みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

プラン9・フロム・アウター・スペース

B級C級の映画は数多くありますけど、Z級とも言うべき最低の映画はそう多くありません。「史上最低の映画監督」と称されるエド・ウッドが監督した本作は正に最低中の最低な作品です。

地球へやって来た宇宙人が軍隊に円盤を攻撃され激怒、プラン9を発動して地球人を恐怖のどん底に陥らせるというお話。そのプラン9というのが墓場から死者を甦えらせるというもの。死者と言ってもただふらふらうろつくだけで1ミリも怖くありません。低予算のため学生が撮ったようなしょぼいセットの中で殆ど素人の出演者が酷い演技を繰り広げます。

唯一知られた役者は死にかけのドラキュラ役者、ベラ・ルゴシだけ。そのルゴシの出演シーンは別の映画用にテストで撮ったシーンを流用、強引な「ルゴシ最後の出演作」との触れ込みも誰も気に留めませんでした。

円盤の中はただ舞台にあるようなカーテンと汚い机があるだけ。旅客機のコクピットはパイロット役が制服を着て棒を握って椅子に座ってるだけ…。頭がクラクラします。

この映画の撮影を物語のメインにしたエドの伝記映画を撮ったのがティム・バートン監督。その映画でルゴシを演じたマーチン・ランドーがアカデミー助演男優賞を受賞したのは皮肉な話ですw

 #最低 #映画

https://youtu.be/u2ukRYsYPmo