みんなのコレクションが集まるミュージアム

モノ日記を書く
File

決め手は大きさと形、 調理の効率を上げるスプーン

サンフランシスコのレストラン勤務時代に、同僚が使っているのを見て「高っけえ!」(本人談)と思いながら購入。その店は夜間営業だけで400人以上が訪れる人気店。厨房は戦場のような忙しさで、常に10種類ぐらいの料理を同時に作る環境。必然的に効率性が問われる。「このスプーンはを大量にすくえるうえに、を大量にすくえるうえに、先が細くなっているのでソースをきれいにお皿に流せる。別のスプーンに持ち替えている時間はないでの、とても便利。しかも、フライパンで炒める際にも使えるんです」。料理人の腕は、こうした道具選びにも如実に現れるのだ。

このアイテムに関するコメント