みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

Lucinda Williams / The Ghosts of Highway 20

(2016)
ルシンダ・ウィリアムスの約2年振りとなる12枚目のアルバム。トム・オーバービーのプロデュース。
最近のルーツ・ミュージックには欠かせない、ビル・フリゼールとグレッグ・レイスを起用しているのが良い。確かなギターの音を効果的に聴かせてくれてている感じだ。
最近ちょっと下火になってきた感じのするルーツ・ミュージックだが、まだまだ頑張っているルシンダのアルバムを聴いて嬉しくなった。
しかし、CD屋で見かけたことが無いのが残念だ。

《songlist》
01. Dust
02. House Of Earth
03. I Know All About It
04. Place In My Heart
05. Death Came
06. Doors Of Heaven
07. Louisiana Story
08. Ghosts Of Highway 20
09. Bitter Memory
10. Factory
11. Can't Close The Door On Love
12. If My Love Could Kill
13. If There's A Heaven
14. Faith & Grace

File