みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

Progressive Rock

ピンク・フロイドとキング・クリムゾンを中心にUKプログレを少し聴きましたが、それ以外はよく知りません・・・・。イタリア系(PFM、イ・プー、バンコ)はちょっと分かりますが、その程度です。カーヴド・エアはここに含めていいと思うんですが、ザッパは入れてもいいですか?さすがにボストンやELOを入れたらダメかなぁ(入れちゃいましたが)。プログレは、なんとなくCDで聴く習慣があったので、レコはあまり持っていないんですよ。

  • Loading

    Boston / Boston (US, Epic, JE 34188) <August 25, 1976>

  • Loading

    Boston / Boston (US, Epic, JE 34188) <1976> MAT ; 1B / 1B

  • Loading

    Boston / Don't Look Back (Epic, FE 35050) <August 2, 1978>

  • Loading

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <November 1970>

  • Loading

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <November 1970> MAT ; 1B / 1B

  • Loading

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>

  • Loading

    Lucifer's Friend / I'm Just A Rock'n'Roll Singer (US, Billingsgate Records, BG-1008) <1973>

  • Loading

    Styx / Equinox (US, A&M Records, SP-4559) <December 1, 1975>

  • Loading

    Barclay James Harvest / XII (US, Polydor, PD-1-6173) <1978>

  • Loading

    Pavlov's Dog / At The Sound Of The Bell (US, Columbia, PC33964) <1976>

  • Loading

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979> MAT ; 1A / 1H ほか

  • Loading

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979> MAT ; 1E 1F

  • Loading

    Electric Light Orchestra / ELO's Greatest Hits (US,Jet Records, FZ 36310) MAT ; 1D / 2D

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666)

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666) <November 1971>

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>

  • Loading

    YES / YES (US, Atlantic, SD 8243) <July 25, 1969>

  • Loading

    Yes / Tales From Topographic Oceans (US, Atlantic, SD 2-908) <December 7, 1973>

  • Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>

  • Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, CK 35388) <1978>

  • Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>

  • Loading

    Pink Floyd / The Wall - Music From The Film (US, Columbia, X18 03142) <1982>

  • Loading

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>

  • Loading

    McDonald And Giles / McDonald And Giles (US, Cotillion, SD 9042) <January 3, 1971>

  • Loading

    Pink Floyd / The Wall (US, Columbia, PC2 36183) <November 30, 1979>

  • Loading

    Genesis / Three Sides Live (US, Atlantic, SD 2-2000) <June 4, 1982>

  • Loading

    Jackson Heights / Jackson Heights (US, Verve Records, V6-5089) <1973>

  • Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>

  • 1
    Loading

    Boston / Boston (US, Epic, JE 34188) <August 25, 1976>

    Boston / Boston (US, PE 34188) <August 25, 1976>
    (SIDE 1) PAL-34188 1-B Wly MASTERED BY CAPITOL
    (SIDE 2) PBL-34188-1A  Wly MASTERED BY CAPITOL

    傑作のUSプロモ盤です。

    https://www.youtube.com/watch?v=SSR6ZzjDZ94

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    Boston / Boston (US, Epic, JE 34188) <1976> MAT ; 1B / 1B

    Boston / Boston (US, Epic, JE 34188) <1976> MAT ; 1B / 1B
    傑作のUSプロモ盤です。
    少なくともマトは2種類あるようですね。
    Wlyあり。

    https://www.youtube.com/watch?v=ef65cLi1gpY

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    Boston / Don't Look Back (Epic, FE 35050) <August 2, 1978>

    Boston / Don't Look Back (Epic, FE 35050) <August 2, 1978>
    (side 1) PAL-35050 2D
    (side 2) PBL-35050 2D

    マトは他に少なくとも「2D/2C」があります。これまで10枚ほど見たことがありますが、昔はちゃんと記録に残していませんでした。悔やまれます。

    いまYoutubeで探したら、アルバム全部でわずか33分しかない!?みたいです。
    初期のビートルズ並みですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=g_wgOQejpeg

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 7
    • 0
  • 4
    Loading

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <November 1970>

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <November 1970>

    (SIDE 1) WS-1903A 39829-1A
    (SIDE 2) WS-1903B 39830-1B

    Air Conditioning is the first studio album by British progressive rock band Curved Air. It was released in November 1970 and reached number 8 in the UK albums chart in December 1970.

