みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

ワールド・ミュージック

ケルト・ファド・ミュゼット・ロマ・フラメンコなどのヨーロッパ音楽や、カリプソ・サルサ・ボサノヴァ・タンゴなど南米音楽、なんでも聴きます。

  • Loading

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>

  • Loading

    Miriam Makeba / Keep Me In Mind (US, Reprise Records, RS 6381) <1970>

  • Loading

    Antonio Carlos Jobim / A Certain Mr. Jobim (Warner Bros. Records, W 1699)

  • Loading

    Amalia Rodrigues / Fado...The Soul Of Portugal (US, mono, Columbia, EX 5153) <1966>

  • Loading

    Astor Piazzolla / Tango: Zero Hour / Nuevo Tango: Hora Zero (Japan, American Clavé, 28PP-112) <November 5, 1986>

  • Loading

    Eddie Cano & His Quintet / Brought Back Live From PJ's (US, mono, Dunhill, D-50018)

  • Loading

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>

  • Loading

    The Freedom Sounds Featuring Wayne Henderson / Soul Sound System (US, Atlantic, 1512) <1968>

  • Loading

    Harry Belafonte / Live (US, RCA Victor, SPS-33-572) <1972>

  • Loading

    The Quartette Tres Bien / "In" Motion (US, Decca, DL 4791) <1966>

  • Loading

    The Chieftains / The Chieftains 7 (US, Columbia, JC 35612) <1978>

  • Loading

    The Chieftains / The Chieftains 8 (US, Columbia, JC-35726) <1979>

  • Loading

    The Gabby Pahinui Hawaiian Band / The Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume 1 (US, Warner Bros. Records, BS 3023) <1977>

  • Loading

    Cecilio & Kapono / Night Music (US, Columbia, PC 34300) <1977>

  • Loading

    Sérgio Mendes & Brasil '77 / Home Cooking (US, Elektra, 7E-1055) <1976>

  • Loading

    Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (US, mono, Mercury, MG 20751) <1962>

  • Loading

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>

  • Loading

    Irakere / Irakere (US, Columbia, JC 35655) <1979>

  • Loading

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>

  • Loading

    Mitchell-Ruff / Brazilian Trip (US, Epic, BN 26360) <1967>

  • Loading

    Mongo Santamaria / El Pussy Cat (US, mono, Columbia, CL 2298) <1965>

  • Loading

    Herb Ellis / Three Guitars In Bossa Nova Time (US, Epic, LA 16036) <1963>

  • Loading

    Quincy Jones & His Orchestra / Big Band Bossa Nova (US, stereo, Mercury, SR 60751) <Recorded ; June 15, 1962 – September 8, 1962>

  • Loading

    Ralph MacDonald / The Path (US, Marlin, MARLIN 2210) <1978> その②

  • Loading

    Antonio Carlos Jobim / The Wonderful World Of Antonio Carlos Jobim (US, WLP, mono, Warner Bros. Records ‎– W 1611) <1965>

  • Loading

    Candido / In Indigo (US, ABC-Paramount, ABC-236) <1958>

  • Loading

    Byron Lee / Jump Up (US, ATCO Records, 33-182) <1966>

  • Loading

    Bola Sete / Tour De Force (US, Fantasy, 3358) <1964>

  • 1
    Loading

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>
    (side 1) R-6073-A-1 10,213
    (side 2) R-6073-B-1 10,214

    Guitar – Barney Kessel, Alton Hendrickson, Bill Pitman
    Bass – Keith Mitchell
    Drums – Stan Levey
    Marimba – Emil Richards
    Percussion – Edward Talamantes*, Francisco Aguabelle*, Franck Capp*
    Saxophone, Flute – Paul Horn
    Trumpet – Conte Candoli
    Vibraphone – Victor Feldman

    バーニー・ケッセルのラテン系ジャズ・アルバム。本当に楽しい、素晴らしいアルバムです♪

    https://www.youtube.com/watch?v=F_qRGMLpCAs

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    Miriam Makeba / Keep Me In Mind (US, Reprise Records, RS 6381) <1970>

    Miriam Makeba / Keep Me In Mind (US, Reprise Records, RS 6381) <1970>

    ミリアム・マケバは「ママ・アフリカ」と呼ばれた南アフリカ共和国の歌手。このアルバムはヴァン・モリソンの"Astral Weeks"と"Moondance"でproducer・executive producerとして名を残したLewis Merensteinがプロデュースしています。それもあってでしょうか、オリジナル曲に混ざってヴァンの"Brand New Day"や"I Shall Sing"も収録されています。ほかBeatlesやCCR, Buffalo Springfieldなどのカヴァーがあるので、とっつきやすいですね。

