みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

Eric Clapton

チューボーの頃のアイドルでした。

  • Loading

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (US, London Records, PS 49222) <July 1966>

  • Loading

    Delaney & Bonnie & Friends With Eric Clapton / On Tour (ATCO Records, SD 33-326) <March 1970> MAT ; 3A / 3A

  • Loading

    Delaney & Bonnie & Friends With Eric Clapton / On Tour (ATCO Records, SD 33-326) <March 1970> MAT ; B / B

  • Loading

    Eric Clapton / I Shot The Sheriff (US, 7", 45 RPM, Single ; RSO, SO-409) <1974>

  • Loading

    Eric Clapton / Eric Clapton (US, ATCO Records, SD 33-329) <August 16, 1970> MAT ; -B / -B

  • Loading

    Derek & The Dominos / In Concert (US, RSO, SO 2-8800) <Released January 1973 ; Recorded 23 & 24 October 1970>

  • Loading

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>

  • Loading

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>

  • Loading

    Eric "Slowhand" Clapton / On White (US, RSO, PRO 035) <1977>

  • Loading

    Eric Clapton / Backless (RSO, RS-1-3039) <November 1978>

  • Loading

    Eric Clapton / Money And Cigarettes (US, Warner Bros. Records/Duck Records, 9 23773-1) <February 1983>

  • Loading

    Eric Clapton / Behind The Sun (US, Warner Bros. Records, 25166-1) <March 11, 1985>

  • Loading

    Eric Clapton / August (US, Warner Bros. Records, Duck Records, 9 25476-1)

  • Loading

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (Japan, 1978 Reissue, London Records, LAX 125) 栄光のギター・プレイヤー1,500シリーズ

  • 1
    Loading

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (US, London Records, PS 49222) <July 1966>

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (US, London Records, PS 49222) <July 1966>
    (Side 1) ARL 7297-1
    (Side 2) ARL 7298-1

    "Blues Breakers with Eric Clapton"is a 1966 blues/blues rock album recorded by John Mayall & the Bluesbreakers with Eric Clapton as part of the band. It is the second album credited to John Mayall after the live John Mayall Plays John Mayall. Clapton left to form Cream after this recording, though would team up again in 1971 for the double LP Back to the Roots.

    ロック史に残る作品です。実際に良い作品だと思いますが、「アルバムが素晴らしい」というより「クリーム結成直前のクラプトンが参加している」という付加価値があるため過大評価につながっている気もします。。

    なお、この作品はクラプトンが漫画雑誌The Beanoを読んでいるため、俗に「The Beano Album」とも呼ばれています。この雑誌って、1938年創刊でいまでも続いているとか。。。。

    あと、僕は4人のうちのどれがクラプトンか、言われるまで分かりませんでした。

    https://www.youtube.com/watch?v=m9N8Qi6zLSU

    昔は"Hideaway"を完コピするのがギター・キッズの必須科目でした。でしたよね??

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:11 days ago

    • 8
    • 4
  • 2
    Loading

    Delaney & Bonnie & Friends With Eric Clapton / On Tour (ATCO Records, SD 33-326) <March 1970> MAT ; 3A / 3A

    Delaney & Bonnie & Friends With Eric Clapton / On Tour (ATCO Records, SD 33-326) <March 1970> MAT ; 3A / 3A
    1969年12月7日録音、翌年3月に発売された名ライヴ盤。近年、4枚組CDで出ています。
    このUS盤プロモはマシンン刻印の (side 1) S T C701831-3A CTH (side 2) S T C701832-3A CTH です。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 4
    • 0
  • 3
    Loading

    Delaney & Bonnie & Friends With Eric Clapton / On Tour (ATCO Records, SD 33-326) <March 1970> MAT ; B / B

    USの白ラベル・プロモ盤。こちらのマトは(side 1) ST-C-701831-B (side 2) ST-C-701832-B で、なぜか手彫りです。

    Vocals Bonnie Bramlett, Rita Coolidge
    Rhythm Guitar, Vocals Delaney Bramlett
    Saxophone Bobby Keys
    Trumpet, Trombone Jim Price
    Organ, Vocals Bobby Whitlock
    Lead Guitar Eric Clapton
    Guitar Dave Mason
    Bass Carl Radle
    Drums Jim Gordon