    Sonja Kristina – lead vocals
    Darryl Way – violin, backing vocals
    Francis Monkman – guitars, keyboards
    Rob Martin – bass
    Florian Pilkington-Miksa – drums

    https://www.youtube.com/watch?v=QFr38SHLSwo

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 5
    Loading

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <November 1970> MAT ; 1B / 1B

    Curved Air / Airconditioning (US, Warner Bros. Records, WS 1903) <1970> MAT ; 1B / 1B
    女性ヴォーカルを擁したUKのプログレ・バンド。本作品がデビュー作です。名盤です。
    (side 1) WS-1903A 39829-1B (side 2) WS-1903B 39830-1B
    https://www.youtube.com/watch?v=rmIlK3hvHss&t=2245s

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 6
    Loading

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>
    (side 1) BS-2628-A 40200-1A >
    (side 2) BS-2628-B 40201-1B >

    プログレ系のUKバンドの3作目『ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景-』です。ファンタスマゴリアって、辞書を引くと「(走馬灯のように)移り変わる幻影[幻想]」という意味だそうです。Allmusicで「最高傑作」と表され★4.5と絶賛された名作。当時のブリティッシュ・トラッドやハード・ロックの影響も感じさせるスケールの大きい作品です。

    よくある会社のインナー・スリーヴに入ってますが、表・裏印刷された歌詞カードが封入されていました(5-6枚目)。このコピーはインフォメーション・シートが入っていたのでそれも載せておきます(7枚目)。

    https://www.youtube.com/watch?v=nFwFJ-dg0Fs

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 7
    Loading

    Lucifer's Friend / I'm Just A Rock'n'Roll Singer (US, Billingsgate Records, BG-1008) <1973>

    Lucifer's Friend / I'm Just A Rock'n'Roll Singer (US, Billingsgate Records, BG-1008) <1973>
    (side 1) BG-1008-01-A
    (side 2) BG-1008-01-B

    ハンブルグ出身のバンド。プログレ系→ハード・ロックに移行していきました。

    https://www.youtube.com/watch?v=f0tZwgKP04Y

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 8
    Loading

    Styx / Equinox (US, A&M Records, SP-4559) <December 1, 1975>

    Styx / Equinox (US, A&M Records, SP-4559)<December 1, 1975>
    (side 1) SP 4855-RE-1-M2 TML-M △20204 (4)
    (side 2) SP 4856-M2 TML-M △20204-× (2)

    スティクスは「アメリカン・プログレ・ハード」に分類されるバンド。デビュー時はプログレ色が強かったのですが、徐々にポップ色が入って大衆受けするようになりました。本作品はポップへの転換期にあたる5作目のオリジナルアルバム。A&M Records移籍後の1枚目で、オリジナル・バンドのギタリストJohn Curulewskiの最後のアルバムでもあります。アルバムからは「ローレライ」がヒットしました。

    https://www.youtube.com/watch?v=srEP-vvhTvY

    "Lorelei"

    When I think of Lorelei my head turns all around
    As gentle as a butterfly she moves without a sound
    I call her on the telephone, she says be there by eight
    Tonight's the night she's moving in and I can hardly wait

    The way she moves, ooh-ooh
    I gotta say
    Lorelei let's live together
    Brighter than the stars forever
    Lorelei let's live together
    Brighter than the stars forever

    Her eyes become of Paradise, she softly speaks my name
    She brightens every lonely night, no one's quite the same
    She calls me on the telephone, she says be there by eight
    Tonight's the night she's moving in, it's time to celebrate

    The way she moves, ooh-ooh
    I gotta say
    Lorelei let's live together
    Brighter than the stars forever
    Lorelei let's live together
    Brighter than the stars forever

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    Barclay James Harvest / XII (US, Polydor, PD-1-6173) <1978>

    Barclay James Harvest / XII (US, Polydor, PD-1-6173) <1978>
    (Side 1) PD-1-6173-A
    (Side 1) PD-1-6173-B

    Barclay James Harvest are an English progressive rock band. They were founded in Oldham, in September 1966 by guitarist/vocalist John Lees (b. 1947), bassist/vocalist Les Holroyd (b. 1948), keyboardist/vocalist Stuart "Woolly" Wolstenholme (1947–2010), and drummer/percussionist Mel Pritchard (1948–2004).

    イギリスのプログレシッヴ・ロック系のバンドです。 1966 年ランカシャーにて二つの R&B グループを母体に結成されました。この作品名の意味は、バンド結成12年目と言うことでしょうか??

