みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

15.dvd e6 88 91 e7 ad 89 e3 81 ae e7 94 ba e2 91 a0
  • 15.dvd e6 88 91 e7 ad 89 e3 81 ae e7 94 ba e2 91 a0
  • 15.dvd e6 88 91 e7 ad 89 e3 81 ae e7 94 ba e2 91 a1
  • PLAY

我等の町

 ウィリアム・ホールデンを最初に見た映画は、私の場合は『タワーリング・インフェルノ』でした。その後、『ネットワーク』『オーメン2/ダミアン』『悲愁』『戦場にかける橋』『慕情』『ピクニック』『麗しのサブリナ』『第十七捕虜収容所』『サンセット大通り』という順、つまり、ほぼ老年→壮年→青年と遡ってみたせいか、この映画での彼は、えらく若く見えました。
 さて、本作の邦題には「我等」という語が含まれていますが、この語を含んだ邦題の映画として有名な作品にルネ・クレール監督の1932年公開のフランス映画『自由を我等に』と、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の1937年公開のフランス映画『我等の仲間』があります。もちろん、普通の人ならばこの2作を混同するなんてありえないのでしょうが、10代の映画を観始めて様々な過去作の知識を吸収している時期から20代半ばまでは、同じフランスの戦前映画ということもあり、何かと混同してしまったことは幾度となくありました。ですので、その時期にもしこの作品の邦題に出会っていたら、もっと混同に拍車がかかっていたことは想像に難くなく、本作を知ったのが後年でよかったとしみじみ思ったものでした。
#DVD #淀川長治 #我等の町 #ウィリアム・ホールデン 

History

  • 2019/05/26

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/09/17

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、115日目での達成!