – trumpet
    Julian "Cannonball" Adderley – alto saxophone (except on "Blue in Green")
    John Coltrane – tenor saxophone
    Bill Evans – piano (except on "Freddie Freeloader")
    Wynton Kelly – piano (on "Freddie Freeloader")
    Paul Chambers – double bass
    Jimmy Cobb – drums

    (side 1) XLP47324-1D
    (side 2) XLP47325-1G

    オリジナルでは「オール・ブルース」と「フラメンコ・スケッチズ」が間違って記載されています。
    プロモ盤は激レアで、これまで見かけたものに限って言えば、傷だらけの盤でも3万円以上、良好な盤は6-8万円程度、美盤は15万超えでしょうか。なかなか手が出ませんね。とりあえず安めの盤をゲットしましたが。

    Blue In Green
    https://www.youtube.com/watch?v=pz_eGZ8U5kY

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/18

    • 6
    • 0
  • 2
    Loading

    Bob Brookmeyer & Bill Evans / The Ivory Hunters (US, United Artists Records, UAL-3044) <1959>

    Bob Brookmeyer & Bill Evans / The Ivory Hunters (US, United Artists Records, UAL-3044) <1959>
    (Side 1) U9M-1023 (oss-6-30-59)
    (Side 2) U9M-1024

    "The Ivory Hunters" (subtitled Double Barrelled Piano) is an album by jazz pianists Bill Evans and Bob Brookmeyer, originally released on the United Artists label, featuring Evans and Brookmeyer with Percy Heath, and Connie Kay, recorded in 1959.

    Recorded March 12, 1959. NYC.
    Piano – Bill Evans, Bob Brookmeyer
    Bass – Percy Heath
    Drums – Connie Kay

    あの"Kind Of Blue"が録音されたのは1959年3月2日と4月22日で、3月2日のセッションは "So What", "Freddie Freeloader", "Blue in Green"を録音したそうです。その10日後にBill Evansが録音したのが本作品と思うと、俄然興味が湧きます。しかもトロンボーンのBob Brookmeyerとのピアノ連弾って・・・。

    https://www.youtube.com/watch?v=-Wi-hHcD2eg

    • いいね!

    • 登録日:2018/12/15

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    Bill Evans / Sunday At The Village Vanguard (US, mono, Riverside Records, RLP 376) <October 1961>

    Bill Evans / Sunday At The Village Vanguard (US, mono, Riverside Records, RLP 376) <October 1961>
    (Side 1) RLP-12-376-A-1
    (Side 2) RLP-12-376-B-1

    "Sunday at the Village Vanguard" is a live album by jazz pianist and composer Bill Evans and his Trio consisting of Evans, bassist Scott LaFaro, and drummer Paul Motian. Released in 1961, the album is routinely ranked as one of the best live jazz recordings of all time.

    https://www.youtube.com/watch?v=HgwPvFeBRIw

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/9

    • 8
    • 0
  • 4
    Loading

    Bill Evans / Waltz For Debby (US, mono, Riverside Records, RLP 399) <1961>

    Bill Evans / Waltz For Debby (US, mono, Riverside Records, RLP 399) <1961>
    (SIDE 1) RLP-12-399-A
    (SIDE 2) RLP-12-399-B
    Recorded 'live' at The Village Vanguard; New York; June 25, 1961.

    ビートルズ、サイモン&ガーファンクル、エア・サプライ、エリック・クラプトン、ロッド・スチュワート、ピンク・フロイド、・・・などなど、ラジオ特集を録音したカセット・テープや兄貴の棚にあるレコードなどを節操なく聴いて中学生時代を過ごした僕が、初めて聴いたジャズは兄貴のCD棚にあったビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」でした。それは、ちょっと年上の従妹が兄の大学合格祝いに送ってくれたものでした。

    日本では何故か100万枚以上売れているそうですが、この作品はあまり初心者向きの作品ではないと思います。曲のテーマは複雑に処理されていますし、典型的な4ビートではありませんし、オーソドックスで分かりやすいバップの作品に比べるとはるかに難解です。

    実際かなり長い間「ナニコレ」と思いながら、背伸びして無理して聴いていたのを覚えています。聴き続けていたのは、理解できないながらも強く惹き付けられるものがあったのでしょう。そうして、いつの間にか徐々にこの作品にのめりこむようになり、気付けばすっかりエヴァンスのオタクになってました。18歳の頃にはこのアルバムの楽譜(海外からの輸入品)で見つけてvoicingを確かめてみたりしました。ちょうどそのころにリヴァーサイドCD18枚組がリリースされたのを買ってみたりもしました。
     