    やっぱ、これでしょうかね!
    https://www.youtube.com/watch?v=JSSJWPkYOdE

    "Brand New Day"

    When all the dark clouds roll away
    And the sun begins to shine
    I see my freedom from across the way
    And it comes right in on time
    Well it shines so bright and it gives so much light
    And it comes from the sky above
    Makes me feel so free makes me feel like me
    And lights my life with love

    [Chorus:]
    And it seems like and it feels like
    And it seems like yes it feels like
    A brand new day, yeah
    A brand new day oh

    I was lost and double crossed
    With my hands behind my back
    I was longtime hurt and thrown in the dirt
    Shoved out on the railroad track
    I've been used, abused and so confused
    And I had nowhere to run
    But I stood and looked
    And my eyes got hooked
    On that beautiful morning sun

    [Chorus]

    And the sun shines down all on the ground
    Yeah and the grass is oh so green
    And my heart is still and I've got the will
    And I don't really feel so mean
    Here it comes, here it comes
    0 here it comes right now
    And it comes right in on time
    Well it eases me and it pleases me
    And it satisfies my mind

    [Chorus]

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    Antonio Carlos Jobim / A Certain Mr. Jobim (Warner Bros. Records, W 1699)

    Antonio Carlos Jobim / A Certain Mr. Jobim (Warner Bros. Records, W 1699)
    WS1699でなくW1699のモノラル盤です!
    (side 1) 9253 1F W-1699A
    (side 2) 9254 1A W-1699B

    https://www.youtube.com/watch?v=Lb1TPnvbxn0

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 4
    Loading

    Amalia Rodrigues / Fado...The Soul Of Portugal (US, mono, Columbia, EX 5153) <1966>

    Amalia Rodrigues / Fado...The Soul Of Portugal (US, mono, Columbia, EX 5153)
    (side 1) XLP111510-1B
    (side 2) XLP111511-1A
    1966年の名盤です。

    https://www.youtube.com/watch?v=1YriVM8sC7M

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 5
    Loading

    Astor Piazzolla / Tango: Zero Hour / Nuevo Tango: Hora Zero (Japan, American Clavé, 28PP-112) <November 5, 1986>

    Astor Piazzolla / Tango: Zero Hour / Nuevo Tango: Hora Zero (Japan, American Clavé, 28PP-112) <November 5, 1986>

    まだこのアルバムを聴いたことがない人は幸せです。
    生涯に何度も経験できないような衝撃的な音楽と今から出会うわけですから。

    https://www.youtube.com/watch?v=_rEr5ZAyuwU&list=PLK-eutyZMAleP1purAmyN9sp5nDKYbl4e
    https://www.youtube.com/watch?v=USlYQ686TfM

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 0
  • 6
    Loading

    Eddie Cano & His Quintet / Brought Back Live From PJ's (US, mono, Dunhill, D-50018)

    Eddie Cano & His Quintet / Brought Back Live From PJ's (US, mono, Dunhill, D-50018)
    (side 1) D-50018-A
    (side 2) D-50018-B

    めちゃパワフルライヴが聴ける、素晴らしい1枚。

    https://www.youtube.com/watch?v=31JXx336cOk

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 7
    Loading

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>
    (Side A) VDJ-2 SIDe-1
    (Side B) VDJ-2 SIDe 2

    Recorded ; March 18–19, 1963
    Stan Getz – tenor saxophone
    João Gilberto – guitar, vocals
    Antônio Carlos Jobim – piano
    Sebastião Neto – double bass
    Milton Banana – drums, pandeiro
    Astrud Gilberto – vocals on "The Girl from Ipanema", "Corcovado"

    Engineer [Recording] – Phil Ramone
    Producer – Creed Taylor

     この盤はプロモ・オンリー編集のなされた激レア盤です。盤はラベルが黄色で(白は存在しないと思います)プロモと分かるような記載がいくつも存在します。ジャケも、オリジナルと異なっていて、見開き内側の左上に "DESIGNED FOR PROGRAMMING" と記載されています。

     繊細な表現を好むジルベルトとハードにやりたいゲッツの意見が合わず、どの録音を残すかで議論になり、最終判断はしばしばプロデューサーに委ねられたと言われています。英語の話せないジルベルトがA.C.ジョビンに「こいつは馬鹿だと伝えろ」と言ったところジョビンは "Stan, João is saying that his dream always was to record with you". と伝えたというエピソードが残っています(このエピソード、わりと好きです)。

