みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

ギター・ヒーロー

70年代の作品が好きです。

  • Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1E / 1D

  • Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975>

  • Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1C / 1C

  • Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2A / -2E

  • Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2A / -2A

  • Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2D / -2D

  • Loading

    Jeff Beck / Wired (US, Epic, PE 33849) < released ; May 1976>

  • Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) March 1977, MAT ; - 1G / - 1A

  • Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) March 1977, MAT ; - 1C / - 1E

  • Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (US, Epic, PE 34433) <March 1977>

  • Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1A / 1B

  • Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1D / 1C

  • Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1F / 1J

  • Loading

    Frank Zappa / Over-nite Sensation (Discreet, MS 2149) <1973>

  • Loading

    The Mothers / The Grand Wazoo (Reprise Records, MS 2093) <1972>

  • Loading

    Frank Zappa / Apostrophe (') (Discreet, DS 2175) <1974> MAT ; 1A/1A

  • Loading

    Frank Zappa / Apostrophe (') (Discreet, DS 2175) <1974> MAT ; 1A/1A

  • Loading

    The Joe Perry Project / Let The Music Do The Talking (US, Columbia, JC 36388) <1980> MAT ; 1F / 1F

  • Loading

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>

  • Loading

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>

  • Loading

    David Lindley And El Rayo-X / Win This Record ! (Asylum Records, 60178)

  • Loading

    Alvin Lee / Pump Iron ! (Columbia, PC 33796) <1975>

  • Loading

    Duane Allman / An Anthology (US, Capricorn Records, 2CP 0108) <November 1972>

  • Loading

    Albert Lee / Hiding (US, A&M Records, SP 4750) <1979>

  • Loading

    Stevie Ray Vaughan And Double Trouble / Live Alive (US, Epic, E2 40511) <November 15, 1986>

  • Loading

    Jeff Beck Group / Rough And Ready (US, Epic, KE 30973) <October 25, 1971>

  • 1
    Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1E / 1D

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1E / 1D
    カットの位置が一致しているので、オリジナルのインナー・スリーヴだと思います。Epicは広告なしの真っ白・安っぽいインナー・スリーヴのことが多いですよね。
    ベックのこの時期のほかのアルバム同様、マトが数種類ありそうです。

    なんだかんだ、ベックではこれを聴く機会が一番多いです。
    発表当時の『ギター殺人者の凱旋』という邦題は、今から考えるとビミョー・・・当時そう思わなかったってのはなぜでしょう??

    https://www.youtube.com/watch?v=rKtlqyDQIlg

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 2
    Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975>

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975>
    (side 1) P AL 33409-1E
    (side 2) P BL 33409-1D

    なんだかんだ、ベックではこれを聴く機会が一番多いです。行きつけのバーにいるセミプロのギタリストのマスターが「やっぱりベックだよねー」「ジミー・ペイジとかクラプトンなんか聴いてられん」と、そのときにいたクラプトン好きの客を敵に回すようなことを言ってました。

    しかし何度聞いても飽きませんな。

    https://www.youtube.com/watch?v=kW4Id4K-ZUw

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 3
    Loading

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1C / 1C

    Jeff Beck / Blow By Blow (US, Epic, PE 33409) <March 29, 1975> MAT ; 1C / 1C
    (side 1) P AL 33409-1C
    (side 2) P BL 33409-1C

    カットの位置が一致しているので、オリジナルのインナー・スリーヴだと思います。Epicは広告なしの真っ白・安っぽいインナー・スリーヴのことが多いですよね。
    ベックのこの時期のほかのアルバム同様、マトが数種類ありそうです。

    なんだかんだ、ベックではこれを聴く機会が一番多いです。
    発表当時の『ギター殺人者の凱旋』という邦題は、今から考えるとビミョー・・・当時そう思わなかったってのはなぜでしょう??

    この曲を聴くと、この曲を好きだった部の先輩を思い出します。
    超絶テクの人でした。
    バンド名は「酒癖改善委員会」だったっけ。
    https://www.youtube.com/watch?v=89OTZV-NHkU

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 4
    Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2A / -2E

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2A / -2E
    好きなもので・・・だからって3枚も持っているのは、我ながらどうかとも思いますが。マトはすべて違いますね。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 5
    Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2A / -2A

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> マト末尾は「2A/2A」です。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 6
    Loading

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> MAT ; -2D / -2D

    Jeff Beck / Wired (Epic, PE 33849) < released ; May 1976> マト末尾は「2D/2D」です。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 7
    Loading

    Jeff Beck / Wired (US, Epic, PE 33849) < released ; May 1976>

    Jeff Beck / Wired (US, Epic, PE 33849) < May 1976>
    (SIDE 1) P AL 33849-2A
    (SIDE 2) P BL 33849-2A

    Wired is the third solo album by British guitarist Jeff Beck, released on Epic Records in 1976. An instrumental album, it peaked at No. 16 on the Billboard 200 and has been certified platinum by the RIAA.