    クラプトンがBlind Faith解散後にこのバンドのツアーに参加し、メンバーを引き抜いてDerek & The Dominosを結成したのはあまりにも有名ですね。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 4
    • 0
  • 4
    Loading

    Eric Clapton / I Shot The Sheriff (US, 7", 45 RPM, Single ; RSO, SO-409) <1974>

    Eric Clapton / I Shot The Sheriff (US, 7", 45 RPM, Single ; RSO, SO-409)

    Derek & The Dominos解散後、アルコール中毒でリタイア状態だったクラプトンの本格的復帰作がこのシングル"I Shot The Sheriff"であり、アルバム"461 Ocean Boulevard"です。それでちゃんと結果を出すあたりが凄いなぁ。。。

    mono面のマトが「SO 29017-4」でstereo面のマトが「ST-SO 29017-2」です。

    30年以上前によく聴きました。いまはBob MarleyのBurnin' 収録のオリジナルのほうがずっと好きです。
    https://www.youtube.com/watch?v=Qr6Ty3C3aMs

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    Eric Clapton / Eric Clapton (US, ATCO Records, SD 33-329) <August 16, 1970> MAT ; -B / -B

    Eric Clapton / Eric Clapton (US, ATCO Records, SD 33-329) <August 16, 1970>
    (side A) ST-C-701879-B
    (side B) ST-C-701880-B

    人気盤のプロモ盤の宿命ですが、この作品は滅多に見ないうえに状態が悪いものばかり!「状態が悪いな・・・」と見逃していると、いつまでたっても手に入りません。

    Guitar – Eric Clapton, Stephen Stills
    Rhythm Guitar – Delaney Bramlett
    Organ – Bob Whitlock
    Piano – John Simon, Leon Russell
    Bass – Carl Radle
    Drums – Jim Gordon
    Saxophone – Bob Keys
    Trumpet – Jim Price
    Vocals – Bob Whitlock, Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Rita Coolidge, Stephen Stills
    Producer, Arranged By – Delaney Bramlett

    イマイチ感が漂うアルバムですが、でもここのメンバーからあのDerek & The Dominos が結成され、またこのアルバムが発売された頃にはすでにDerek & The Dominosとしてのレコーディングが始まっていたかと思うと胸熱です。
    https://www.youtube.com/watch?v=M15y9NL3ANQ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 6
    • 0
  • 6
    Loading

    Derek & The Dominos / In Concert (US, RSO, SO 2-8800) <Released January 1973 ; Recorded 23 & 24 October 1970>

    Derek & The Dominos / In Concert (US, RSO, SO 2-8800)

    (SIDE ONE) ST-SO-722679A
    (SIDE TWO) ST-SO-722680-A
    (SIDE THREE) ST-SO 722681-A
    (SIDE FOUR) ST-SO-722682-C

    Eric Clapton: lead vocals, electric guitar
    Carl Radle: bass guitar
    Bobby Whitlock: piano, Hammond organ, backing vocals
    Jim Gordon: drums, percussion

    このライヴ盤は1970年10月23日・24日にフィルモア・イーストで録音された音源で、あの"Layla and Other Assorted Love Songs"とはずいぶん異なる印象の作品です。ただ、"Layla and Other Assorted Love Songs"は1970年8月録音11月リリースで、シングル"Layla"も発売されていません。3月にデラニー&ボニーとの"On Tour"、8月にファースト・ソロ・アルバムであった"Eric Clapton"がリリースされており、そうした時系列を意識して聴くた観客にはむしろとわかりやすい内容だっただろうと思われます。

    なお、このフィルモア・イーストの音源は1994年2月22日に"Live At The Fillmore"と名前を変えて再発されました。このとき曲順・内容が大きく変わりました。もともと9曲だったのが4曲が追加収録され合計13曲となっただけではなく、もとの9曲のうちの6曲はそのまま収録、3曲は別の日の演奏に入れ替えられています。。。。ややこしいですね。