     ジャケ絵を描いたのはプエルト・リコ出身の抽象表現主義の画家 Olga Albizu です(抽象表現主義はアメリカが先導した初めての美術の潮流です:ジャクソン・ポロックが有名ですね)。Olga Albizuは本作品以外にも60年代前半のVerveのレコード・ジャケットを数多く手がけました。

     しかし、あのクソ下手くそなAstrud Gilbertoさえ参加していなかったら、不朽の名盤として扱われたかと思うと、あまりにも惜しいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=9KpIV57PSeo&list=RD9KpIV57PSeo


    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/16

    • 8
    • 0
  • 8
    Loading

    The Freedom Sounds Featuring Wayne Henderson / Soul Sound System (US, Atlantic, 1512) <1968>

    The Freedom Sounds Featuring Wayne Henderson / Soul Sound System (US, Atlantic, 1512) <1968>
    (SIDE 1) A-12885-A
    (SIDE 2) A-12886-A

    Trombone – Wayne Henderson
    Tenor Saxophone – Willie Gresham
    Baritone Saxophone, Flute – Jimmy Benson

    Vibraphone – Matt Hutcherson
    Piano – Harold Land, Jr.
    Bass – Pancho Bristol
    Drums – Fred Hampson
    Tambourine – Dee Allen
    Timbales – Ricky Chemelis
    Bongos, Bells – Max Guarduno
    Congas – Moises Oblagacion

    ザ・クルセイダーズのメンバーのトロンボーン奏者、ウェイン・ヘンダーソンを看板にした企画ユニット「フリーダム・サウンズ」の"PEOPLE GET READY"に並ぶ傑作アルバム。ソウル~ラテン~ジャズを取り込んだグルーヴが素晴らしいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=-lqjZ3xD7QE

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 9
    Loading

    Harry Belafonte / Live (US, RCA Victor, SPS-33-572) <1972>

    Harry Belafonte / Live (US, RCA Victor, SPS-33-572) <1972>
    (Side 1) BNRS 7210 1S
    (Side 2) BNRS 7211 1S
    プロモ・オンリー盤と思われます。Youtubeでは見つかりませんでした・・・・でもいい声していますよ。

    下記の音源は1959年のライヴです
    https://www.youtube.com/watch?v=cA69blkeVVI

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 10
    Loading

    The Quartette Tres Bien / "In" Motion (US, Decca, DL 4791) <1966>

    The Quartette Tres Bien / "In" Motion (US, Decca, DL 4791) <1966>
    (SIDE 1) MG10436T1
    (SIDE 2) MG10437T2
    Piano – Jeter Thompson
    Bass – Richard Simmons
    Drums – Albert St. James
    Bongos, Congas – Percy James

    クァルテット・トレ・ビアンはセントルイス出身のジャズ・コンボで、1960年頃に活躍しました。ピアノ・トリオにパーカッション(ボンゴ/コンガ)を加えた編成で、軽快でラテン色を帯びた演奏が人気を博しました。

    https://en.wikipedia.org/wiki/Quartette_Tr%C3%A9s_Bien

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 6
    • 0
  • 11
    Loading

    The Chieftains / The Chieftains 7 (US, Columbia, JC 35612) <1978>

    The Chieftains / The Chieftains 7 (US, Columbia, JC 35612) <1978>
    (SIDE 1) 1T AL 35612-1C
    (SIDE 2) T10 BL 35612-1D

    チーフタンズは1962年にアイルランドで結成されたアイリッシュ・フォーク・グループ。正統的ケルト音楽の手法を守りながら、他ジャンルからの影響を受けて、壮大な音楽世界を築いています。これは1978年の7枚目。なぜかこの頃の作品のプロモが比較的手に入りやすいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=L_kNC6GyJFM

    そうえいばディランやビートルズのデビューも1962年ですね。

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/16

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    The Chieftains / The Chieftains 8 (US, Columbia, JC-35726) <1979>

    The Chieftains / The Chieftains 8 (US, Columbia, JC-35726) <February 19, 1978>
    (SIDE 1) AL 35726-1G 1T
    (SIDE 2) P BL 35726-1D 1T

    Bagpipes [Uilleann], Tin Whistle – Paddy Moloney
    Bodhrán – Kevin Conneff
    Design – Paula Scher
    Engineer – Doug Bennett
    Fiddle – Seán Keane
    Fiddle, Bones – Martin Fay
    Flute, Tin Whistle, Concertina – Michael Tubridy
    Harp [Neo Irish, Mediaeval], Dulcimer [Tiompán] – Derek Bell
    Producer – Paddy Moloney
    Tin Whistle – Seán Potts

    https://www.youtube.com/watch?v=jA-5_vFbiHs

    昨年の「結成55年・日本アイルランド国交樹立60周年記念」の来日公演に行きそびれて後悔しています。。。

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/16

    • 8
    • 0
  • 13
    Loading

    The Gabby Pahinui Hawaiian Band / The Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume 1 (US, Warner Bros. Records, BS 3023) <1977>