    今では、ミュージアムをご覧の通り、なんでも節操なく聴くリスナーです。でも、この作品は今でも定期的に聴きたくなる、本当の名盤ですね。

    ということで、ミュージアム1000枚目の記念に、このレコを選びました。

    USのオリジナル盤は状態によりますが4-6万円程度でしょうか。UKオリジナル盤のほうがむしろ高い値がついているような(先日実際6万円で売れたし)。白ラベルのプロモ盤は、かなり差がありますね。状態が悪くても5万、良いのは30万円ぐらいかなぁ。。。

    Bill Evans - Waltz for Debby
    https://www.youtube.com/watch?v=P0FIsFD9MXU

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/21

    • 6
    • 0
  • 5
    Loading

    Bill Evans Trio / At Town Hall Volume One (US, Verve Records, V-8683, mono, yellow label promo) <1966>

    Bill Evans Trio / At Town Hall Volume One (US, Verve Records, V-8683, mono, yellow label promo) <1966>
    Recorded at Town Hall, New York on February 22, 1966
    Piano – Bill Evans
    Bass – Chuck Israels
    Drums – Arnold Wise

    (Side 1) V-8683 MG-782 -RE-2 21 VAN GELDER
    (Side 2) V-8683 MG-783 21 VAN GELDER

    ●ジャケ●
    天割れなし、底抜けなし、スパイン抜けなし。周囲のハゲは少なく良好。
    コーナーの軽度の潰れあり。
    リングウエア・スレ・汚れは軽度であまり目立ちません。
    かなりガッシリとしています。
    見開きの内側にシミが中等度。
    良い状態だと思います。
    VG(+)以上です。

    ●レコ●
    黄ラベルのプロモ盤です。
    ヒゲ多め、スレ少し、キズやや多め。
    私が見て目立つと思うキズは両面ともたくさんあります。
    針圧わずか1.5gでも針飛びせず、問題なく再生できます。
    Side 2ではプツプツなり気になる部分もあります。
    VG(+)です。

    https://www.youtube.com/watch?v=GmfxPfq7xeg

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/23

    • 7
    • 0
  • 6
    Loading

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968>

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968>
    (Side 1) V-6 8762 SIDE 1 MGS 1706
    (Side 2) V-6 8762 SIDE 2-MGS 1707
    June 15, 1968, Montreux Jazz Festival, Casino De Montreux, Switzerland

    Bill Evans - piano
    Eddie Gómez - double bass
    Jack DeJohnette - drums

    Bill Evans at the Montreux Jazz Festival is a 1968 album by the American jazz pianist Bill Evans, recorded live at that year's Montreux Jazz Festival. The trio's performance on this album won them the 1969 Grammy for Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group.

    https://www.youtube.com/watch?v=qa6maJrd3xw
    最初にメンバー紹介あり;
    演奏は57秒あたりから

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/5

    • 6
    • 0
  • 7
    Loading

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968> その②

    Bill Evans / At The Montreux Jazz Festival (US, Verve Records, V6-8762) <1968> その②

    (Side 1) V-6 8762 SIDE 1 MGS 1706
    (Side 2) V-6 8762 SIDE 2-MGS 1707
    June 15, 1968, Montreux Jazz Festival, Casino De Montreux, Switzerland

    Bill Evans - piano
    Eddie Gómez - double bass
    Jack DeJohnette - drums

    A1 "Spoken Introduction" – 0:57
    A2 "One for Helen" (Bill Evans) – 4:22
    A3 "A Sleepin' Bee" (Harold Arlen, Truman Capote) – 6:05
    A4 "Mother of Earl" (Earl Zindars) – 5:14
    A5 "Nardis" (Miles Davis) – 8:23

    B1 "I Loves You, Porgy" (George Gershwin, Ira Gershwin, DuBose Heyward) – 6:00
    B2 "The Touch of Your Lips" (Ray Noble) – 4:45
    B3 "Embraceable You" (G. Gershwin, I. Gershwin) – 6:45
    B4 "Some Day My Prince Will Come" (Frank Churchill, Larry Morey) – 6:08
    B5 "Walkin' Up" (Evans) – 3:34