    Midvalleyというレーベルから"Derek And The Dominos / Live At Filmore / Volfgang's Vault Version"というタイトルで3枚組24曲サウンドボード音源がリリースされているほか(これは持ってます)、ほかにもたくさんの同日のライヴ盤が出ています。おそらく2日間・4セットの演奏は全て録音されていたのでしょうね。"On Tour"もいつの間にか4枚組で出ていますから、いずれはこのコンサートも「完全版」が出るでしょう。それだけの価値のある内容だと思いますしね。

    このレコに白ラベルは存在しません。3組以上は見ましたがマトリクスはどれも同じでした。

    https://www.youtube.com/watch?v=-vsr8sgmLm0

    In Concert is a live double album, recorded by Derek and the Dominos in 23 & 24 October 1970 at the Fillmore East and released January 1973.There's no WLP.

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 7
    Loading

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>
    (side 1) ST-SO 743137B
    (side 2) ST-SO 743138B

    この作品には白ラベル盤はありません。知る限り、プロモ盤のマト末尾は「B/B」と「B-1/B-1」があります。プロモを見る度に買ってマトリクスを確認したくなるほど好きな作品です。

    https://www.youtube.com/watch?v=YytOpnJ_3sQ

    "Please Be With Me"

    Oh my word, what does it mean?
    Is it love or is it me
    That makes me change so suddenly?
    Looking out, feeling free.

    Sit here lying in my bed,
    Wondering what it was I'd said
    That made me think I'd lost my head,
    When I knew I lost my heart instead.

    [Chorus:]
    Won't you please read my signs, be a gypsy.
    Tell me what I hope to find deep within me.
    Because you can find my mind, please be with me.

    Of all the better things I've heard,
    Loving you has made the words
    And all the rest seem so absurd,
    'Cause in the end it all comes out unsure.

    [Chorus]

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 7
    • 0
  • 8
    Loading

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>

    Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard (US, RSO, SO 4801) <July 1974>
    (side 1) ST-SO 743137B-1
    (side 2) ST-SO 743138B-1

    デレク・アンド・ザ・ドミノスを解散してから3年以上ヘロイン漬けの生活をしていたクラプトンが、農作業をしたり少しずつリハビリを開始しているときにドミノスのカール・ラドルから受け取ったデモ・テープをきっかけに作成されたと言われるアルバム。「レイラ」の後の初のスタジオ録音作品で、全米1位のヒットとなりました。リハビリ中は「ずっと古いレコードを聴いていた」そうですが、確かに古い牧歌的な印象を受ける曲が多いです。

    https://www.youtube.com/watch?v=YytOpnJ_3sQ

    "Please Be With Me"

    Oh my word, what does it mean?
    Is it love or is it me
    That makes me change so suddenly?
    Looking out, feeling free.

    Sit here lying in my bed,
    Wondering what it was I'd said
    That made me think I'd lost my head,
    When I knew I lost my heart instead.

    Won't you please read my signs, be a gypsy.
    Tell me what I hope to find deep within me.
    Because you can find my mind, please be with me.

    Of all the better things I've heard,
    Loving you has made the words
    And all the rest seem so absurd,
    'Cause in the end it all comes out unsure.

    Won't you please read my signs, be a gypsy.
    Tell me what I hope to find deep within me.
    Because you can find my mind, please be with me.

    • いいね!

    • 登録日:2018/11/4

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    Eric "Slowhand" Clapton / On White (US, RSO, PRO 035) <1977>

    Eric "Slowhand" Clapton / On White (US, RSO, PRO 035) <1977>
    (SIDE A) PRO-035-AS-KM TML-M
    Cocaine, The Core
    (SIDE B) PRO-035-BS-KM TML-M
    Lay Down Sally, Wonderful Tonight

    1977年5月に録音され11月に発売された、70年代後半のクラプトンを代表する名作"Slowhand"のプロモーション用に作られた、プロモ・オンリーの4曲入り12インチ・シングル。ラベルには特にA・B面というような記載はありません。かなりレアなプロモで、それなりの高値で取引されているようです。

    https://www.youtube.com/watch?v=S7650eKb1w8

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 8
    • 0
  • 10
    Loading

    Eric Clapton / Backless (RSO, RS-1-3039) <November 1978>

    Eric Clapton / Backless (RSO, RS-1-3039) <November 1978> 
    (Side A) RS-1-3039-AS CMP-1 PRCW-1
    (Side B) RS-1-3039-BS CMP-1 PRCW-1

    Backless is the sixth solo studio album by Eric Clapton. Produced by Glyn Johns, and released by RSO Records, Backless reached No. 8 on the pop charts. While the single "Promises" only reached No. 37 in the UK, it was a much bigger success in the US, reaching No. 9 on the Billboard charts. The follow-up single, "Watch Out for Lucy", was the B-side of "Promises", but reached #40 on the Billboard charts on its own merit.