    The Gabby Pahinui Hawaiian Band / The Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume 1 (US, Warner Bros. Records, BS 3023) <1977>

    この大事にしてきたプロモ盤が再発盤とは知らなかった・・・・。ショックです。

    ワールド・ミュージックに迷い込む小道は「ツェッペリン→ペンタングル→アイリッシュ・ミュージック」「ストーンズ→ライ・クーダー→ギャビー・パヒヌイ」なんかが王道だったような気がします。近年はいきなり「ブエナビスタ関連」だったりするのかな。

    ちなみに、本作の内容は素晴らしいですよ。もともとハワイアンは環境音楽的、プールサイドのBGMのイメージで、ほとんど聴きませんでしたが、この作品でスラッキー・ギターを知り、またギャビーやら息子シリル・パヒヌイなどをずいぶん聴きました。シリル・パヒヌイからつながってボブ・ブロッズマンを知ったのが個人的には最大の収穫でした。

    https://www.youtube.com/watch?v=wH2Qf512u2Q


    • いいね!

    • 登録日:2018/9/23

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    Cecilio & Kapono / Night Music (US, Columbia, PC 34300) <1977>

    Cecilio & Kapono / Night Music (US, Columbia, PC 34300) <1977>
    (SIDE 1) PAL-34300 1-C WLY
    (SIDE 2) PBL-34300 1-D WLY

    Cecilio & Kapono is a Hawaiian pop music duo formed in 1973 by Henry Kapono Ka’aihue and Cecilio David Rodriguez (age 67 in January 2012).[1] The duo released three albums on Columbia Records: the self-titled Cecilio & Kapono (1974), Elua (1975), and Night Music (1977).

    Cecilio & Kaponoはハワイアン・ポップ・デュオです。ハワイアンは味付け程度で、あくまでもポップ・ミュージックです。

    https://www.youtube.com/watch?v=Pm6__p_nPi0&t=244s

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/24

    • 8
    • 0
  • 15
    Loading

    Sérgio Mendes & Brasil '77 / Home Cooking (US, Elektra, 7E-1055) <1976>

    Sérgio Mendes & Brasil '77 / Home Cooking (US, Elektra, 7E-1055) <1976>

    (SIDE ONE) 1 S 7E1055A CSM SXT CTH ESRTD 12-8 75
    (SIDE TWO) 1 S 7E1055B-1 CSM SXT CTH ESRTD 128 75

    Sérgio Santos Mendes (born February 11, 1941) is a Brazilian musician and plays bossa nova heavily crossed with jazz and funk.

    1976年発表の作品 "Homecooking"です。セルジオ・メンデスらしく、時代のサウンドを取り入れた賑やかで華やかな音楽です。

    https://www.youtube.com/watch?v=vvqs8XbqUVs

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/26

    • 8
    • 0
  • 16
    Loading

    Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (US, mono, Mercury, MG 20751) <1962>

    Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (US, mono, Mercury, MG 20751) <1962>
    (Side 1) MG 20751A M1
    (Side 2) MG 20751B M1

    Recorded ; June 15, 1962 – September 8, 1962

    Quincy Jones - Conductor, arranger
    Phil Woods - Alto saxophone
    Paul Gonsalves - Tenor saxophone
    Roland Kirk - Flute, Alto flute
    Jerome Richardson - Flute, Alto flute, Woodwinds
    Clark Terry - Trumpet, Flugelhorn
    Julius Watkins - French horn
    Alan Raph - Bass trombone
    Lalo Schifrin - Piano
    Jim Hall - Guitar
    Chris White - Bass
    Rudy Collins - Drums
    Jack Del Rio - Percussion
    Carlos Gomez - Percussion
    Jose Paula - Percussion
    Recording engineer - Phil Ramone

     あの映画のおかげでしょう、初期のクインシー・ジョーンズのアルバムの中で最も有名な一枚です。この時期のクインシーのビッグ・バンドは5,6枚ほど持っていますが、これらの中で一番好きな作品です。
     ジャズやC.ベイカーの影響を受けて(?)ボサ・ノヴァがこの世に産まれたのは1958年ですが、この頃のボサ・ノヴァはあくまでラテン音楽のひとつ・ブラジルの音楽にすぎず、世界的に認知されるのは1963年のStan Getz& Joao Gilbertの「イパネマの娘」の世界的ヒット以降のことです。
     そう考えると、1962年にボサ・ノヴァとビッグ・バンドを融合させるという試みはかなり先進的な試みであったはずです。ところが実際に聴いても、そうした先進的な音楽にありがちな理論先行の堅苦しさを感じません。むしろ非常に心地よくこなれており、40年以上経ったいま聴いても全く新鮮さを失っていません。スタンダードから「デサフィナード」「カーニヴァルの朝」「ワン・ノート・サンバ」などボサ・ノヴァのスタンダードとなった曲を多く収録しているのも一因でしょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=T5ALPzS0QfQ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/24