    Les Holroyd bass, guitars, acoustic guitar, banjo, piano, vocals
    Mel Pritchard drums, percussion
    John Lees guitars, acoustic guitar, bass, vocals
    Stuart "Woolly" Wolstenholme keyboards, guitars, vocals

    Berlin ライヴ・ヴァージョンです
    https://www.youtube.com/watch?v=TFIP3X0sqws

    Came to your border
    Looking back into the night
    Falling down on the city lights far away

    Tell me the answer
    Who knows the wrong from the right?
    Years may come and years they go
    You've seen your bridges burning
    And the wheels of time keep turning

    Like a ship in the night
    You passed along the highways of my life
    And now my mind you're always in
    And the ten-thirty flight will soon be headed my way
    As she sails across the skyway of Berlin

    Thought I heard your bells cry
    Bringing the life to your face
    The time for tears has passed away
    Can't you see the night is lifting
    And the sands of time are shifting

    Like a ship in the night
    You passed along the highways of my life
    And now my mind you're always in
    And the ten-thirty flight will soon be headed my way
    As she sails across the skyway of Berlin

    Oh, and to think of all the changes you have seen
    Oh, and reflect upon the way it might have been

    Like a ship in the night
    You passed along the highways of my life
    And now my mind you're always in
    And the ten-thirty flight will soon be headed my way
    As she sails across the skyway of Berlin

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/11

    • 8
    • 0
  • 10
    Loading

    Pavlov's Dog / At The Sound Of The Bell (US, Columbia, PC33964) <1976>

    Pavlov's Dog / At The Sound Of The Bell (US, Columbia, PC33964) <1976>
    (SIDE 1) AL-33964-1E
    (SIDE 2) BL-33964-2C

    Pavlov's Dog is a 1970s progressive rock/AOR band formed in St. Louis, Missouri in 1972.

    パヴロフス・ドッグのセカンド・アルバム『条件反射』です。プログレというにはポップ過ぎる気がしますが。

    https://www.youtube.com/watch?v=hy0Gd6Lbz28&list=PL94gOvpr5yt2uoPhzkzHH6q3c15Xr0Lb7

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/4

    • 8
    • 0
  • 11
    Loading

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979> MAT ; 1A / 1H ほか

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979>
    最初の4枚は (side 1) PAL-35769-1A  (side 2) PBL-35769-1H
    次の2枚は  (side 1) PAL-35769-1D  (side 2) PBL-35769-1C

    あと1枚あったはずなので、そのうち更新します。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 6
    • 0
  • 12
    Loading

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979> MAT ; 1E 1F

    Electric Light Orchestra / Discovery (US, Jet Records, FZ 35769) <May 31, 1979>
    (side 1) PAL 35769-1E
    (side 2) PBL-35769-1F

    ELOの大ヒット作品。ストーリーを感じさせるジャケもすごく好きです。
    いい曲だらけのこのアルバムから選ぶのは難しいですが、コレが妥当かなと・・・。

    https://www.youtube.com/watch?v=z9nkzaOPP6g

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 7
    • 0
  • 13
    Loading

    Electric Light Orchestra / ELO's Greatest Hits (US,Jet Records, FZ 36310) MAT ; 1D / 2D

    Electric Light Orchestra / ELO's Greatest Hits (US,Jet Records, FZ 36310)
    (side 1) PAL-36310-1D (side 2) PBL-36310-2D

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666)

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666)
    (Side 1) ST-CTN-712415 DJ
    (Side 2) ST-CTN-712416 DJ
    Recorded Live, Newcastle City Hall, March 26, 1971.
    released in November 1971

    DJ用のサンプルで、エアプレイのため曲間が空くように特別編集されています(一部フェイド・アウトされてます)。数枚持っていますが、いずれもインナー・スリーヴは写真のような白いタイプですので、このインナー・スリーヴがオリジナルなんでしょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=njea5SiKYeg&list=PL94gOvpr5yt3YT_e5JUvz58sXzLQ5J_Se

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 7
    • 0
  • 15
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666) <November 1971>

    Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition (US, Cotillion, ELP 66666)
    (Side 1) ST-CTN-712415 DJ
    (Side 2) ST-CTN-712416 DJ
    Recorded Live, Newcastle City Hall, March 26, 1971.
    released in November 1971

