みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

キー・ラーゴ

声優界の最高齢の久米明氏が亡くなられました。四月下旬だったそうで、一月遅れで訃報を知ったんです。久米さんと言えば最近までNHK「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションをされていてご健在であるという認識でしたが御年96歳、大往生ではないでしょうか。

その久米氏の声の代表はハンフリー・ボガートです。「カサブランカ」や「アフリカの女王」といった名作での氏の吹き替えは絶品でしたが、映像ソフトには収録されていません。以前展示した「裸足の伯爵夫人」や新録の「麗しのサブリナ」と本作くらいしか吹き替え収録作はないようです。本作は以前画像のみ紹介しましたが、改めてここで展示します。

戦争で死んだ部下の遺族に会うためにキーラ―ゴ島にやって来た男がギャングの悪事に巻き込まれるというハードボイルドな話で、部下の未亡人役にボギーの愛妻ローレンバコールが扮しています。バコールと言えばフィックスの大塚道子女史。ギャングのボス役がエドワード・G・ロビンソン、声は中年男と言えばこの人、の富田耕生氏。はい、もう完璧です。

個人的に本作は途中までしか見ていないので、久米氏を偲んで鑑賞する事にしましょう。

https://youtu.be/1ePkN9b_iOI

 #洋画 #吹き替え


History

  • 2020/05/22

    アイテムの公開が始まる

  • 2020/05/22

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、1日目での達成!