    • 8
    • 0
  • 17
    Loading

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>

    Barney Kessel / Contemporary Latin Rhythms (US, Reprise Records, R-6073) <1963>
    (side 1) R-6073-A-1 10,213
    (side 2) R-6073-B-1 10,214

    Guitar – Barney Kessel, Alton Hendrickson, Bill Pitman
    Bass – Keith Mitchell
    Drums – Stan Levey
    Marimba – Emil Richards
    Percussion – Edward Talamantes, Francisco Aguabelle, Franck Capp
    Saxophone, Flute – Paul Horn
    Trumpet – Conte Candoli
    Vibraphone – Victor Feldman

    バーニー・ケッセルのラテン系ジャズ・アルバム。本当に楽しい、素晴らしいアルバムです♪ でも、全体にちょっとテンポ設定が早い印象。もう少し落ち着いてやってくれたら気軽に聴けるんじゃないかと思うと、ちと残念。。

    https://www.youtube.com/watch?v=b87h_3VSogg

    この作品に先立って発表された"Barney Kessel / Bossa Nova"のプロモをながらく探していますが、ぜんぜん見かけません。。。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/16

    • 8
    • 0
  • 18
    Loading

    Irakere / Irakere (US, Columbia, JC 35655) <1979>

    Irakere / Irakere (US, Columbia, JC 35655) <1979>
    (SIDE 1) AL 35655-1F
    (SIDE 2) BL 35655-1E

    全く知らずに購入しました。ロック・アフリカン・キューバンの混血音楽です。なかなか感動的なアルバムでした。以下、Wikiより。

    イラケレ(Irakere)はキューバのバンドで、ピアニストのチューチョ・ヴァルデースにより1973年に結成された。Irakereはヨルバ語で「菜食主義者」を意味する。1980年にアルバムIrakereでグラミー賞Best Latin Recordingを受賞。オリジナル・メンバーはバンドマスターのチューチョ・ヴァルデース(ピアノ)、パキート・デリヴェラ (クラリネット、アルトサックス、フルート)、Oscar Valdes (パーカッション、ボーカル)、 Carlos Puerto(ベース)、Carlos Emilio (ギター)、Jorge Varone(トランペット)、Tato Alfonso(パーカッション)、Bernardo Garcia(ドラム)。 後に加わったフルート奏者のホセ・ルイス・コルテスはこのバンドより脱退後NGラ・バンダを結成する。パキート・デリヴェラは1981年に、トランペッターのアルトゥーロ・サンドヴァールは1990年にアメリカに亡命した。

    https://www.youtube.com/watch?v=P7KMJ_dTawI&t=332s

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/11

    • 8
    • 0
  • 19
    Loading

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>

    Stan Getz, Joao Gilberto Featuring Antonio Carlos Jobim ‎– Getz / Gilberto (US, mono, Verve Records, V/DJ-2) <March 1964>
    (Side A) VDJ-2 SIDe-1
    (Side B) VDJ-2 SIDe 2

    Recorded ; March 18–19, 1963
    Stan Getz – tenor saxophone
    João Gilberto – guitar, vocals
    Antônio Carlos Jobim – piano
    Sebastião Neto – double bass
    Milton Banana – drums, pandeiro
    Astrud Gilberto – vocals on "The Girl from Ipanema", "Corcovado"

    Engineer [Recording] – Phil Ramone
    Producer – Creed Taylor

    激レアのプロモ盤。プロモーション仕様で、通常盤と異なる内容になっています(曲目は下記参照)。また内ジャケも異なっています。4枚見ましたがマトは全部同じでした。

    A1 The Girl From Ipanema (Part 1)
    A2 The Girl From Ipanema (Part2)
    A3 Doralice
    A4 To Hurt My Heart (Part 1)
    A5 To Hurt My Heart (Part 2)
    A6 Desafinado (Part 1)

    B1 Desafinado (Part 2)
    B2 Corcovado (Part 1)
    B3 Corcovado (Part 2)
    B4 So Danco Samba
    B5 O Grande Amor
    B6 Vivo Sonhando