    DJ用のサンプルで、エアプレイのため曲間が空くように特別編集されています(一部フェイド・アウトされてます)。
    数枚持っていますが、いずれもインナー・スリーヴは写真のような白いタイプですので、このインナー・スリーヴがオリジナルなんでしょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=kns2c8gsMfw
    こちらは1971年6月20日録音のライヴらしいです。Youtubeってすごい・・・。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 16
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>
    (side 1) ST-CTN-722557B
    (side 2) ST-CTN-722558A このアルバムのプロモに白ラベルは存在しないと思います。

    ムーグの音色が好きではなかったので、あまりEL&Pを聴きませんでしたが、でもこのアルバムは本当に好きでした。
    特に冒頭のこの"Trilogy"にはゾクゾクします。

    https://www.youtube.com/watch?v=nQxc2-ERPug

    キース・エマーソン・・・大ファンではありませんでしたが、2016年4月の来日公演に行くつもりでした。直前の3月10日に亡くなり、その後に「掲示板で自分へのネガティヴなコメントを見ての拳銃自殺」と報道され、本当にショックでした。
    https://nme-jp.com/news/16296/

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 17
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>

    Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Cotillion, SD 9903) <July 6, 1972>
    (side 1) ST-CTN-722557BBB-12
    (side 2) ST-CTN-722558-AAA-1
    このアルバムのプロモに白ラベルは存在しないと思います。

    Emerson, Lake & Palmer - The Endless Enigma 2 - Trilogy
    https://www.youtube.com/watch?v=YSJ8DVnngms&list=PLrBCN9J9Pbkkz922w4VJOSlDApyKeozHP&index=3

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 18
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>
    (SIDE ONE) ST-MC-732991-F-RE AT △18493 (2)
    (SIDE TWO) ST-MC-732992-F-RE AT △18493-× (2)

    以下、Wikipediaから転載です。

    解説
    1973年初頭にELP自身がレコード・レーベル「マンティコア」を設立し、本作はそのマンティコアから初めてリリースされたELPのアルバムである。前作の『トリロジー』から約1年半ぶりであり、ELPの全盛期の最後のスタジオ録音作品とされている。

    それまでのELPは2~3ヶ月でアルバムを仕上げていた。そのため、約半年程度で新作をリリース出来ていたが、本作は9ヶ月かかったと伝えられている。レコーディングの途中でツアーが開始されたり、キース・エマーソンが音楽的に行き詰ったりといったトラブルに相次いで見舞われ、11月の全米ツアーには間に合う形で発売された。

    「悪の教典#9」の一部ではグレッグ・レイクがエレキ・ギターを弾き、エマーソンが右手でキーボードを弾きながら左手のモーグ・シンセサイザーでベース・パートを補完することにより、4ピースバンドスタイルをトリオ編成で実現した。「悪の教典#9 第1印象 パート1」ではエマーソンがボーカルとクレジットされているが、実際には、歌詞の中の「ハロー!」の部分をエフェクトをかけた声で叫んでいるだけで、ボーカルはレイクによるものである。

    マンティコアと契約したピート・シンフィールドが作詞で参加している。また、アルバム・ジャケットはH・R・ギーガーが原画を担当している。2005年11月5日に、このアルバムの原画二枚がチェコのプラハで開催されたギーガーの個展で盗難に遭い、それ以来行方不明となっている。現在も尚ギーガーの公式サイトでは情報を募ると共に、発見者に対して懸賞金を提示している。

    タイトルの「Brain Salad Surgery」は、ドクター・ジョンの1973年の楽曲「ライト・プレイス・ロング・タイム」の歌詞("Just need a little brain salad surgery / Got to cure my insecurity")から取られた。またこの言葉はフェラチオの意味があるスラングで、ジャケットをよく見ると陰茎らしきものが写っている。ジャケットを描いたギーガー自身もそのことを意識して制作したようである。

    また、円形のELPロゴが初めてジャケットに使われたアルバムでもある。

    なお、録音エンジニアは、前作までエディ・オフォードだったが、本作からはジェフ・ヤングとクリス・キムジィに交代している。

    イギリスでは最高2位(1位はイエスの海洋地形学の物語)、アメリカでは最高11位まで上昇している。ELPの最高傑作に挙げられることもあるが、セールス的にはそれほど大きな成功は得られなかった。新装盤やリマスター盤が発売される頻度も高く、ELPのスタジオ作品の中で初めてDVDオーディオ盤が出たのも本作である。