    この盤では、同じ白ラベルのプロモ盤でも、マトの末尾は「2A/2A」「2A/2E」「2D/2D」などがあります。個人的には5枚ほど見てきたこのプロモで一番若いのはこの「2A/2A」です。

    https://www.youtube.com/watch?v=TuLzcV6J20U

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/28

    • 6
    • 0
  • 8
    Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) March 1977, MAT ; - 1G / - 1A

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) <released ; March 1977 > 1976年夏~秋ごろの録音らしいです。マト末尾は「1G/1A」です

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 9
    Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) March 1977, MAT ; - 1C / - 1E

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (Epic, PE 34433) <released ; March 1977 > 1976年夏~秋ごろの録音らしいです。マト末尾は「1C/1E」です。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 10
    Loading

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (US, Epic, PE 34433) <March 1977>

    Jeff Beck With The Jan Hammer Group / Live (US, Epic, PE 34433) <March 1977>
    (side 1) AL 34433-1C 1T
    (side 1) BL 34433-1G 1T

    あんまりにも好きすぎて、我ながら何枚持ってるんだか分かりません。でもビートルズの諸作品はどれも10枚以上持ってたことがあるから(断捨離中で減ってきています)、これはまだマシなほうかな。

    https://www.youtube.com/watch?v=9RunGIGH03M&list=RD9RunGIGH03M&start_radio=1

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 11
    Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1A / 1B

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1A / 1B

    ロック側からフュージョンへのアプローチですが、聴いた印象は70年代後半~80年代前半にかけてのこの手の音楽はどれも似ている気がします。ギターが弾ける人に訊くと、かならず「3大ギタリストで選ぶなら、一番うまいのはベック」と言いますね。
    https://www.youtube.com/watch?v=OwK3U5Y1K8I

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 7
    • 0
  • 12
    Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1D / 1C

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1A / 1B

    このアルバムならこの曲が好きです。
    https://www.youtube.com/watch?v=okOjJQ1xrAg

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 7
    • 0
  • 13
    Loading

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1F / 1J

    Jeff Beck / There & Back (US, Epic, FE 35684) <June 1980> MAT ; 1F / 1J

    (side 1) T1 PAL 35684-1F
    (side 2) T1 PBL 35684-1J
    このマトのプロモを数回見たことがあります。
    ほか、以前にupした「1A/1B」や「1D/1C」などがあります。

    https://www.youtube.com/watch?v=FfbNve6eJOM
    このアルバムの中でもっとも録音の古い1978年12月の作品がこの"Star Cycle"などになるそうです。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    Frank Zappa / Over-nite Sensation (Discreet, MS 2149) <1973>

    Frank Zappa / Over-nite Sensation (Discreet, MS 2149) <1973>

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 0
  • 16
    Loading

    Frank Zappa / Apostrophe (') (Discreet, DS 2175) <1974> MAT ; 1A/1A

    Frank Zappa / Apostrophe (') (US, Discreet, DS 2175) <1974> MAT ; 1A/1A

    このアルバムは、何回見ても買ってしまいます。。。。
    マトはもう一枚のものと同じで末尾がA1/1Aです。

    インナー・スリーヴは、オリジナルかどうかわかりません。
    これ、ジャクソン・ブラウンのデビュー作のインナー・スリーヴと同じなんですよ。。。。

    https://www.youtube.com/watch?v=zJe-XGoxEQ4

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 17
    Loading

    Frank Zappa / Apostrophe (') (Discreet, DS 2175) <1974> MAT ; 1A/1A

    この作品でザッパを知りました。特別な思い入れがあるので、なんとか白ラベルを欲しいと、探していましたが、ザッパのプロモ盤は本当に珍しいです。最低でも1万5千円越え、2万クラスもザラですね。Freak Outのプロモ、欲しいけど、価格相場を知りたくないな・・・・。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 18
    Loading