    地味ですが、いい曲が入ってますよね。べたですが、やっぱこの曲が好きです。

    "Promises"
    https://www.youtube.com/watch?v=x5SyDNiufo0

    I don't care if you never come home,
    I don't mind if you just keep on
    Rowing away on a distant sea,
    'Cause I don't love you and you don't love me.

    You cause a commotion when you come to town;
    You give 'em a smile and they melt.
    Having lovers and friends is all good and fine,
    But I don't like yours and you don't like mine.

    La la, la la la la la.
    La la, la la la la la.

    I don't care what you do at night,
    Oh, and I don't care how you get your delights.
    I'm gonna leave you alone, I'll just let it be,
    I don't love you and you don't love me.

    I got a problem. Can you relate?
    I got a woman calling love hate.
    We made a vow we'd always be friends.
    How could we know that promises end?

    [Bridge]

    I tried to love you for years upon years,
    You refuse to take me for real.
    It's time you saw what I want you to see,
    And I'd still love you if you'd just love me.

    [Chorus]

    [Bridge 2x]

    https://www.youtube.com/watch?v=x5SyDNiufo0

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/24

    • 5
    • 0
  • 11
    Loading

    Eric Clapton / Money And Cigarettes (US, Warner Bros. Records/Duck Records, 9 23773-1) <February 1983>

    Eric Clapton / Money And Cigarettes (US, Warner Bros. Records/Duck Records, 9 23773-1) <February 1983>
    (side 1) 1-23773-A-SH-1 B-17572-SH1 SLM △3300 MF 1-1
    (side 2) 1-23773-B-SH-2 B-17573-SH2 SLM △3300-× MF SLM 1-1

    レイドバック時代最後の作品です。うろおぼえですが、断酒施設でのリハビリを終えてからの初のアルバムで、「自身に残されたのはこれだけ」という意味で "Money And Cigarettes" というタイトルになったとされています。前作 "Another Ticket" は正直あまり聴いてられない作品ですが、これは引き締まった感じのする作品で、結構好きかなぁ。レイドバック期が合わない人には、どうでもよさそうな感じですけど。パティを罵倒した"Shape You In"がアルバムの白眉、パティに捧げた陳腐な"Pretty Girl"がアルバムの汚点という気がします。

    "The Shape You're In"
    https://www.youtube.com/watch?v=bV2tH6QP2w0

    I took my baby to see a show.
    She was telling me she didn't want to go.
    I said, "Come on girl, what's the matter with you?"
    But I could tell by the smell that she'd had a few.

    [Chorus:]
    I said hold on girl don't get too tight,
    You started early and we've got all night.
    You've got to take it easy, take it slow.
    We don't want the whole world to know
    About the shape you're in.

    Well, my little girl really loves that wine.
    Wine will do it to her most everytime.
    If it's red or it's white or it's in between,
    She can drink more wine than I've ever seen.

    [Chorus]

    Now I'm not trying to get heavy with you.
    I'll mind my own business if you want me to.
    But I love you girl, I don't love no one else.
    I'm just telling you baby 'cause I've been there myself.