    このアルバムに先行するシングル盤として、アルバムと同じタイトルの曲「恐怖の頭脳改革」が発売されたが、結局はアルバムには収録されなかった。アルバムの1曲目「聖地エルサレム」はシングル盤としても発売されている。この曲はイギリスの賛美歌「エルサレム」をアレンジした曲である。2曲目の「トッカータ」はアルベルト・ヒナステラ作曲の「ピアノ協奏曲第1番第4楽章」をアレンジした曲である。

    A面
     聖地エルサレム - Jerusalem  (William Blake, Hubert Parry as adapted by Keith Emerson, Greg Lake, Carl Palmer)
     トッカータ - Toccata (An adaptation of Alberto Ginastera's 1st Piano Cocerto, 4th movement.
                  Arranged by Keith Emerson, Percussion movement - Carl Palmer)
     スティル...ユー・ターン・ミー・オン - Still...You Turn Me On (Lake)
     用心棒ベニー - Benny The Bouncer (Emerson, Lake, Peter Sinfield)
     悪の教典#9 第1印象 パート1 - Karn Evil 9: 1st Impression-Part 1 (Emerson, Lake)
    B面
     悪の教典#9 第1印象 パート2 - Karn Evil 9: 1st Impression-Part 2 (Emerson, Lake)
     悪の教典#9 第2印象 - Karn Evil 9: 2nd Impression (Emerson)
     悪の教典#9 第3印象 - Karn Evil 9: 3rd Impression (Emerson, Lake, Sinfield)

    full album
    https://www.youtube.com/watch?v=w9TbiIEpZJ8&list=PL94gOvpr5yt2FPS8XHnthwD_vAoSbspCd

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/23

    • 8
    • 0
  • 19
    Loading

    YES / YES (US, Atlantic, SD 8243) <July 25, 1969>

    YES / YES (US, Atlantic, SD 8243) <July 25, 1969>
    (ONE) AT ST-A-691679-A
    (TWO) AT ST-A-691680-A

    "Yes" is the first studio album by the English rock band Yes, released on 25 July 1969 by Atlantic Records. After the band formed in mid-1968, they toured extensively across the United Kingdom with sets formed of original material and rearranged cover versions. They signed with Atlantic in early 1969, and entered Advision and Trident Studios in London to record their first album. Yes includes covers of "Every Little Thing" by The Beatles and "I See You" by The Byrds.

    UK盤のジャケもひどいものですが、US盤のジャケも「撮っただけ」ですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=XIcpJFQDa64
    プログレ・バンドがビートルズって・・・

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/15

    • 6
    • 0
  • 20
    Loading

    Yes / Tales From Topographic Oceans (US, Atlantic, SD 2-908) <December 7, 1973>

    Yes / Tales From Topographic Oceans (US, Atlantic, SD 2-908) <December 7, 1973>
    (side 1) ST-A-733017 DJ B
    (side 1) ST-A-733018 DJ B-B
    (side 1) ST-A-733019 DJ B
    (side 1) ST-A-733020 DJ B

    イエスの7作目、邦題は『海洋地形学の物語』。内容・方針に不満を抱いたリック・ウェイクマンの脱退の原因にもなった作品。ジャケのデザインは Fragile, Close to the Edge, Yessongsと同じくRoger Deanです。同じ白ラベル盤でも、マトは別のタイプのものが存在します。

    https://www.youtube.com/watch?v=_rwNe2QXwrU

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 21
    Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>
    (side 1) AL35388-1B
    (side 2) BL35388-1D
    シド・バレット脱退後のピンク・フロイドは徐々にロジャー・ウォーターズの存在感が高まり、特に「ザ・ウォール」のころはワンマン・バンド化していたため、他のメンバーはソロ・アルバムを出していました。この作品は、1977年の大規模なピンク・フロイドのツアーの後で作られたデヴィッド・ギルモアによるソロ・デビュー作にあたります。ピンク・フロイドのトレード・マーク的な雄大なギターが満喫できる作品で、非常に人気が高いアルバムだと思います。ちなみにジャケのデザインはヒプノシス。

    https://www.youtube.com/watch?v=3diHREJ1apQ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 22
    Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, CK 35388) <1978>

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, CK 35388) <1978>
    マトは1C / 1C でした。

