みんなのコレクションが集まるミュージアム

モノ日記を書く
File

もともとはハンティング用に デザインされた手斧

グレンスフォシュ・ブルークス社は、1902年から斧を生産しているスウェーデンの鍛鉄メーカー。こちらは「ハンター」というモデルで、ハンティング用にデザインされたもの。握る部分の波状の切り込みは、グリップし易いための工夫だ。斧頭は薄く鍛造され、ゆるやかな曲線を描いており、「皮剥ぎ頭」として使えるように特殊な研磨が施されている。「おもに薪割り用として使っています。あまり研がなくても切れ味が落ちないのがすごい。長さもいろいろあるけど、このサイズがベストですね」。

このアイテムに関するコメント