みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

Chicago / Chicago V

(1972)
ライヴ盤を挟んで、初の1枚でのリリースとなる4枚目のアルバム。ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオのプロデュース。ロバート・ラムの書いた曲が8曲とアルバムの大半を占めている。
先行シングルの“Saturday in the Park”が全米チャートで3位となり、アルバムは初の1位を記録した。このアルバムは、コンサートの合間のわずか9日間で録音されている。
今までは2枚組で発売していたものを1枚に凝縮したのが、値段的な面でも好セールスに結びついた感じもする。
ブラス隊が入るとシリアスな感じになりがちだが、明るいブラス隊のサウンドを全編に渡って聴くことが出来る。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. A Hit By Varèse
02. All Is Well
03. Now That You've Gone
04. Dialogue (Part One)
05. Dialogue (Part Two)
06. While The City Sleeps
07. Saturday In The Park
08. State Of The Union
09. Goodbye
10. Alma Mater