Peter Baumann “Romance 76"

0

こんなものまで掘ってぇ。と言う訳でTangerine Dreamの創設者の一人Peter Baumann先生の登場です。Peterは1972年に、Edgar FroeseとChristopher Frankeと共に、サード・アルバム”Zeit”で初めてTangerine Dreamに参加していますが、1976年にソロとしても活動を開始しています。そして、バンドの初USツアーを終えて、1977年にTangerine Dreamを脱退し、1980年代には自身のレーベルPrivate Musicを設立します。このレーベルは所謂”New Age”と呼ばれるインスト曲を演奏するアーティストやグルーブのリリースに特化したもので、Yanni, Patrick O'Hearn, Jerry Goodman, Suzanne Ciani或いはバンドメイトであるTangerine Dreamとかの作品をリリースしていきますが、1996年にレーベルのパテントをWindham Hill Recordsに売却します。Peterは2009年に米国SFに渡り、Baumann Foundationを設立します。それは認知脳科学や行動経済学、進化精神医学、遺伝学、人類学或いは哲学などのフィールドで人類が如何に体験するのかを探求するシンクタンクのようなものだそうです。2012年には、Baumann Foundationはサン・フランシスコ芸術宮殿でBeing Human 2012をスポンサーにして会議を行います。その会議には脳科学者、哲学者、進化論研究者及び瞑想のマスターが参加して人間性の本質について発表し合ったらしいです。まあ、そんな活動もしているPeter Baumann先生ですが、本作が、彼の初ソロアルバムになります。まあ、小難しいことを言っても、音楽は分かりやすいですよ。結構、ドラマチックな曲もあり、電子音楽に有りがちなミニマルにはなってませんね。今、聴くと、何だかシンセを使った室内楽のようにも聴こえてます。まあ、New Ageと言えばそうかもしれませんが。それ程、狂気じみたシーケンスとかは使ってませんので、ゆったりとお風呂上がりに聴いても良いかな?と思います(と言いながら、お風呂上がりに聴いてます)。ちょっとシリアスなのかユーモアなのか?が分かりかねるところもありますが、ゆるりと聴けますよ。因みに、機材の一部はシンセビルダーのPalm Production Germanyが提供している模様。

A1 “Bicentennial Present” (4:46)
A2 “Romance” (6:02)
A3 “Phase By Phase” (7:35)
B1 “Meadow Of Infinity (Part 1)” (3:49)
B2 “The Glass Bridge” (3:45)
B3 “Meadow Of Infinity (Part 2)” (6:22)

B1 “Meadow Of Infinity (Part 1)”
https://youtu.be/mPIqwPW1YfE?si=FH24lWVSMyKZmXWQ

[full album]
https://youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_nM8kZkOiU-4FKIJjJzML7niHQErjLP-9s

#PeterBaumann #Romance76 #VirginRecords #TangerineDream #Electronic #Krautrock #BaumannFoundation #German #FirstAlbum #SoloAlbum #NewAge #PrivateMusic

Default
  • File

    ただくん

    2023/11/18 - 編集済み

    いや〜、このアルバムを取り上げてくださって嬉しいです。ダンジェリンもピーター・バウマンも大好きなミュージシャンです。一点だけすみませんが、彼がタンジェリンに加入したのは1972年3枚目のアルバムZeitからです。

    返信する
    • File

      Dr K2

      2023/11/19

      ご指摘、有難う御座います。訂正しておきます。

      返信する
    • File

      ただくん

      2023/11/19

      わざわざご丁寧にありがとうございます。恐れ入ります。

      返信する