みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

Graham Parker / Struck by Lightning

(1991)
約2年ぶりとなる、グレアム・パーカーのセルフ・プロデュースによる11枚目のアルバム。
前作からブリンズリー・シュウォーツが抜け、アンドリュー・ボドナー(b)とピート・トーマス(ds)の3ピースのバンドとなった。
ゲストとしてオーリアンズのラリー・ホッペンが6曲でオルガンを弾いている。さらに、ジョン・セバスチャンが3曲でオートハープとコーラスで参加。
このアルバムでイチバンのサプライズは、ザ・バンドのガース・ハドソンが“She Wants So Many Things”、“Strong Winds”、“The Kid With The Butterfly Net”に参加していて、アコーディオン、オルガン、シンセサイザーを弾いている。パーカーとハドソンの共演は、パーカーの作る音楽に深みを与えている感じがする。パーカーの新しい扉が開いたようだ。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. She Wants So Many Things
02. They Murdered The Clown
03. Strong Winds
04. The Kid With The Butterfly Net
05. And It Shook Me
06. Wrapping Paper
07. That's Where She Ends Up
08. A Brand New Book
09. Weeping Statues
10. Guardian Angel
11. Children And Dogs
12. Over The Border (To America)
13. When I Was King
14. Ten Girls Ago
15. The Sun Is Gonna Shine Again