    以下、Wikiより

    スタン・ゲッツは、チャーリー・バードとの連名で発表したアルバム『ジャズ・サンバ』(1962年)でボサノヴァを取り入れ、大ヒットとなる。1963年には、ボサノヴァ界の大物であるジョアン・ジルベルト(当時アメリカ在住だった)とアントニオ・カルロス・ジョビンを招き、本作を制作。クリード・テイラーがプロデュースを担当し、フィル・ラモーンとヴァル・ヴァレンティンがレコーディング・エンジニアを務めた。異なるジャンルの音楽家による共同作業のため、レコーディング中には緊張感があったと伝えられ、スタンがボサノヴァを正しく理解していないことに対してジョアンが怒り、ポルトガル語と英語の両方を話せるアントニオに、スタンに対して「バカ」と言うように頼んだが、アントニオはスタンに、わざと違う意味で伝えたというエピソードもある。

    当時ジョアンの妻だったアストラッド・ジルベルトが、「イパネマの娘」「コルコヴァード」の2曲でボーカルを担当。これが、アストラッドの歌手デビューであった。ジョアンは全編ポルトガル語で歌ったが、アストラッドのパートは英訳詞で歌われている。なお、「イパネマの娘」のシングル・ヴァージョンは、クリード・テイラーの判断により、ジョアンのボーカル・パートがカットされ、アストラッドが単独で歌った形に編集された。

    ジャケットの絵はプエルトリコ出身の画家オルガ・アルビズ(Olga Albizu)が描いた。

    本作は、ビルボード誌のアルバム・チャートで2位に達する大ヒット作となり、「イパネマの娘」もシングルとして全米5位に達した。そして、グラミー賞ではアルバムが2部門(最優秀アルバム賞、最優秀エンジニア賞)を受賞、「デサフィナード」が最優秀インストゥルメンタル・ジャズ・パフォーマンス賞を受賞、「イパネマの娘」が最優秀レコード賞を受賞した。本作の音楽は本来のボサノヴァとは別物であると主張する声も多かったが、結果的にはアメリカにおけるボサノヴァ・ブームを決定づけた作品となった。『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において447位にランクインした。

    https://www.youtube.com/watch?v=So718wk426c

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/22

    • 7
    • 0
  • 20
    Loading

    Mitchell-Ruff / Brazilian Trip (US, Epic, BN 26360) <1967>

    Mitchell-Ruff / Brazilian Trip (US, Epic, BN 26360) <1967>
    (SIDE 1) XEM135823-1A
    (SIDE 2) XEM135824-1A

    "Getz / Gilberto"の影響下で作られたアルバムの1枚で、「ボサ + ジャズ」という感じの内容です。データベースサイト「Discogs」に"hard to find, and expensive album"と記載されています。

    https://www.youtube.com/watch?v=yiSu8NNFuy8

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/19

    • 6
    • 0
  • 21
    Loading

    Mongo Santamaria / El Pussy Cat (US, mono, Columbia, CL 2298) <1965>

    Mongo Santamaria / El Pussy Cat (US, Columbia, CL 2298) <1965>
    (SIDE 1) XLP-78756-3C
    (SIDE 2) XLP-78757-3C

    モンゴ・サンタマリアは1950年代からペレス・プラード、ティト・プエンテ、カル・ジェイダーらのバックを勤めたというコンガのトップ・プレイヤー。どの作品も素晴らしく楽しいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=WPlbc7TwpXw

    先にユースケ・サンタマリアが思い出すひとが多いでしょうが、もともとラテン・バンドをやっていたユースケ・サンタマリアがモンゴ・サンタマリアにあやかって付けた芸名だそうです。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/16

    • 8
    • 0
  • 22
    Loading

    Herb Ellis / Three Guitars In Bossa Nova Time (US, Epic, LA 16036) <1963>

    Herb Ellis / Three Guitars In Bossa Nova Time (US, Epic, LA 16036) <1963>
    (Side 1) XEM-59036-1E
    (Side 2) XEM-59037-1A

    guitars by Herb Ellis, John Gray and Laurindo Almeida.

