みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

John Mellencamp / Sad Clowns & Hillbillies

(2017)
リパブリック・レコードから約3年ぶりにリリースされた、ジョン・メレンキャンプの23枚目のアルバム。セルフ・プロデュースとなっている。
このアルバムでは、近年プロデュースを行なっていたT・ボーン・バーネットの元を離れているのが大きな特徴だが、セルフ・プロデュースでもいい感じの仕上がりとなっている。
ジャケのクレジットには“フューチャリング・カーレン・カーター”とあるのを買ってから気づいた。他にもマルチナ・マクブライドが“Grandview”で歌声を聴かせてくれている。余談だが、カーレン・カーターはニック・ロウの元夫人だが、ビリー・ジョエルの元夫人のクリスティ・ブリンクリーもコーラスで参加している。
基本的なセットにはアンディ・ヨークの名前があったり、ゲストには、ケニー・アロノフスやハートブレイカーズのスタン・リンチ、イジー・ストラッドリンが参加している。
このアルバムは、カントリー・テイストの溢れる内容が抜群の仕上がりとなっている。メレンキャンプに80年代の若々しさは感じられないが、素敵に歳を重ねていると思える内容だと思う。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. Mobile Blue
02. Battle Of Angels
03. Grandview
04. Indigo Sunset
05. What Kind Of Man Am I?
06. All Night Talk Radio
07. Sugar Hill Mountain
08. You Are Blind
09. Damascus Road
10. Early Bird Café
11. Sad Clowns
12. My Soul's Got Wings
13. Easy Target

File