    The Joe Perry Project / Let The Music Do The Talking (US, Columbia, JC 36388) <1980> MAT ; 1F / 1F

    The Joe Perry Project / Let The Music Do The Talking (US, Columbia, JC 36388) <1980>
    (side 1) AL36388-1F
    (side 2) BL36388-1F です。

    タイトル曲"Let The Music Do The Talking"はのちのエアロスミス復活作の1曲目になりました。このアルバム収録の演奏と比較すると、やはりエアロの録音の方がずっといいんですが、でもこのアルバム全体の雰囲気はなかなかイイです。この時期(低迷期)のエアロスミスよりもずっといいかもしれません。

    https://www.youtube.com/watch?v=ZVkzvkGeLIo

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/6

    • 7
    • 0
  • 19
    Loading

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>
    (side 1) 7E-1059 A CSM (side 2) 7E-1059 B CSM

    Don Henley, Glenn Frey,Joe Walsh, Linda Ronstadtといったイーグルス関連の人物、ほかNed Doheny, Lowell George, Andrew Gold, Art Garfunkel, David Crosby, Danny Kortchmar, Peter Asherといったアサイラム人脈総動員という感じで録音された作品です。そうえいばJackson Browneは参加していませんな。Donald Byrdもフリューゲル吹いています。

    https://www.youtube.com/watch?v=psvbkeUINlk

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 8
    • 0
  • 20
    Loading

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>

    John David Souther / Black Rose(US, Asylum, 7E-1059)<1976>
    (side 1) 7E-1059 A-1 CSM
    (side 2) 7E-1059 B CSM

    ちなみに、前回見つけたレコのマトは
    (side 1) 7E-1059 A CSM
    (side 2) 7E-1059 B CSM でした。

    Don Henley, Glenn Frey,Joe Walsh, Linda Ronstadtといったイーグルス関連の人物、ほかNed Doheny, Lowell George, Andrew Gold, Art Garfunkel, David Crosby, Danny Kortchmar, Peter Asherといったアサイラム人脈総動員という感じで録音された作品です。でもそうえいばJackson Browneは参加していませんな。Donald Byrdもフリューゲル吹いています。

    繰り返し聴くと、いい感じでなじんできます。名盤ですね。

    If You Have Crying Eyes
    https://www.youtube.com/watch?v=tzn04S2R5Yo&start_radio=1&list=RDtzn04S2R5Yo
    Linda Ronstadtとのデュエットです。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 21
    Loading

    David Lindley And El Rayo-X / Win This Record ! (Asylum Records, 60178)

    David Lindley And El Rayo-X / Win This Record ! (Asylum Records, 60178)
    (side 1) 60178-A-7-RE SH AR TML-SB-17149-A7Re △2465
    (side 2) 60178 B-1 SH-SR TML-S △2465-×
    両面ランアウトに、はっきりと読めない文字があります。

    ネットで見てるとリンドレーを「弦楽器の怪人」なんて呼ぶ人がちらほら。最近はそんな扱いなんですかねー。
    1982年の本作品"Win This Record !"は1981年4月の"El Rayo-X"に続く名作。
    できばえは前作に劣ると思っていますが、多彩な音楽性、楽しさという点では前作と双生児的なイメージで、勝手に「青盤」「赤盤」と呼ばせてもらってます。

    https://www.youtube.com/watch?v=cGm1WJsi9rw

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 22
    Loading

    Alvin Lee / Pump Iron ! (Columbia, PC 33796) <1975>

    Alvin Lee / Pump Iron ! (Columbia, PC 33796)
    (side 1) PAL-33796-1G
    (side 2) PBL-33796-1G
    ブルース・ロック系の名バンドTen Years Afterのギタリスト、です。1975年のソロ作品です。めっちゃカッコいいです。
    https://www.youtube.com/watch?v=yLDvxorMKsE

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 7
    • 0
  • 23
    Loading

    Duane Allman / An Anthology (US, Capricorn Records, 2CP 0108) <November 1972>

    Duane Allman / An Anthology (US, Capricorn Records, 2CP 0108) <November 1972>
    (side 1) 2CP-260-0108 40258-1-1E
    (side 2) 2CP-260 0108 40259-1-1F
    (side 3) 2CP-260-0108 40260-1-1F
    (side 4) 2CP-260-0108 40261-1-1E