    以下、Wiki様より引用です。"当時ピンク・フロイドのバンド活動は、1977年7月に『アニマルズ』のコンサートツアーが終了してから、実質的にストップしていた。リーダーのロジャー・ウォーターズがツアー終了後、フランスの田舎にこもって曲作りに励んでいたので、他のメンバーはおのおののソロ活動に力を入れることにした。ギルモアはこのソロアルバムの制作に当たって、ピンク・フロイド加入以前に活動していたバンドのメンバーたちを呼び集めている。またロイ・ハーパーも、ギルモアと1曲共作している。レコーディングはフランスのスタジオで行われた。アルバムにはギルモアのギターを押し出したややハードなロックナンバーが収録されている。当時ギルモアは、ソロアルバムの制作は、ピンク・フロイドという完全主義に対する「解毒剤」のためであると語っている。"

    もちろんキャロル・キングと無関係な"So Far Away"は、どことなく"Comfortably Numb"を思わせる曲調で、このアルバムの中でのお気に入りです。

    https://www.youtube.com/watch?v=3RamanGcTew

    "So Far Away"

    Why am I suspended here?
    Should I kid myself that I have no fear?
    I get no choice, I just have to wait
    It may already be too late

    I don't know what's going on
    She is here, but I am gone
    I am gone

    My love is lying here
    She's far away though she looks so near
    "Time will tell," she says to me
    When a warm coat is all I need

    Her peace of mind, her strength of will
    It will come, she's sure it will
    But how can I put my mind at rest?
    I feel I'm coming off second best

    And I'm cut with my own knife
    Is this a dream or is it real life?
    Oh, sleep, come o'er me soon
    I can't bear this lonely room

    Look at that head lying there
    The room is dark, she shows no fear
    I'm lying still, my eyes are wide
    My heart is pumping, I'm still alive

    I'm still awake against my will
    What will it ever take to still
    This burning in me?

    And I'm cut with my own knife
    Is this a dream or is it real life?
    Oh, sleep, come o'er me soon
    I can't bear this lonely room

    Sleep, come o'er me soon
    I can't bear this lonely room
    Sleep, don't take too long
    Can't keep singing this lonely song

    Ooh, oh, oh, oh
    Ooh, oh, ooh, ooh

    Sleep, come o'er me soon

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 4
    • 0
  • 23
    Loading

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>

    David Gilmour / David Gilmour (US, Columbia, JC 35388) <May 25, 1978>
    (side 1) T1 AL35388-1C
    (side 2) T1 BL35388-1C

    David Gilmour is the debut solo studio album by Pink Floyd guitarist and co-lead vocalist David Gilmour. The album was released in May and June 1978 in the United Kingdom and the United States, respectively. The album reached number 17 in the UK and number 29 on the Billboard US album charts; it was certified Gold in the US by the RIAA. The album was produced by Gilmour, and consists mostly of blues, guitar oriented rock songs except for the piano-dominated ballad "So Far Away".

    https://www.youtube.com/watch?v=1xUD6MWmSAc

    "There's No Way Out Of Here"

    There's no way out of here, when you come in you're in for good
    There was no promise made, the part you've played, the chance you took
    There are no boundaries set, the time and yet you waste it still

    So it slips through your hands like grains of sand, you watch it go
    There's no time to be lost, you'll pay the cost, so get it right
    There's no way out of here, when you come in you're in for good

    And never was there an answer, there an answer
    Not without listening, without seeing

    There are no answers here, when you look out you don't see in
    There was no promise made, the part you've played, the chance you took
    There's no way out of here, when you come in you're in for good

    And never was there an answer, there an answer
    Not without listening, without seeing

    There's no way out of here, when you come in you're in for good
    There are no answers here, when you look out you don't see in
    There was no promise made, the part you've played, the chance you took

    (There's no way out of here, when you come in you're in for good)
    (There's no way out of here, when you come in you're in for good)
    (There are no answers here, when you look out you don't see in)
    (There's no way out of here, when you come in you're in for good)

    (There's no way out of here, when you come in you're in for good)
    (There's no way out of here...)