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    Eric Clapton / Behind The Sun (US, Warner Bros. Records, 25166-1) <March 11, 1985>

    Eric Clapton / Behind The Sun (US, Warner Bros. Records, 25166-1) <March 11, 1985>
    (side 1) 1-256166-A-SH2 ○B-20766-SH2 SLM △8962
    (side 2) 1-256166-B-SH2 ○B-20767-SH2 SLM △8962-× 1-1

    レイド・バックした作品を出し続けたおかげですっかり「過去の人」扱いだったクラプトンの再ブレイクは、このアルバムあたりからだったと思います。いかにも80年代風の派手なサウンドに変貌したこの作品を聴いて、中学生の僕に「レイラ」やら「スローハンド」などを教えてくれていた年配の友人なんかは「レコード間違ったかと思たわ!」と怒りながらケチョンケチョンに言ってました。僕としてはリアル・タイムで聴いた初めての作品でしたので思い入れがあります。実際、歌いたくなるいい曲が多いと思うんですよ。タイトル曲はその頃に耳コピしてよく弾いてました。いま弾いてみたら、なんと、ちゃんと覚えてました。この頃の記憶力ってやつは、すごいですね!

    "Behind The Sun"
    https://www.youtube.com/watch?v=EjvZxT0THMk

    My love has gone behind the sun;
    Since she left, the darkness has begun.
    The smile that used to shine on me
    Is nothing more than a memory.

    I see her face, I hear her voice.
    She made her move, I had no choice
    But walk and cry, wipe tears with my hand,
    The one that carries a wedding band.

    And the clouds hang low
    And the flowers that used to grow
    In my heart
    Are dying now, dying now.

    Dying now.

    今から思えば、クラプトンて、不幸の匂いが染みついた人ですね。どの曲の歌詞にも、影を感じます。

    • いいね!

    • 登録日:2018/10/22

    • 7
    • 0
  • 13
    Loading

    Eric Clapton / August (US, Warner Bros. Records, Duck Records, 9 25476-1)

    Eric Clapton / August (US, Warner Bros. Records, Duck Records, 9 25476-1)
    (side 1) 0- △14161 SPAR 1-25476-A-RE2-DMM-SR1 SP 1-2 B-25221 Re2-SR1 Sterling Sound
    (side 2) 0- △14161-X B-25222-DMM SR1 1-25476-B-RE2-DMM-SR1 SP 1-3 SP-AR Sterling Sound

    前作に引き続きPhil Collinsによる華美なアレンジの目立つ作品。A-1でProcol HarumのリーダーGary Brooker、A-3やB-2でTina Turner、ブラスでRandy BreckerとMichael Breckerなどが参加しています。

    当時、結構好きで、よく聴きました。
    https://www.youtube.com/watch?v=d_xMJscsw7w

    Behind the Mask

    All along, had to talk about it,
    Like a two-edged sword, he touched you and it stabs me
    All along, knew you were a phony girl,
    Sit behind the mask where you control your world

    Yesterday he had you in his arms
    When I'm holding you, I feel his bitter charms
    I can't judge what you do to me
    Camoflage the truth, indulge your fantasy

    Who do you love? Is it me now, is it him babe? I don't know
    Who do you love? Is it me babe, is it him now? I don't know

    There is nothing in your eyes that's the way you cry
    All is grand, all is bright You're just studying my mind
    There is nothing in your eyes that's the way you cry
    All is grand, all is bright You're just studying my mind

    Was I invited to your masquerade?
    Well the party's over so now take off your face
    You say…

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (Japan, 1978 Reissue, London Records, LAX 125) 栄光のギター・プレイヤー1,500シリーズ

    John Mayall / Blues Breakers With Eric Clapton (Japan, 1978 Reissue, London Records, LAX 125)

    「栄光のギター・プレイヤー1,500シリーズ」として発売されたレコです。山口伊津巳という方が熱のこもったライナーを書いてますので載せてみました。

    調べたらこの方、ミュージシャンのようで、またリットーミュージックから「エリック・クラプトンの軌跡 完全資料付」なんて本も出していらっしゃる様子。いまでは想像付かないかもしれませんが、インターネットがなかった時代のギター・キッズというのは、スピーカーに耳をそばだてて、一所懸命にオトを拾ったものです。で、どうしても分からないときには、頑張ってお金を貯めてこんな本を買ったりしていましたね。

    調べてみたら、いまは宇都宮のDining&Music『かぼちゃ亭』のオーナーとのこと。ちょっと遠いけど、電車一本で行けるな・・。

    John Mayall and The Bluesbreakers with Eric Clapton <Full Album>
    https://www.youtube.com/watch?v=Q8Q7OeTfOAE

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:9 days ago

    • 6
    • 1