    ベスト盤とかレア・テイク集とかを避けて聴いていたので、この作品を聴いたのはロックを聴くようになってから20年以上後でした。ええ、そりゃあ「早く聴けばよかった」と後悔しましたよ。

    https://www.youtube.com/watch?v=2jJ7iFWpPaA

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 24
    Loading

    Albert Lee / Hiding (US, A&M Records, SP 4750) <1979>

    Albert Lee / Hiding (US, A&M Records, SP 4750) <1979>
    (side 1) SP-5237-M1 △24140①
    (side 2) SP-5238-M3 △24140-×③

    "Guitar player's guitar player"の尊称をもつ偉大なセッション・プレイヤーによる1979年のデビュー作。このアルバムのリリースの直前1978年から5年ほどEric Claptonのバンドに参加し"Just One Night", "Another Ticket", "Money and Cigarettes"に名を連ねています。よくそんな時間が取れたなと思いますね。

    Albert Leeといえば、この曲ですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=usIK8PP3kAM

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 25
    Loading

    Stevie Ray Vaughan And Double Trouble / Live Alive (US, Epic, E2 40511) <November 15, 1986>

    Stevie Ray Vaughan And Double Trouble / Live Alive (US, Epic, E2 40511) <November 15, 1986>
    (SIDE 1) PAL 40551-1G G1 Precision
    (SIDE 2) PBL 40551-1G G1 Precision
    (SIDE 3) PAL 40552-1F G1 Precision
    (SIDE 4) PBL 40552-1C G1 Precision

    レイ・ヴォーンの名ライヴ盤。レイ・ヴォーンのプロモには白ラベル盤がありません。

    1985年に偶然にレイ・ヴォーンを知りファーストとセカンドにどハマりし、さんざんコピーしました。この作品はUSに旅行に行った両親お土産に買ってきてもらってリアル・タイムで聴きました。田舎住まいでタワレコもない環境したので、ちょっと自慢できると思っています♪

    https://www.youtube.com/watch?v=FR_EAeFAyn8&list=PL81CB09F2F6EE43E2&index=11

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/23

    • 8
    • 0
  • 26
    Loading

    Jeff Beck Group / Rough And Ready (US, Epic, KE 30973) <October 25, 1971>

    Jeff Beck Group / Rough And Ready (US, Epic, KE 30973) <October 25, 1971>
    (SIDE 1) P AL-30973-4B 2
    (SIDE 2) BL-30973-2B 2

    Guitar – Jeff Beck
    Piano – Max Middleton
    Bass – Clive Chaman
    Drums – Cozy Powell
    Lead Vocals – Bob Tench

    『ラフ・アンド・レディ』(Rough and Ready) は、1971年にリリースされたジェフ・ベック・グループのアルバム。

    前作発表後、1969年11月にベックは交通事故を起こし、三ヶ月の入院生活を送る。その間にティム・ボガート、カーマイン・アピスらとの新バンド構想は頓挫し、ティムとカーマインはカクタスを結成する。ベックは退院後再びメンバー探しを行い、メンバーが確定したのは結局一年以上たった1971年5月のことであった。第二期ジェフ・ベック・グループはロンドンのアイランド・スタジオでニュー・アルバムのレコーディングを開始する。

    本作ではブラック・ミュージックからの多大な影響が見て取れる。メンバーにボブ・テンチ、クライヴ・チャーマンといった黒人アーティストを加えた点からも、ベックがブラック・ミュージックに対するこだわりを持っていたことが窺える。

    (Wikipediaより)

    Situation
    https://www.youtube.com/watch?v=031Quer1N2A

    "Situation"

    People fight for the basic right to choose
    To live a life we don't intend to lose,
    The time has come when we must all decide
    To end our evil ways or let the whole world slide

    Who would of thought
    That wars were fought to free our nation
    We must make the changes
    From the basic situation
    Oooo yeah yeah

    Listen people
    It's all right
    When you've fought on foreign soil.
    Not your very own
    'Cause you don't want it destroyed
    We are keepin' our own identity
    We must look around
    For ideas to be real
    So many of the people have been justified.
    We must face the truth
    'Cause there ain't no real place to hide.

    Listen people
    If it's true that no one really cares
    We've got to sacrifice through the changing years
    Do the things we feel no matter most of all
    So let the people yeah
    Sweet music is our home
    Please realize happiness is your conviction
    You'll find in people all kinds of good reaction
    Whoa whoa whoa whoa

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:4 days ago

    • 8
    • 0