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 24
    Loading

    Pink Floyd / The Wall - Music From The Film (US, Columbia, X18 03142) <1982>

    Pink Floyd / The Wall - Music From The Film (US, Columbia, X18 03142) <1982>
    ZSS 169082 2N TML-S / ZSS 169082 2H TML-S

    両面にアルバム未収録曲"When The Tigers Broke Free"を収録したプロモ・オンリーの激レアシングルです。side 1 / side 2 の区別がありません。三つ折りのジャケです。インナー・スリーヴが単なる白いスリーヴでした(オリジナルかどうかは不明ですが、以前に見た別のプロモ・シングルも同じスリーヴでした)。

    https://www.youtube.com/watch?v=l9b9UhFe6Eg

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 8
    • 0
  • 25
    Loading

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>

    Curved Air / Phantasmagoria (US, Warner Bros. Records, BS 2628) <April 1972>
    (side 1) BS-2628-A 40200-1A >
    (side 2) BS-2628-B 40201-1A >

    プログレ系のUKバンドの3作目『ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景-』です。ファンタスマゴリアって、辞書を引くと「(走馬灯のように)移り変わる幻影[幻想]」という意味だそうです。Allmusicで「最高傑作」と表され★4.5と絶賛された名作。当時のブリティッシュ・トラッドやハード・ロックの影響も感じさせるスケールの大きい作品です。

    以前に見かけたレコのマトは末尾が1A/1Bでした。が、今回は1A/1A。ちょっとお得感がありますが、歌詞カードは入っていませんでした。

    https://www.youtube.com/watch?v=VK4eH7ohAVo

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/3

    • 7
    • 0
  • 26
    Loading

    McDonald And Giles / McDonald And Giles (US, Cotillion, SD 9042) <January 3, 1971>

    McDonald And Giles / McDonald And Giles (US, Cotillion, SD 9042) <January 3, 1971>
    (ONE) ST-CTN-702077B-2
    (TWO) ST-CTN-702078A

    Ian McDonaldとMichael Gilesはデビュー期のKing Crimsonのオリジナル・メンバーです。King Crimsonが1stアルバム「The Court Of The King Crimson」発表した後の初の全米ツアーを実施中に、Ian McDonaldとMichael Gilesが脱退し作成したのがこのアルバムで、オリジナル・クリムゾンの別の一面を呈した作品です。

    McDonald and Giles "Flight Of The Ibis"
    高校生の頃、この曲が死ぬほど好きでした。

    Look into your eyes
    Your eyes look away
    Want to reach you now
    But there's nothing I can say
    I'm trying hard to see you
    Words can't say what I want to
    Love, love is one
    Love we've begun
    Love, let it come

    You are but a child
    Of the stars and the sky
    We are just the young
    Of a wind flying high
    Trees bending in a windstorm
    Through struggle we are reborn
    Love, love is one
    Love we've begun
    Love, let it come

    Look into your eyes
    Let your eyes look at me
    We have been as one
    And as one we can be
    Sad moments soon are nothing
    Love is all, all is loving

    https://www.youtube.com/watch?v=fniV60lpvhI

    熱く語っている人を発見。
    このアルバムを熱狂的に好きな人って、たまに見かけますね。

    http://prognote.net/review/north-europe/england/mcdonald-giles-1st.html

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/11

    • 7
    • 0
  • 27
    Loading

    Pink Floyd / The Wall (US, Columbia, PC2 36183) <November 30, 1979>

    Pink Floyd / The Wall (US, Columbia, PC2 36183) <November 30, 1979>
    (SIDE 1) PAL 36184-1D
    (SIDE 2) PBL-36184-1E
    (SIDE 3) PAL-36185-1F
    (SIDE 4) PBL 361851D

    中学生の時に荒神口にある「よしや楽器」でCD買って、どハマりしました。当時はまだCDの出始めのころで、中古も珍しく3000円ぐらいして、中学生としては痛い出費でした。我が家にホームステイしていたガイジンが「食事のBGMに聴く音楽じゃないよ」とイヤそうに聴いていたのを思い出します。

    "Hey You"

    Hey, you!
    Out there in the cold
    Getting lonely, getting old.
    Can you feel me?

    Hey, you!
    Standing in the aisles
    With itchy feet and fading smiles.
    Can you feel me?

    Hey, you!
    Don't help them to bury the light.
    Don't give in without a fight.

    Hey, you!
    Out there on your own
    Sitting naked by the phone.
    Would you touch me?

    Hey, you!
    With your ear against the wall
    Waiting for someone to call out.
    Would you touch me?

    Hey, you!
    Would you help me to carry the stone?
    Open your heart, I'm coming home

    But it was only fantasy.
    The wall was too high as you can see.
    No matter how he tried he could not break free.
    And the worms ate into his brain.

    Hey, you!
    Out there on the road,
    Always doing what you're told.
    Can you help me?