    ボサ・ノヴァ黎明期の素晴らしい名盤です。

    ボサ・ノヴァは1958年の "Chega de Saudade" (想いあふれて)から始まったというのが定説ですが、アメリカで市民権を得たのは1963年3月録音・1964年3月発売の"Getz / Gilberto"の大ヒット以降で、1962年のQuincy Jonesの"Big Band Bossa Nova"も爆発的に売れたわけではないみたいですから、1963年の本作品はかなり「新しい試み」だったはず。

    ジョニー・グレイは調べたけど分かりませんでしたが、ローリンド・アルメイダはブラジルの伝説的ギタリストです。1930年代から活躍し、ナマのジャンゴ・ラインハルトの演奏を聴いていますから、ハーブ・エリスよりかなり年配の人ですね。

    テナー・サックスを乗せたボサ・ノヴァというのは、そのまんま"Getz / Gilberto"と同じアイディアですね。選曲が渋めなことと、下手くそなヴォーカルがないことが"Getz / Gilberto"との違いです。創始者João GilbertoやAntônio Carlos Jobimが参加しているというのはかなり大きなファクターですが、それにしてもあちらさんは歌が・・・・なので、トータルで見ると(聴くと)こちらも負けていないと思うんですけど。

    https://www.youtube.com/watch?v=Q43UjOw-fFA

    ちなみに、もう一枚のプロモとマトリクスが異なりました。


    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/22

    • 8
    • 0
  • 23
    Loading

    Quincy Jones & His Orchestra / Big Band Bossa Nova (US, stereo, Mercury, SR 60751) <Recorded ; June 15, 1962 – September 8, 1962>

    Quincy Jones & His Orchestra / Big Band Bossa Nova (US, Mercury, SR 60751)
    Released ; 1962
    Recorded ; June 15, 1962 – September 8, 1962

    (Side 1) SR 60751-A-M1
    (Side 2) SR 60751-B-M1

    Quincy Jones - Conductor, arranger
    Phil Woods - Alto saxophone
    Paul Gonsalves - Tenor saxophone
    Roland Kirk - Flute, Alto flute
    Jerome Richardson - Flute, Alto flute, Woodwinds
    Clark Terry - Trumpet, Flugelhorn
    Julius Watkins - French horn
    Alan Raph - Bass trombone
    Lalo Schifrin - Piano
    Jim Hall - Guitar
    Chris White - Bass
    Rudy Collins - Drums
    Jack Del Rio - Percussion
    Carlos Gomez - Percussion
    Jose Paula - Percussion
    Recording engineer - Phil Ramone

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/5

    • 8
    • 0
  • 24
    Loading

    Ralph MacDonald / The Path (US, Marlin, MARLIN 2210) <1978> その②

    Ralph MacDonald / The Path (US, Marlin, MARLIN 2210) <1978> その②
    (SIDE 1) MAR-2210-A-DJ 1/6/78
    (SIDE 2) MAR-2210-B-DJ 1/5/78

    ラルフ・アンソニー・マクドナルドは、トランバゴニア系アメリカ人のスティールパンほかパーカッション奏者で、ソングライター、アレンジャー、レコード・プロデューサーでもありました。あの"Just the Two of Us"の作曲者で、ロバータ・フラックとダニー・ハサウェイが歌った"Where Is the Love"の作曲者としてグラミー賞も獲っています。

    このレコはカリビアンな雰囲気溢れる名盤です。

    https://www.youtube.com/watch?v=3y4cc8lzPBI

    ●ジャケ●
    天割れなし、底抜けなし、スパイン抜けなし。周囲のハゲは少なく良好。
    コーナーの軽度の潰れあり。折れあり。
    リングウエア・スレ・汚れは軽度であまり目立ちません。目立ちます。
    見開きの内側はきれいです。
    タイミング・ストリップの貼付あり、プロモのゴールド・スタンプ・シールあり。
    良い状態だと思います。
    VG(+)VG(++)以上です。

    ●レコ●
    白ラベルのプロモ盤です。
    ヒゲなし、スレ・キズわずか。
    キズは薄く、指で触れるような深いキズはありません。
    VG(+)~VG(++)です。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/15

    • 8
    • 0
  • 25
    Loading

    Antonio Carlos Jobim / The Wonderful World Of Antonio Carlos Jobim (US, WLP, mono, Warner Bros. Records ‎– W 1611) <1965>

    Antonio Carlos Jobim / The Wonderful World Of Antonio Carlos Jobim (US, WLP, mono, Warner Bros. Records ‎– WS 1611) <1965>
    (SIDE 1) 9041 W-1611-A o 1A
    (SIDE 2) 9041 W-1611-B o 1A

    "The Wonderful World of Antônio Carlos Jobim" (#57 US albums 1965) is the second studio album by Antônio Carlos Jobim with arrangements by Nelson Riddle. It was released in 1965.

    Nelson Riddle’s biographer, Peter J. Levinson, said, "[T]he most beautiful album that Nelson ever arranged in his entire career was The Wonderful World of Antonio Carlos Jobim, recorded in 1965. It is really the inner workings of the Jobim/Riddle combination—the tenderness and sensuality that predominated throughout this recording—that revealed how much Nelson and 'Tom' Jobim were soulmates.... Nelson used a mixture of flutes, trombones, and strings to perfectly convey the romanticism of the samba. Jobim's Portuguese and heavily accented English vocals and guitar blended seamlessly with Nelson's arrangements."