    CDになったときに初めて世に出たDenny Zeitlinの"Quiet Now"も、なんで収録されなかったのか・・・という素晴らしい演奏です。

    https://www.youtube.com/watch?v=td7VPGOBDNY

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/21

    • 8
    • 0
  • 8
    Loading

    Bill Evans / Montreux II (US, CTI Records, CTI 6004) <1970>

    Bill Evans / Montreux II (US, CTI Records, CTI 6004) <1970>
    (SIDE 1) RVG 87657 A 11 6 70
    (SIDE 2) RVG 87657 B 11 6 70

    Personnel: Bill Evans (p) Eddie Gómez (bs) Marty Morrell (dr)
    Released: 1970
    Recorded: June 19 & 20, 1970

    "Montreux II" is a live album by jazz pianist Bill Evans with Eddie Gómez and Marty Morell, recorded at the Montreux Jazz Festival in Switzerland in 1970 and released on the CTI label.The album was the second of Evans' Montreux concert recordings to be released, following the Grammy Award-winning Bill Evans at the Montreux Jazz Festival (1968).

    あの1968年の名盤のようにはいかないだろうと期待せず聴きましたが、あまりにも素晴らしいレコで感動。

    https://www.youtube.com/watch?v=znJUa20xm-k

    • いいね!

    • 登録日:2019/10/6

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    Bill Evans / You Must Believe In Spring (US, Warner Bros. Records, HS 3504)

    Bill Evans / You Must Believe In Spring (US, Warner Bros. Records, HS 3504)
    (side 1) HS-1-3504-E1 A TML-M SM#1 EDP PM1SF1SM3 38354-E
    (side 2) HS-2-3504-B E1 #1 TML-M 38354-B SM#3 EDP PM1SF1SM4

    1977年8月23-25日に録音されたものの、死後の1981年に発表された作品。1977年は、"I Will Say Goodbye"(5月11–13日録音)と双生児的な作品です。自殺したEllaine Schultz(common-law wifeといいますから内縁関係だったということなんでしょうね)に捧げた"B Minor Waltz (for Ellaine)"と、同じく自殺した兄Harryに捧げた"We Will Meet Again (for Harry)"のオリジナル2曲を核とした作品です。

    死後まで発売されなかった理由が全く分からない完成度を誇る作品で、1981年にグラミー賞「Best Jazz Instrumental Solo」を受賞した"I Will Say Goodbye"、同じく1981年にグラミー賞「Best Jazz Instrumentals」を受賞した"We Will Meet Again"などより遙かに良く聴こえます。

    https://www.youtube.com/watch?v=pO5dSvdkVTc&list=PL4uTeU_1y8TeL63V1lXhjQMoUgXr9tfMd

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/20

    • 7
    • 0
  • 10
    Loading

    Tony Scott / Golden Moments (US, Muse Records, MR 5230) <1959, 1982>

    Tony Scott / Golden Moments (US, Muse Records, MR 5230)<1959, 1982>
    Clarinet, Engineer, Producer – Tony Scott
    Piano – Bill Evans
    Bass – Jimmy Garrison
    Drums – Pete LaRoca
    Recorded : August 1-9, 1959

    (SIDE A) MR5230-A-1-1-1 PRC
    (SIDE B) MR5230-B-1-1-1 PRC

    A-1 Like Someone In Love
    A-2 Walkin'
    A-3 I Can't Get Started
    B-1 Free And Easy Blues
    B-2 My Melancholy Baby

    なんとエヴァンスが参加した1959年1月のNYのSHOWPLACEでの演奏(ちなみに"Kind Of Blue"参加は1959年3月)。エヴァンスの知名度がまだ低かったのでしょうけど、客が結構大きな声で話しています。エヴァンスらしく非常に美しい演奏で始まるA-1ですが、ソロでは(うるさい客に怒っているのか?)珍しく粗く叩きつけるような演奏をしています。

    https://www.youtube.com/watch?v=EBS4xhnmd1Q

    ●ジャケ●
    天割れなし、底抜けなし、スパイン抜けなし。周囲のハゲは少なく良好。
    コーナーの軽度の潰れあり。
    リングウエア・スレ・汚れは軽度であまり目立ちません。
    プロモのゴールド・スタンプあり。
    右下の方に少しウォーター・ダメージあり。
    良い状態だと思います。
    VG(+)です。

    ●レコ●
    白ラベルのプロモ盤です。
    ヒゲそれなり、スレ・キズはわずか。
    キズは薄く、指で触れるような深いキズはありません。
    針圧わずか1.5gでも針飛びせず、問題なく再生できます。
    VG(+)以上です。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/21

    • 6
    • 0