みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

Ry Cooder / Jazz

(1978)
ライ・クーダーの7枚目のアルバム。ライとジョセフ・バードのプロデュース。ジャケにアレンジド・アンド・コンダクテッド・バイ・ジョセフ・バードと明記されているように、バードに頼る所が大きかったようだ。
ライのアイディアを元に、ジャズの創世記の曲をバードが再構築しているようだが、軽いタッチで演奏されているのが聴きやすい。
コルネット、パンプ・オルガン、クラリネットなどの多彩な楽器の音が楽しめたりする。
シンバリウムのイントロで始まる“We Shall Be Happy”は、ライのギター、デヴィッド・リンドレーのマンドリンとホーンの絡みが素敵な仕上がり。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. Big Bad Bill Is Sweet William Now
02. Face To Face That I Shall Meet Him
03. The Pearls / Tia Juana
04. The Dream
05. Happy Meeting In Glory
06. In A Mist
07. Flashes
08. Davenport Blues
09. Shine
10. Nobody
11. We Shall Be Happy

File