    John Bush in an AllMusic review was more critical of the album, saying the promising duo was limited by Riddle's "surprisingly safe" arrangements and Jobim's "quavering vocals." Still, Bush commended Jobim's subtle interpretation on songs like "Dindi" and "A Felicidade" and called "She's a Carioca" a cheerful sequel to "The Girl from Ipanema."

    https://www.youtube.com/watch?v=sM3p2dU9IVg

    Sky, so vast is the sky, with far away clouds just wandering by
    Where do they go? Oh I don't know, don't know
    Wind that speaks to the leaves, telling stories that no one believes
    Stories of love belong to you and to me

    Oh, Dindi, if I only had words I would say all the beautiful
    Things that I see when you're with me, oh my Dindi
    Oh Dindi, like the song of the wind in the trees, that's how my heart is
    Singing Dindi, happy Dindi, when you're with me

    I love you more each day, yes I do, yes I do
    I'd let you go away, if you take me with you

    Don't you know, Dindi, I'd be running and searching for you like a river that
    Can't find the sea, that would be me without you, my Dindi
    Can't find the sea that would be me without you Dindi

    Like a river that can't find the sea, that would be me without you, my Dindi

    ●ジャケ●
    天割れなし、底抜けなし、スパイン抜けなし。周囲のハゲは強めです。
    コーナーの軽度の潰れあり。
    リングウエア・スレがやや目立ちます。
    まずまずの状態だと思います。
    VG(+)です。

    ●レコ●
    プロモ盤です。
    ヒゲ多め、スレ・キズそれなり。
    キズは薄めですが、1-2カ所ほど指で触れるような深いキズがあり、プツプツナル部分があります。
    ただ針圧1.5gでも針飛びせず再生可能でした。
    VG(+)です。


    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/1/22

    • 6
    • 0
  • 26
    Loading

    Candido / In Indigo (US, ABC-Paramount, ABC-236) <1958>

    Candido / In Indigo (US, ABC-Paramount ‎– ABC-236) <1958>
    (Side 1) ABC 236A
    (Side 2) ABC 236 B

    Cándido de Guerra Camero (born April 22, 1921), also known simply as Cándido, is a Cuban conga and bongo player. He also plays the tres, drums, and acoustic bass. He has worked in many genres of popular music from pop, rock, R&B and disco to Afro-Cuban dance music and Latin jazz. He is the first player to develop techniques to play multiple conga drums, coordinated independence and the use of multiple percussion, one player playing a variety of percussion instruments simultaneously.

    https://www.youtube.com/watch?v=r7cD_nSCQ68&t=155s

    Dizzy Gillespieの "Afro" や Kenny Burrellの "Introducing Kenny Burrell (Blue Note, 1956)" などでの名演で記憶されている名コンガ・プレイヤー。ロック畑でもEllen McIlwaine の初期作品 "Honky Tonk Angel (1972)" や "We the People (1973)" にも参加しています。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/10

    • 6
    • 0
  • 27
    Loading

    Byron Lee / Jump Up (US, ATCO Records, 33-182) <1966>

    Byron Lee / Jump Up (US, ATCO Records, 33-182) <1966>
    (SIDE 1) C-12303-A
    (SIDE 2) C-12304-A

    https://www.youtube.com/watch?v=RJaaBjv756U&t=965s

    ジャケでビビッときて、名前もジャンルも知らずに買って、大満足した一枚でした。調べたらスカのミュージシャンとして書かれていましたが、この作品は一聴するとカリプソ+オールディーズ、という印象。

    https://www.worldreggaenews.com/article.php?category_id=3&article_id=5180

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/2

    • 8
    • 0
  • 28
    Loading

    Bola Sete / Tour De Force (US, Fantasy, 3358) <1964>

    Bola Sete / Tour De Force (US, Fantasy, 3358) <1964>
    (Side One) F-2371
    (Side Two) F-2372
    Guitar – Bola Sete
    Bass – Fred Schrieber
    Drums – John Rae

    名盤。オリジナル盤でも激レアなのに、なんとプロモを見つけてしまいました。

    ヒゲ多め、キズ多め。触れると指で触れるキズもあり、ときどきプツプツ鳴ります。針圧1.5gでも針飛び無く再生できました。VG~VG(+)クラスの盤ですかね。
    ジャケは三方向抜け無し、ハゲそれなり、スレ少しで、まあまあの状態です。VG(+)クラス。

    https://www.youtube.com/watch?v=EvnUzINmJ3I

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/15

    • 6
    • 0