みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

17.dvd e3 82 ad e3 83 bc e3 83 88 e3 83 b3 e3 81 ae e3 82 bb e3 83 96 e3 83 b3 e3 83 bb e3 83 81 e3 83 a3 e3 83 b3 e3 82 b9 e2 91 a0
  • 17.dvd e3 82 ad e3 83 bc e3 83 88 e3 83 b3 e3 81 ae e3 82 bb e3 83 96 e3 83 b3 e3 83 bb e3 83 81 e3 83 a3 e3 83 b3 e3 82 b9 e2 91 a0
  • 17.dvd e3 82 ad e3 83 bc e3 83 88 e3 83 b3 e3 81 ae e3 82 bb e3 83 96 e3 83 b3 e3 83 bb e3 83 81 e3 83 a3 e3 83 b3 e3 82 b9 e2 91 a1
  • PLAY

キートンのセブン・チャンス

 いわゆる3大コメディアン、チャップリン、ロイド、キートンの中でさすがにチャップリンの作品はスクリーンで観ましたが、他の2者の作品をスクリーンで観る機会には恵まれませんでした。もっとも、本フロアでもアイテムを展示した『ロイドの要心無用』は1976年にリバイバル公開されていますので、もしかしたら名画座等で観る機会があったのを逃していたのかもしれません。それに対して、バスター・キートンの作品をスクリーンで観る機会はかすりもしなかったようです。ただ、キートン自身は『サンセット大通り』『八十日間世界一周』そしてチャップリンと共演した『ライムライト』で、見ることができました。
 いずれにしても、劇場で上映するからには興行側にそれなりの成算があってなされるわけであり、製作からかなりの時を経ても観客を集める力を持った作品を生むことができたか否かでも、この3大コメディアン内における各人の間の格差を推し量ることはできそうです。
#DVD #淀川長治 #キートンのセブン・チャンス #バスター・キートン 

History

  • 2019/05/26

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/09/17

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、115日目での達成!