    Hey, you!
    Out there beyond the wall,
    Breaking bottles in the hall.
    Can you help me?

    Hey, you!
    Don't tell me there's no hope at all.
    Together we stand,
    Divided we fall.

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/15

    • 8
    • 0
  • 28
    Loading

    Genesis / Three Sides Live (US, Atlantic, SD 2-2000) <June 4, 1982>

    Genesis / Three Sides Live (US, Atlantic, SD 2-2000) <June 4, 1982>

    (SIDE ONE) ST-A-824941-A SP0-1 SM3-8 ATLANTIC STUDIOS D.K. EDP M1
    (SIDE TWO) ST-A-824942-A SP0-1 SM3-1 EDP M1 ATLANTIC STUDIOS D.K.
    (SIDE THREE) ST-A-824943-A SP0-1 SM2-2 ATLANTIC STUDIOS D.K. EDP M2
    (SIDE FOUR) ST-A-824944-A EDP M1SP1SM3 ATLANTIC STUDIOS D.K.

    1976–1981年に録音されたジェネシスのライヴからまとめられたライヴ盤。ポップで、御三家のような「プログレ感」をあまり感じません。

    "Three Sides Live" is the third live album by the English rock band Genesis, released as a double album on 4 June 1982 on Charisma Records in the United Kingdom. It was released by Atlantic Records in the United States. After touring in support of their studio album Abacab ended in December 1981 the band entered an eight-month break in activity, during which they selected recordings from their previous tours for a live album. Three Sides Live includes recordings between 1976 and 1981; the UK edition contains additional live tracks while the international edition features tracks from their 1982 EP 3×3 with B-sides from Duke."

    https://www.youtube.com/watch?v=n_JM4i0GF0A

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/9

    • 8
    • 0
  • 29
    Loading

    Jackson Heights / Jackson Heights (US, Verve Records, V6-5089) <1973>

    Jackson Heights / Jackson Heights (US, Verve Records, V6-5089) <1973>
    (SIDE 1) V6 5089 MGS 2968 Re1
    (SIDE 2) V-6-5089 MGS 2969

    UKのプログレ・バンド「(ザ・)ナイス」がキング・クリムゾンと合同でUSツアーをしている途中、キース・エマーソンとグレッグ・レイクが意気投合してEL&Pの結成に至ったのは有名ですね。トリオ編成だったナイスはそのまま解散し、残りメンバーもそれぞれバンドを作りました。リー・ジャクソン(ベース)が結成したのがこの「ジャクソン・ハイツ」で、ブライアン・デヴィソン(ドラムス)が結成したのが「エヴリ・ウィッチ・ウェイ」。いずれも大きな成功を収める事はありませんでした。

    この作品はそんなリー・ジャクソン率いるジャクソン・ハイツの作品です。

    https://www.youtube.com/watch?v=Ta_nSA3ZoJ8

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/17

    • 6
    • 0
  • 30
    Loading

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>

    Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery (US, Manticore, MC66669) <November 19, 1973>
    (SIDE ONE) ST-MC-732991-F 1 AT
    (SIDE TWO) ST-MC-732992-F 1-2 AT
    以前upしたプロモとマトが違います。以前のは
    (SIDE ONE) ST-MC-732991-F-RE AT △18493 (2)
    (SIDE TWO) ST-MC-732992-F-RE AT △18493-× (2) でした。以下wikiです;

    Brain Salad Surgery is the fourth studio album by English progressive rock band Emerson, Lake & Palmer, released on 19 November 1973 by their own record label, Manticore Records, and distributed by Atlantic Records.

    Following the tour in support of the last album, Trilogy (1972), the group acquired rehearsal facilities to work on new material, which would blend classical and rock themes. In order to control things, they launched their own record company, Manticore, in March 1973.The album was recorded from June to September at Olympic and Advision Studios, and mixed in October 1973 at AIR Studios in London. As were all the group's previous works, it was produced by Greg Lake. The album includes a cover designed by H. R. Giger.

    Released to a mixed critical response, it has begun to receive more favourable reviews with time.Brain Salad Surgery continued the group's commercial success, reaching number 2 in the United Kingdom[5] and number 11 in the United States,[6] and eventually gaining Gold certifications in both countries.In its support, the trio embarked on their largest world tour to date, including a headlining spot at the California Jam festival.

    Brain Salad Surgery Sessions
    https://www.youtube.com/watch?v=E2Rq6s0InLc

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/3

    • 8
    • 0